Rina

ロマンチッククリエイターです。 哲学×文化的な生活=私の日常だったりします。 尊敬できる面白い仲間と、勇気と愛を育てています。ドラマティックな夜は自分で創ろう。 https://create-story.com/
    • #可愛くなれない夜はいらない
      #可愛くなれない夜はいらない
      • 47本

      東京、新潟、佐渡、メルボルン…それぞれの舞台でさまざまな価値観に翻弄されながら生きる4人の女たち(24歳独身)が、偉人の言葉から自分たちの人生を見つめていくマガジン。 寂しくてお酒に頼りたくなる夜も、カップラーメンが我慢できない真夜中も、化粧も落とさず眠りに落ちて迎える夜明けも、涙で腫れぼったい目の自分を励ます朝も...失敗も失恋もまるごと全部可愛いのだ。 あくびがでちゃうほど退屈で、可愛くなれない夜なんていらない。

固定された記事

孤独と仲良くした時間が、私の変態性を育てた話

オーストラリアに住んで約7ヶ月。 人間関係を断捨離したこともあって、今、日本人の友達と日常的に深い話をする人は1人、2人くらいしかいない。 圧倒的に日本にいたとき…

自分というエンタメを、いかに面白くさせるかについて真剣に考える回

わかりきっているのに、悔しくて涙が出てきた午前0時。 「前のシェアハウスには、自分の夢に向かってずっと頑張ってきた人たちがたくさんいたんだよね。目標に向かって頑…

つまらないをネタに、1杯どうですか。

本日、もやもやな感情が生まれた。 人は数えきれないくらいの感情を、垂れ流しにして生きている。 自分から生まれた名前のない感情たちが、私の日常をバラエティ豊かにし…

共感と面白いを同じ扱いにはせず、”理解されない面白い”で未来を創ってる話

未来を面白くしていくには、最初の思考の”その先”が大事だということに気付いた。 情報を受け取って、その知識をそのまま活用するのが一次思考だとしたら、その先の二次…

人生は回収しない伏線をつくったもんがちなんだと魅せられた話

「ありがとうございました。西野亮廣でした。」 えんとつ町のプぺルのエンドロールの最後に副音声の西野さんがそう言った。 その何でもない一言がかっこよすぎて泣いた。…

恥をかいてみなきゃ、何も始まらないと気付いてしまったから

いつぶりだろうか、足が微かに震えている。   会社の上司に、1ヶ月休職したいことを伝えてきた。 前記事のストーリーの続きである。   結果は1ヶ月、お休みを頂くこ…