見出し画像

ひなギク工房のスツールと山の色

現在改装中の六根ゲストハウスは京都の町家です。

土、竹、石、藁、杉皮、木 などの自然素材の材料のみで建てられ、今でもしっかりと役目を果たしています。そして経年により現れた色味には目を奪われる程です。

画像1

画像2


「ひなギク工房」がつくるスツール

六根ゲストハウスの内装工事は菊屋雑貨店でもお馴染みの「ひなギク工房」にてお願いしています。

ひなギク工房は、京都の地産地消の促進と、質の高い京都産の木材を合理的かつ安全に使用する事業として「きょうと元気な地域づくり応援ファンド」にも採択された工房です。ひなギク工房の取り組みの一つに「山CRAFT」という事業があります。

山CRAFT

自然にもらった居場所 
山に入る 
目耳が喜ぶ 
豊かな土が香る 
雨の恵みに感謝する 
山の色に出会い 
暮らしは山へ還る

そんな山CRAFTの考え方は、六根のコンセプトと通じることから、宿の工事を行っていただくだけでなく、山CRAFTの自然染スツールも導入します。そのスツールは京都市北部の材木である北山杉を加工して作っておられます。

その色は自然の力を借りて着色し、焼杉や経年の材も用い、青は藍に漬け込む所からはじまります。接着剤は使用せず米糊を使ったり、手間は何倍もかかりますが先人の手仕事に思いを馳せ、楽しみながら制作されています。

画像3


クラウドファンディングも挑戦しています!

小さな宿の新しい挑戦に、ぜひお力添えをいただき、ご支援を生かして必ず私たちの夢を実現したいと思います。よろしくお願い致します。

クラウドファンディングページ
※支援募集は、2019年12月13日(金)午後11:00まで


#フェアトレード #エシカル #循環 #宿 #ゲストハウス #旅 #京都 #オーガニックコットン #北山杉 #自然染 #スツール #京町家 #町家



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
2020年春(予定)より開業予定の循環型の宿。町屋の改装を京都の杉材や廃材を利用しながら進めています。環境に配慮された商品やフェアトレードを扱う居心地の良い場所を作ります。https://www.instagram.com/rokkonguesthouse/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。