池田@未来志向Labo

メンバーシップに加入する

収益は、食育イベントなどの活動費に利用。メンバーを優先的に、未来志向Laboから委託発注をさせていただきます。 地域サードプレイス構想「ふじくらす」 https://note.com/miraishiko_labo/n/n237a5ccb29b5 想いに共感いただける方とのメンバーシップを始めます。 議論の留まらず、企画→挑戦→検証を通し、フィールドワークを行います。 ■私について 都内大手制作系デジタルエージェンシー所属。地域複業の一環で、法人を登記。パラレルキャリアを通じ、地域活性と新しい働き方の推進活動をしています。 ■活動方針や頻度 ZoomやLINEを活用し、地域活性化をテーマに、議論や意見交換など、コミュニケーションの場を設けます。 ①オンライン交流 年1〜2回 ②特典情報 月1~2回 -お仕事情報や地域活性化活動について -リモートワークや地域複業Tips -プロデューサー/ディレクター業務ナレッジ ■どんな人に来てほしいか ・地域サードプレイス構想に賛同いただける人 ・リモートワークや地域複業に挑戦したい人 ・プロデューサー/ディレクターとして成長したい人

  • ワンコイン500円プラン

    ¥500 / 月

マガジン

最近の記事

ECを中心とした地産地消フーズ事業メンバー募集(シード期)

ども。池田です。 今年、未来志向Laboでは新事業を進めていきます。 それは、ECx静岡の食です。 詳しくは、また正式な情報として発表させていただきますが、、 何故ECなのか? それは、大きく以下2点から事業候補として絞られた形です ↓ ①複業で会社経営を目指すスタイル ②UXやマーケティングに取り組んできた経験や繋がりを活かせる 食への想いは、また別の機会に記載しますね! そこでメンバーを募集します【 募集詳細 】 当方は、地産地消の食材を使った商品開発を行い、E

有料
300
    • 何故?を追求|他社事例の活用術:メリットとデメリット

      今日は、アイデアの考察や、企画における一部の手法として、他社事例の活用術をお話してみたいと思います! 他社の成功や失敗を見て学ぶことは、いいアイデアを得るために役立ちます。 良い点は、早く良い計画を立てられること、失敗を避けやすいこと、新しいアイデアが生まれることです。 しかし、自分たちに合わない方法を取り入れてしまうリスクや、他の会社のモノマネになってしまうこと等の懸念があります。また、古い成功にこだわりすぎて、新しい流れを見逃すこともあります。 ただ真似るのではな

      • "クリエイティブラーニング" / 富士山の麓からスタート!日本の地域社会の"未来を繋げる・創る"、新しい実践学習のかたち

        こんにちは!池田@未来志向Laboです。 合同会社未来志向Laboが行う、目指していきたいキャリア教育支援について、メンバーで意見を交わすうち、最近「これだ!」と思うキーワードに出会えました。 それは、【 クリエイティブラーニング 】です。 今回は、私たちが目指す地域人材/大人のキャリア教育となる、新しい実践学習のかたち、【クリエイティブラーニング】について、お話したいと思います。 (1)目指すものとは? 教育/学びについては、過去さまざまな手法や課題が議論されていま

        • 新しい時代のキャリアジャーニー(副業/兼業/越境)

          こんにちは!未来志向Labo@池田です。 時代によって経済も働き方も変わってきました。 昭和の時代は、 「終身雇用」「年功序列」が主流だったようで、 「転職」はかなりリスクのあることでした。 しかし今は転職はキャリアアップの手段になり、 副業、さらに「パラレルキャリア」の考え方も普通になってきています。 私自身も「パラレルキャリア」を、日本の地域社会で最速に挑戦しています。 それは特別に難しいことではありません。 パラレルキャリアはまた別の機会で、詳しくお話すると

        ECを中心とした地産地消フーズ事業メンバー募集(シード期)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ビジネス参考
          池田@未来志向Labo
        • マネジメント
          池田@未来志向Labo
        • フリーランスTips
          池田@未来志向Labo
        • 副業/複業
          池田@未来志向Labo
        • ローカル
          池田@未来志向Labo
        • 地域におけるデータ活用
          池田@未来志向Labo

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 【まずお読みください】メンバーシップ参加ありがとうございます!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • スーパージェネラリスト/ビジネス

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • メンバーシップ限定記事

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • UI/UX関係のシェア

        • 【まずお読みください】メンバーシップ参加ありがとうございます!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • スーパージェネラリスト/ビジネス

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • メンバーシップ限定記事

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • UI/UX関係のシェア

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          ECを中心とした地産地消フーズ事業メンバー募集(シード期)

          「ワンコイン500円プラン」に参加すると最後まで読めます

          ども。池田です。 今年、未来志向Laboでは新事業を進めていきます。 それは、ECx静岡の食です。 詳しくは、また正式な情報として発表させていただきますが、、 何故ECなのか? それは、大きく以下2点から事業候補として絞られた形です ↓ ①複業で会社経営を目指すスタイル ②UXやマーケティングに取り組んできた経験や繋がりを活かせる 食への想いは、また別の機会に記載しますね! そこでメンバーを募集します【 募集詳細 】 当方は、地産地消の食材を使った商品開発を行い、E

          有料
          300

          ECを中心とした地産地消フーズ事業メンバー募集(シード期)

          有料
          300

          何故?を追求|他社事例の活用術:メリットとデメリット

          「ワンコイン500円プラン」に参加すると最後まで読めます

          今日は、アイデアの考察や、企画における一部の手法として、他社事例の活用術をお話してみたいと思います! 他社の成功や失敗を見て学ぶことは、いいアイデアを得るために役立ちます。 良い点は、早く良い計画を立てられること、失敗を避けやすいこと、新しいアイデアが生まれることです。 しかし、自分たちに合わない方法を取り入れてしまうリスクや、他の会社のモノマネになってしまうこと等の懸念があります。また、古い成功にこだわりすぎて、新しい流れを見逃すこともあります。 ただ真似るのではな

          何故?を追求|他社事例の活用術:メリットとデメリット

          ロジックツリーってなに?わかりやすくかみ砕いて解説します!

          「ワンコイン500円プラン」に参加すると最後まで読めます

          ロジックツリーとはロジックツリーとは、テーマや問題について筋道を立てて考えていく方法のことです。 ロジックツリーを使えば、漠然とした悩みの原因を可視化できます。 また、大きすぎるテーマに対してどんなアイディアがあるのか洗い出すときにも役立つ考え方です。 ロジックツリーの使い方ロジックツリーには主に3つの考え方があります。 1.Whatツリー(要素分解) 「さまざまな要素」としてどんなものがあるのかリストアップしたいときに役立つ考え方 2.Whyツリー(原因追究) 「な

          有料
          300

          ロジックツリーってなに?わかりやすくかみ砕いて解説します!

          有料
          300

          ワークシェアで実現【イベントレポート】第11回 食育フェスタ|ふじくらす

          「ワンコイン500円プラン」に参加すると最後まで読めます

          こんにちは、池田@未来志向Laboです。 先日、6月10日(土)・11日(日)、静岡ガス エネリアショールーム富士で行われた第11回 食育フェスタに「ふじくらす」として参加してきました。 今回は、そのイベントレポートとしてその様子をご紹介しつつ、未来志向Labo/ふじくらす 子供の未来クラス がワークシェアで、どのように地域活性化プロジェクトの企画/マネジメントをしているかを、ご紹介させていただきます! 「ふじくらす」とはふじくらすは、未来志向Laboが運営する地域サー

          有料
          300

          ワークシェアで実現【イベントレポート】第11回 食育フェスタ|ふじくらす

          有料
          300

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          フリーランスの悩み解決には○○○体験!

          こんにちは!池田@未来志向Laboです。 フリーランスとして働く人は近年増加しています。今回は、兼業社員として数年間フリーランスを行なってきた経験をもとにした記事を書いてみました! 実に10人に2人がフリーランスです。 フリーランス大国のアメリカでは 労働人口の35%ですが、 日本でも今後のフリーランス人口は増加すると予想されています。 自由度が高いフリーランスですが、 その反面悩みも多く、相談できる人が少ない状況にもあります。 政府もフリーランスの方への労働環境整

          フリーランスの悩み解決には○○○体験!

          地域交流の場@富士で「やってみたい」に挑戦してみませんか?

          こんにちは、池田です。 「ふじくらす」の取り組みが着々と進んでいます! 富士地域の人たちが地域で活躍できるように、子どもたちが富士を誇りに思ってくれるように、少しずつ実現へ向けて試行錯誤の日々です。 ふじくらすの活動を本格化できているのも、各方面から続々と集まってくださっている提携パートナーや支援メンバーの皆さんのおかげです。 いつもご協力ありがとうございます。 さて、今回は地域交流シェアスペースで提供する活動のもと、やってみたいことがある方を募集します! なぜ交

          地域交流の場@富士で「やってみたい」に挑戦してみませんか?

          ロジックツリーってなに?わかりやすくかみ砕いて解説します!

          ロジックツリーとはロジックツリーとは、テーマや問題について筋道を立てて考えていく方法のことです。 ロジックツリーを使えば、漠然とした悩みの原因を可視化できます。 また、大きすぎるテーマに対してどんなアイディアがあるのか洗い出すときにも役立つ考え方です。 ロジックツリーの使い方ロジックツリーには主に3つの考え方があります。 1.Whatツリー(要素分解) 「さまざまな要素」としてどんなものがあるのかリストアップしたいときに役立つ考え方 2.Whyツリー(原因追究) 「な

          有料
          300

          ロジックツリーってなに?わかりやすくかみ砕いて解説しま…

          フリーランス/個人事業主のための信頼度がアップする「請求書」の作り方まとめ

          こんにちは!池田@未来志向Laboです。 フリーランス(個人事業主)は、企業から雇用されているわけではないので、行った仕事の分の対価を請求するようになります。 その際に請求書を発行します。 単なる業務の一部として特に考えずに発行、送付して、失礼なことがあっては取引先にマイナスのイメージを与えてしまうこともあります。 この先の仕事を得ていくうえで たかが請求書ですが、信頼のおける印象を感じてもらえる方がいいですよね? 今回はそんな 「仕事を安心して発注してもらえる失礼

          フリーランス/個人事業主のための信頼度がアップする「請求書」の作り方まとめ

          ワークシェアで実現【イベントレポート】第11回 食育フェスタ|ふじくらす

          こんにちは、池田@未来志向Laboです。 先日、6月10日(土)・11日(日)、静岡ガス エネリアショールーム富士で行われた第11回 食育フェスタに「ふじくらす」として参加してきました。 今回は、そのイベントレポートとしてその様子をご紹介しつつ、未来志向Labo/ふじくらす 子供の未来クラス がワークシェアで、どのように地域活性化プロジェクトの企画/マネジメントをしているかを、ご紹介させていただきます! 「ふじくらす」とはふじくらすは、未来志向Laboが運営する地域サー

          有料
          300

          ワークシェアで実現【イベントレポート】第11回 食育フェ…

          有期雇用と業務委託の違い

          こんにちは!池田@未来志向Laboですー 先日のnoteでもご紹介させていただいた 地域サードプレイス「ふじくらす」 この構想はリモートワークによる、ワークシェアリングを通じて、それぞれが得意分野の仕事で活躍し、「やりがい」を感じながら、 地域活性化に繋がる日本社会を目指しています。 これを読んでいる、皆さんがお持ちの才能を開花させ、楽しみながら働き、学び、地域で生きていきたい! そう思っていらっしゃる方を、 全力でサポートしていきたいと思っています! そこで、今回

          有期雇用と業務委託の違い

          ワンコイン500円の活動支援メンバーシップ始めます!

          こんにちは、池田です。 この度、ワンコイン500円の活動支援メンバーシップを始めることにしました。日本の地域社会に、課題を抱える皆様とのサークル活動を通じて、イキイキと輝く人材創りに貢献していきたいと考えています。 どんな活動をしていくのか?について、noteに記させていただきます。 はじめる理由私のキャリアミッションは、「地域に輝く人材を増やすこと」です。 地域に住みながら、収入の安定だけでなく、家庭との両立や、仕事を通じた社会との関わりなど、あらゆる側面でこのミッ

          ワンコイン500円の活動支援メンバーシップ始めます!

          多様性が活きる地域社会へ 〜Global Voices, Local Diversity〜

          おはようございます。池田です。 4月から未来志向Laboでは、女性xリスキリングを扱った配信をスタートさせます。 また、多様性こそ職場の未来 というテーマや、富士市でのテレワークに触れた動画も近日中に配信予定です。 そこで今回は、多様性x地域社会を軸に、私の頭の中をnoteに記載させていただきます。普段、興味のない人が少しでも、その思想に触れてくれたら嬉しいです。 多様性が活きる地域社会へ現代の日本社会において、多様性が問題視される一方で、多様性を受け入れることが必要

          多様性が活きる地域社会へ 〜Global Voices, Local Diversity〜

          地域の未来に必要な取り組みとは?| 初イベント・振り返り前半

          ども。池田です。 2023.2.22 記念すべき初イベント、無事開催しました~ ちなみに、同日合同会社の登記も無事完了です! 富士地域に大きな一歩のキッカケをイベントは、非常に熱量高いものになりました。 参加いただいた皆様、ありがとうございました! 基調講演の様子は、こちらから 何が良かったかって、、 地産地消ランチ美味しかった! その場で炒ったほうじ茶も、香りが。。最高!テレワークで使えそうなヘルス体験も、良かったな~ モリモリな感じで企画したけど、すべてが繋がる

          地域の未来に必要な取り組みとは?| 初イベント・振り返り前半

          2023年新たな挑戦 ”100年続くコト創り”未来志向Labo

          40代になり、自分自身がここから取り組んでいく事を見つめ直す時間を過ごしていました。 これからの取組みを対談動画にしました! 新しい1歩を踏み出します。やり出すこととは? これから必要と思われるコトを実際に実施してみて、持続されている文化を創っていくことを目指してみます。 持続していくことを重要視した取組みです。 LIFE (生きていくこと・生活すること)における、 これからの#日本の最適解を取組み、発信していこうと思います。 富士地域で始める富士山をシンボルとした

          2023年新たな挑戦 ”100年続くコト創り”未来志向Labo

          ″家庭とやりがいのバランス“

          結婚してから、このフレーズが常に目標設定の際には、出てくる グラデーション的に、日々バランスをとらないといけない話ではある 何の為に働いているのか? どうせ働くなら、社会に影響を与えていきたい 仕事=人生を豊かにするもの でいたい 常識に捉われず、理想と現実どちらかではない、2025年以降を見据えた働き方を実験しています 実際のところ、法務・労務・税務の観点で色々課題があります 専門家の方にも相談しながら、見つけていきます

          ″家庭とやりがいのバランス“

          これからのユーザビリティを追求しようと思う方と出会いたい|対談note

          皆さん、こんにちは。池田です。GWも終わり、2022年度も本格的なスタートですね! 今回は、『これからのユーザビリティを追求しようと思う方と出会いたい』をテーマに、対談形式で、お送りしたいと思います! 対談相手は、アフターデジタルに向けて、ユーザビリティを語る会 というnoteを運営している、taiki ujiieさんですー 池田(ike)と、taiki ujiie(uji)の対談 前半UXデザイナーって? uji  週末にユーザビリティを追求する、新卒4年目・新米

          これからのユーザビリティを追求しようと思う方と出会いたい|対談note