Ryo Sasaki

音楽理論紹介したり、自作曲発表したり、自分が感じたことを適当に書いたりしています。

Ryo Sasaki

音楽理論紹介したり、自作曲発表したり、自分が感じたことを適当に書いたりしています。

    マガジン

    • 音楽理論

      初心者向けに楽譜やコード(和音)の知識をご紹介。演奏に役立つヒントや作曲に使える技法などを紹介していきます。

    • 初心者のための作曲家紹介シリーズ

      クラシック初心者の方に代表的な作曲家とその作品をご紹介します。

    • 自作曲発表

      自身が作曲した作品を定期的にアップロードしていきます。 主にクラシック音楽です。 聞いていただけたら幸いです。

    最近の記事

    固定された記事

    作曲しました。

    今回作曲した作品はフルートとピアノのための幻想曲ホ短調です。 聞いていただけたら幸いです。 #私の作品紹介

    スキ
    2
      • 音楽の句読点?終止形の色々

        今回は音楽における終止形をご紹介していきます。 こちらの記事と合わせて読んでいただくとより理解できると思います。 では早速見ていきましょう。 完全終止完全終止はダイアトニックコードの5番目のコード、すなわちドミナントコードから1番目のコード、トニックコードへと向かっていくものです。 この終止形は「終わった」感が強く、曲の最後や曲中の段落的区切りなどで使われます。 またドミナントコードからトニックコードに向かうことを「ドミナントモーション」といいます。 カデンツの形でい

        スキ
        1
        • 演奏する時のピッチは?

          1955年に国際標準化機構(ISO)によって標準のピッチがA=440Hzに定まりました。 ポピュラー音楽ではこのA=440Hzで曲が演奏されることがほとんどです。 しかし、クラシック音楽においては様々なピッチが採用されています。 多いのがA=442Hzですね。 今のオケはこれが多いような気がします。 様々なピッチによる演奏例としてモーツァルト(1756~1791)の交響曲第29番イ長調K201を聞いてみましょう。 この演奏はA=442Hzのような気がします。正確に測っ

          スキ
          2
          • 答え合わせは思考を巡らせた後に

            すぐに答えをみることはあまりよくないように思える。 分からない問題を解く際は、思考をグルグルと巡らせてからの方がいいと思う。それが間違っていようが合っていようがどうでもいい。考えることに意味がある。 考えることで脳を鍛えられる。いわば脳の筋トレといったところだろうか。すぐに答えを探す人は考えることを放棄している。人間は楽をとりがちなので、考えることはできれば避けたい。しかし、考えを放棄することによって自分で解決できる力がつかなくなると思う。 それは脳を使っていないことによ

            スキ
            1
            • 音楽の句読点?終止形の色々

              スキ
              1
              13時間前
              • 演奏する時のピッチは?

                スキ
                2
                1日前
                • 答え合わせは思考を巡らせた後に

                  スキ
                  1
                  2日前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 音楽理論

                  • 17本

                  初心者向けに楽譜やコード(和音)の知識をご紹介。演奏に役立つヒントや作曲に使える技法などを紹介していきます。

                • 初心者のための作曲家紹介シリーズ

                  • 8本

                  クラシック初心者の方に代表的な作曲家とその作品をご紹介します。

                • 自作曲発表

                  • 12本

                  自身が作曲した作品を定期的にアップロードしていきます。 主にクラシック音楽です。 聞いていただけたら幸いです。

                • 音楽理論

                  • 17本

                  初心者向けに楽譜やコード(和音)の知識をご紹介。演奏に役立つヒントや作曲に使える技法などを紹介していきます。

                • 初心者のための作曲家紹介シリーズ

                  • 8本

                  クラシック初心者の方に代表的な作曲家とその作品をご紹介します。

                • 自作曲発表

                  • 12本

                  自身が作曲した作品を定期的にアップロードしていきます。 主にクラシック音楽です。 聞いていただけたら幸いです。

                記事

                記事をすべて見る
                  • ノンタイアップで勝負できる?

                    今は世に出る曲はほとんど何かしらのタイアップがついている。 ドラマ主題歌、アニメOP、ED、テレビ番組の○月度オープニングなど何かしらとあるメディアと繋がっていることが多い。 これをタイアップというが、今のアーティストたちがもしノンタイアップで曲を発表したらいったいどこまで勝負できるのだろうか。 タイアップは音楽業界が映像業界との相乗効果を狙ったものだが、ビジネスとして音楽を扱う以上ヒットさせなければ売上が出ない。タイアップを使うことによって聞く機会を増やし、そのアーテ

                    スキ
                    1
                    • コード進行の分析をしよう!

                      今回は実際に曲を分析していきたいと思います。 前回の内容を踏まえて書いていますので、こちらをご覧になった後で読むとより一層分かりやすいと思います。 では前回の答え合わせです。 覚えましたか? では本題にまいりましょう。 王道的な進行、カノン進行 以前も紹介したかもしれませんが、パッヘルベル(1653~1706)の『カノン』という曲があります。 この曲のコード進行は様々な楽曲に応用されています。 俗に「カノン進行」と呼ばれているものです。それはどんなものなのか、さっそ

                      スキ
                      1
                      • 初心者のための作曲家紹介シリーズ No.8 ラフマニノフ

                        S・ラフマニノフ(1873~1943)。ロシアのピアニスト、そして作曲家。彼自身卓越したピアノ奏者であったため遺された楽曲は超絶技巧を求める作品が多い。年代的には無調音楽が現れ始めた時代だったが、ラフマニノフはロマン派的な作風を貫き通した。彼の遺した作品はどのようなものなのか、見ていきましょう。 管弦楽作品編交響曲第2番ホ短調作品27 ラフマニノフは交響曲を3作遺しているが、この第2番が圧倒的な知名度を持ちます。 自身のピアノ協奏曲第2番の成功により、交響曲第1番での失敗

                        スキ
                        4
                        • 今は音楽も倍速で聞くの?

                          今の若い世代の人々が音楽を倍速で聞くという話を聞いた。 これはどう捉えるべきでしょうか。 若者が純粋に音楽を楽しめない程、余裕のない生活を送っているのか。 または全部じっくり聞くに値しない曲なのであろうか。 倍速にする方が、効率がいいという意見もあったそうだ。たしかに効率はいいでしょうね。曲を知るという目的には合理的な判断だと思います。 しかし、それで音楽を楽しめているのだろうか。 音楽は娯楽の一種だ。そして芸術の一種でもある。 今は娯楽の数があまりにも増えてきてしま

                          スキ
                          4
                          • コードの役割

                            今回はダイアトニックコードにおいて各々のコードがどのような機能を持つかをご紹介していきます。 ダイアトニックコードについてはこちらを合わせてご覧ください。 では早速参りましょう。 TSD ダイアトニックコードの中で重要なものが3つあります。 例としてCメジャーダイアトニックコードを使います。 重要なものは1番目、4番目、5番目のコードです。 1番目のコードはトニックコード(主和音)と呼ばれます。 4番目のコードはサブドミナントコード(下属和音)と呼ばれます。 5番目のコ

                            スキ
                            2
                            • パーソナルタロット

                              たまに占いをするのが好きだ。たまにといっても2ヵ月に一回ぐらいの頻度だが。 占いに使われているタロット。 これにパーソナルタロットというものがある。 これは自分の生年月日(西暦)をばらばらにしてその数字を足していくもので、外面に現れやすい性格や人から見られる印象、この世で果たすべき使命を占うものらしい。 例えば1999年10月27日が誕生日だった場合、 1+9+9+9+1+0+2+7と数字をばらばらにして、各々を足していく。 数字は38になるが22を超えた場合はそこから

                              スキ
                              2
                              • 初心者のための作曲家紹介シリーズ No.7 サティ

                                E・サティ(1866~1925)。フランス音楽界きっての変わり者。インパクトのある題名と独自の作風を産み出し、ドビュッシーやラヴェルに影響を与えた。そんな彼の作品はどんなものだったのだろうか。では見ていきましょう。 ジムノペディ第1番サティの作品では一番といっていいほど知られている作品。ジムノペディは全3曲遺されています。作品の名称は古代ギリシアのアポロンやバッカスなどの神々を讃える祭典「ギュムノパイディア」に由来しています。 ジュ・トゥ・ヴ元々はシャンソンとして作曲され

                                • 寝逃げ

                                  自分がストレスを貯めてしまったときに行うことが寝逃げだ。 外へ出かける、友人と会うという方法ではストレスは発散できない体質らしい。 自分はどちらかというとインドア派なので、ひたすら寝ることが一番のストレス解消法なのだろう。 しかし、少し時間がもったいないなという気持ちにもかられてしまう。やりたいことがたくさんあるのに体がいうことを聞いてくれない。ひどいときは半日以上寝てしまう時がある。 そうするたびに、またもったいないことをしたなと自己嫌悪に陥ることがある。 体が眠るこ

                                  • 私の耳コピ事情

                                    今回は実際に私が耳コピする際にどのように行っているかを紹介したいと思います。 こちらの記事を基に説明いたしますので、合わせてご覧ください。 では早速見ていきましょう。 ①構造の確認今回はMr.Childrenの『HANABI』を例として挙げながらご紹介します。 まずはこの曲がどのような構造をとっているかを確認します。 メモを使って書き留める方がいいでしょう。意外と忘れてしまいますから。 この曲の構造は以下の通りです。 イントロ0:00~ 1番Aメロ0:28~ 1番Bメロ

                                    スキ
                                    1
                                    • テレビから離れて

                                      テレビを見るということをしなくなってしばらくたつ。ニュースを確認したければ色々なサイトがあるし、ドラマやアニメも様々なサブスクリプションサーヴィスの登場によりわざわざテレビで見る必要が無くなっている。 特にバラエティ番組は一部のうるさいクレーマーのおかげで色々な制限をかけられながら制作にあたらなければいけない。 「子供たちに悪影響だ!やめろ!」というような声が上がっているみたいだが、私からしたら子供たちに対する教育放棄にしか思えない。 本来なら「アニメ、バラエティ、ドラ

                                      スキ
                                      2
                                      • 耳コピを楽にするための基本術

                                        今回は耳コピをするうえで、私が実際に行っているやり方をご紹介します。 耳コピは絶対音感が無い人でも訓練さえすれば、だれにでもできるようになります。やり方さえ押さえてしまえばできます。要所要所のポイントを挟みながらご紹介していきますので、さっそく見ていきましょう。 ①まずは全体像を把握する。 まずは曲全体の構造を把握することから始めます。ここでは1曲をまず全部聞いてどのような構成をしているのかチェックします。 例としてKinKi Kids『硝子の少年』を挙げましょう。 構

                                        スキ
                                        3
                                        • 推測のすゝめ

                                          私は考えることが好きだ。考えるというよりかは推測に近いものだが。 「推測」というのは「ある事柄を基にして推量すること」というものだが、「これをこうしたらこうなるのではないか」「このような事例があるからこれをこうなるのではないか」と様々な考えを巡らせる。 調べればすぐわかるようなことも一度推測してみる。そして答え合わせ。私の場合その推測は外れていることが多いですがね笑 当たっていれば少し自信を持てる。考える力がついてきたのではないかと。 この情報社会において考えるという時

                                          スキ
                                          2