名称未設定のデザイン-4

マイノリティな商品の販売方法はプロと思わせることで余裕の話

今回の記事はプレゼンをしたことない方に読んで欲しいな。

「商品はこうやって販売しているよ」という具体的な例を書くのだが、これは決して実店舗販売だけのノウハウじゃなく、他業種や対人関係にも役立つテクニックなので。

今回は泡盛というお酒のプレゼン方法について書く。

そして先に結論の1つを書くと、相手にプロと思われることが大切だ。


はじめに

沖縄には泡盛という地酒があり、僕はそれをプレゼンするプロフェッショナルだ。
知識も経験もあるし、今現在もプロとして講習会や実店舗でのコンサルジュやアドバイザーとして活動している。

そんな僕からの意見なので決して「戯言」だと思わずに感じて欲しい。


お客さんのパターン

お客さんは「泡盛?どんなお酒?」と「泡盛好きなんだよね」の2種類がほとんど。
マイノリティなお酒なので好きか知らないかどっちかだ。


この続きをみるには

この続き: 1,206文字

マイノリティな商品の販売方法はプロと思わせることで余裕の話

ロッキーいしみね

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

あなたの優しさを僕も世間への優しさとしてサポートして行きます!お金ください!

ありがとう!僕も好きです!
5
芸人です。エンタメから身につけたライフハックを紹介してます。 あとはエンタメビジネスの話・恋愛のお話・モテる術を書いてます。芸人やMC・イベント制作をメインに活動してるエンタメ屋です。比較的モテます。

こちらでもピックアップされています

ビジネスの話
ビジネスの話
  • 1本

ビジネス論。エンタメやいろんな視点から見たビジネスのお話をしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。