21歳の欅(けやき)です! 暮らしの中での考え方、小説等書いていこうと思っています!

21歳の欅(けやき)です! 暮らしの中での考え方、小説等書いていこうと思っています!

    マガジン

    • 欅の木洩れ日[ショートショート]

      ショートショートを集めました。是非立ち寄ってみてください。

    • 欅の木下で[小説]

      私が書いた小説をまとめていきたいと思います。 良ければ立ち寄ってみてください☺️

      • 欅の木洩れ日[ショートショート]

      • 欅の木下で[小説]

    最近の記事

    • 固定された記事

    欅って誰?[自己紹介]

    noteを始めて書きたいと思っていた自己紹介に踏み切ります! 基本性能を載せているのでゆる〜く見てください! 基本スペック 🌲名前:欅 🌲性別:男 🌲職業:社会人 🌲年齢:20歳 🌲誕生日:2001年6月19日 🌲星座:双子座 🌲血液型:A型 見た目 🌲身長:欅の木くらい 🌲体重:葉っぱくらい 🌲見た目:可愛い? 🌲服装:ゆったり 🌲靴のサイズ:25.5 成り立ち 🌲住所:森 🌲健康状態:寒がり 🌲保育園:外で遊びまわる 🌲小学生:外で遊びまわる 🌲中学生:部活

      • モーニングルーティン〜それから

        思い返せば色々あったと思うが、本当にあっという間の出来事だったようにも感じる。少し悩んでた時期もあったけど、過ぎ去ってしまえば大したことのない、実現しない不安だった。  環境が変わったから前と同じ生活はできないわけで、新しい朝の時間が必要だった。だからこれは、そんな一人の青年のちょっとした朝の物語。  パッと目を見開く。何かきっかけがあるわけではなく、自分の脳みそが覚醒したことを実感する。清々しい気分を寝起き一番に自覚できて、自分の調子が良いことに気分が上がる。  朝起

        • キャンドル

          マッチを擦るといき良いよく火がついて、すぐに適度な大きさになる。 火が消えないうちに急いでキャンドルに近づける。火が移ったと思ってマッチを話したがうまく火が移っていなくてもう一回チャレンジ。 長く近付けているとマッチの寿命が来てしまうし、短いと火が移らない。 キャンドルに火が灯るとなんだか周りの音も静かになったように感じる。それまでの都会の喧騒や忙しいと感じてしまう時間までもがキャンドルの灯りに遠慮しているように感じる。 部屋を明るく照らしてくれるわけではなく、部屋の

          • 今欲しいものはなんですか?

            「あなたが今欲しいものはなんですか?」 3秒以内に答えろと言われたらあなたは何を思い浮かべますか? 「ポルシェが欲しい」 「新しいバッグと時計」 「大きな家」 欲しい物を思いつく人もいるかもしれません。 「時間」 「お金」 「自由」 こんな感じで抽象的なことを望む人もいるかもしれません。 人の数だけ回答があっていいと思うし、何を求めるかは自由だと思っています。 もちろん家や車を手に入れたいと思うのも私は個人の自由であると思います。 ただ、先の問いに答えてから10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 欅の木洩れ日[ショートショート]
          • 欅の木下で[小説]

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            自分勝手

            自分が好きなものを好きであると証明するのはかなり骨が折れると思う。 「自分がそう思っているんだから好きなんだろう」 「ずっと続けているし好きなんじゃないの?」 人間の感情は簡単には数値化できないから、その時の心理状態によってあらゆる判断が異なってくる。 ストレスがなく穏やかな日々の中では好きなものが見えやすいだろうが、やらないといけないことに追われる日々では同じように感じることはできないかもしれない。 また、好きだから毎日たくさん触れていればいいというものでもないのか

            [ショートショート]図書館

            いつからか笑う回数が減っていった。昔は活発で小学生の頃は誰とでも仲良くなるとどの担任の先生からも言われていた。親はその話を聞いとても喜んでくれていた。 「あなたはいい子だね」そう言われて育ってきたからそこから踏み外して落ちてしまうのが怖かった。親の期待に応えられなくなった瞬間に今の自分の立場は無くなってしまうと子供ながらに恐怖を感じていた。 家の中でいい子でいるためには、学校でもいい子でいなくてはいけなかった。学級委員をやって誰にでも声をかけてクラス全体を見ていた。席替え

            自分の小ささ

            社会人になる前の自分に一つ忠告したいことがあるとすればそれは自分は大した人間ではないこと。 自分の内なる弱さ、醜さ、卑屈さ、劣等感、絶望感。 それらに対峙する日が必ずくる。 今までの比にならないくらいに自分のことを受け入れたくなくなる時がくる。 そんな時に未来に期待していた自分の無鉄砲さに気がつく。 今の働き方は個人の時代とかなり色々な所で騒がれているように感じる。 それでもその道で成功した人は自分の道が正しいと思い込むだろうし、そう言わないと影響力は作れないだろう

            誰もがストーリーを持っている

            校長先生の話が長いと生徒は言うが、その集会が始まるまでに無駄な時間がかかっていると教師は思う。 小学生の時からずっと続いている集会という習慣は果たして誰を幸せにしているのだろうか?校長先生や生活指導の先生の話を夏休み前に聞いたところで2日後には誰も覚えていないだろう。 だって、集会の前にガヤガヤしているのはこれか学校という縛りから解放される人たちなのだから。教師もようやく教え子たちから少し距離をとることができて表情にも安堵の色が見受けられる。 そう。生徒は学校という縛り

            ブラックな働き方を(仮)体験した話

            ブラック企業と聞いていい印象を受ける方はほとんどいないと思います。私自身の会社はブラック要素は全くなく、世間でこれだけ騒がれたなら経営者もかなり敏感になって、ブラックな要素を取り除く努力をしたんじゃ無いかと思っています。 もしくは隠すようにしたか? いずれにしても、経験がないのでブラックな現場で働くとどれくらいのダメージがあるのかは、データや情報でしか得ることができていませんでした。 ですが、今回私は土日に開催された講習会に参加したことによって、少なからずブラック企業的

            アイディア開発とは?

            新入社員として入社してずっと研修をおこなってきました。かなりの長丁場でしたが、ようやく研修の終わりが見えてきました。 最後に今年いっぱいかけて「新規アイディア開発」という名の下にテーマに沿って自分たちで新しいものを考えて試作して、テストして製品の形に近づけていく。 うまくいけば製品化や特許取得につながるらしい。 そこでアイディアを出すための手法で一応講習のようなものを受けたが自分ではいまいち納得できなかった。 ただ、自分の考え方もかなり変なので、noteに書いてみたく

            10分で書けること

            今世界バレーが始まるまでの10分で何を書けるか試してみた。 最近の身の周りの変化くらいなら書けそう。 勉強を始めた。 社会人になってもう半年近くが経過しようとしている。半年前の自分と何か変わったところはあるかと考えたけど自信を持って答えられることがなかった。せいぜい本を読んでいますくらい。 「多くの人は3年後の姿を想像できる。どうせ今とほとんど変わっていない。」 これはある方の言葉ですが、核心をつかれたように感じました。昨日の自分から1%成長できて、それを1年間続け

            夏休み

            今年もこの時期がやってきてしまったと車の窓からの景色を眺めて翠はため息を漏らした。お盆になったら実家に帰省するのが小さい頃からの我が家のルールなのは知っているが、私はもう18歳で、今年は受験生だ。 父親はいたって普通のサラリーマンで母はパートでスーパーのレジというテンプレートみたいな両親のもとに生まれた。そんなテンプレートのような親から生まれてきたのが私で周りからは優しいとしっかりもののレッテルを貼られて、がんじがらめの人生を送っている悲劇のヒロイン… そこまで悲観的には

            自然の力

            先週は少し体調を崩してしまって寝込んでしまった。もう20年近くの付き合いになる喘息さんも、最近は調子がいいと思っていたが最近の寒暖差でダメージが蓄積して、低気圧をきっかけに発作が出てしまった。 会社は有給を使って休んだが、どこかに出かけるでもなくただただずーっとひたすらに死んだように眠り続けた。水分補給と食事とトイレ以外は起きなかった。 次の日にはだいぶ回復して普通に過ごす分には問題なかったが、夕方散歩も兼ねて出歩いたら少し疲れた。日中は資格の勉強のためにひたすら参考書と

            自然を取り入れる

            自然が近くにあるって聞いたらどんなこと想像しますかね? 田舎〜とかのどか〜みたいなイメージ? あとは山がぱって思い浮かぶんじゃないですかね? もしくは土砂災害とか遭難とか何かしらの災害を思い浮かべる方もいるかもしれませんね。 でも多くの方が自然と聞いたらなんか良いんじゃないかって感じるんじゃないでしょうか? 私も一人暮らしを始めてから観葉植物を育て始めました。無印良品で購入したテーブルヤシです。 天気がいい休みの日には外に出して日光浴させたりしています。 今住んで

            久しぶりに

            久しぶりにnoteの投稿ボタンをクリックした。 前回どんな気持ちで書いていたのか明確には思い出せないくらい離れてしまっていた。おそらく忙しいからとかそんな理由で毎日投稿をやめた気がする。 でも忙しくなることを選択していたのは自分だった。 元来忙しくないと集中力があまり高まらない性格からなのか、大切な出来事が起こるときに急に余計なことを初めてしまう。それで急に飽きていく。 noteを書こうと思った明確なきっかけがあるわけじゃないけど、noteから離れたこの3ヶ月くらいは

            気づいたら100日連続していました

            こんばんは。欅です。 実は数日前に毎日投稿100日を迎えていたんです!(パチパチ) よくここまで続いたな〜ってのが素直な感覚です。今まで続けてこれた理由を探そうと思ってもあまり出てこないです笑 正直なんとなく続けられたんだと思います。昔から熱中しているにもかかわらず理由を考えると何も浮かんでこないことってあるじゃないですか?それと同じです。 素直にここまで続けた自分を褒めたいですね。何か一つのことを100日できたんだからこれからも別のことに挑戦できるよね!自分の自信の