ロバート下北沢

「働きながらあそぶ」「あそびながら働く」。 下北沢にあるシェアオフィス、コワーキングスペースです。 下北沢駅東口徒歩1分。 https://www.robert.jp  instagram→robert.shimokitazawa

ロバート下北沢

「働きながらあそぶ」「あそびながら働く」。 下北沢にあるシェアオフィス、コワーキングスペースです。 下北沢駅東口徒歩1分。 https://www.robert.jp  instagram→robert.shimokitazawa

    マガジン

    • ロバート下北沢、壁でのアート展示をはじめました。

      このアート展示によっていつもとちょっと違う雰囲気になったロバート下北沢での作業は、普段利用してくださる方にとっても気分転換になるかもしれないし、アート作品に触れたことをきっかけに、ひょんなアイデアが降りてくるかもしれない。 ここでは、美術館やギャラリーほどの高い敷居をまたがなくても、アートと出会うことができます。 息抜きがてら、コーヒーを片手に作品をめぐるもよし。 展示を見に来たついでに、ちょっとロバート下北沢で本を読んだり作業をするのもよし。 アートと働く場所が一体となった場所で、それぞれの楽しみ方をみつけてみてください。 場所貸し代は無料、材料費のみで行う、アート展示をぜひロバート下北沢で。

    • ロバートくんとディープな仲間たち

      コワーキングスペース・ロバート下北沢に関わる人たちをピックアップしていく連載です。連載を読み進めると、ロバート下北沢の輪郭がみえてくるかも…?

    • 未熟なわたしが考えてみた

      \Season 2 スタート/ ロバート下北沢の運営元であるSLOW inc.でCommunication Designerとして働く新野瑞貴の連載。オープン2年目に突入したロバート下北沢の目指す形態を実現するために、SLOW inc.が実験をしていく様子、ロバート下北沢の軌跡をレポートしていきます。

    • イベントレポート

      ロバート下北沢で開催したイベントについてのレポート記事をあげていきます。

    • ぼくらの現在地

      学校を卒業して社会に放り出されて数年経つ30歳前後は、長い人生のモヤモヤ期とも言われます。今までと生き方がガラリと変わったこの時代に、モヤモヤを抱えながらもいろんな領域を横断している彼らが、どんなことを考えて、どう仕事をして、どう生きているのかを教えてもらう連載です。彼らの現在地と今の時代を照らし合わせて、これからの生き方を探っていきます。

    最近の記事

    固定された記事

    ロバート下北沢とは?

    こんにちは、ロバート下北沢です。 2020年7月2日(木)にオープンしてから早2年。 年々アップグレードしている、ちょっと風変わりなコワーキングスペースを今日は紹介します。 もちろんお仕事ができる! コワーキングスペースと謳っているロバート下北沢。もちろんお仕事ができる場所です。 家では気が散ってしまうし、カフェの2時間以上の滞在は気が引ける。そんな方にはぴったり!広々としたデスクと、程よい大きさのBGMや雑音で、お仕事も捗ります。 メンバーと話しながら仕事を進めたいと

    スキ
    4
      • ​​[展示第5回目]言葉と出会う展 旅する僕らの天体観測/小山将平

        あんなに寒かった冬が鳴りを潜めて、すっかり春の風が吹いてきましたね。 春といえば、出会いの季節。 人との出会いがあるならば、言葉との出会いもあっていいはず。 春の気持ち良い陽気とともに、ロバート下北沢に新たな展示がやってきました。 蔵前にある「未来の自分に手紙を送れるお店」自由丁オーナーの小山将平さんによる言葉の展示を開催します。 ロバート下北沢note「ぼくらの現在地」でインタビューさせていただいたことをきっかけに、今回ロバートで展示いただくことになりました。 ✴︎小山

        スキ
        9
        • こんな場所がほしかった。そう言われる場所を目指して|未熟なわたしがMixture Hubについて考えてみた Vol.2

          Writer: 新野 瑞貴 2022年の抱負は「緩急」。地元・千葉で一生を過ごすと思っていたが、宅浪時期に方向転換。オーストラリアでの留学を決意。4年間の留学を経て現地大学を卒業後、2021年2月からSLOW inc.に勤務し、5月から晴れてCommunication Designerとして正社員になる。やっと、SLOW歴1年! ▼ 前回の記事はこちらから 新しいシーズンの記事を書きはじめてから半年間、ロバート下北沢がこんな場所になったらいいなというイメージ図は社内メンバ

          スキ
          22
          • ​​[アート展示告知・第4回目]LUCKY BEER/DAICHI

            みなさま、あけましておめでとうございます。 2022年がやってきました。 昨年の8月にロバート下北沢にて壁貸しの展示をはじめて、はや5ヶ月。新年初めにロバート下北沢の壁を作品で埋め尽くすのは、カメラマンの「DAICHI」さんです。 DAICHIさんは福岡県出身のフリーランスのカメラマンで、今回の展示では、タイに行った時の記録写真たちが、はじめて展示されます。 タイで出会った世界に一瞬にして虜となり、この土地にどんどんのめり込んでいくようにシャッターを切っている様子が伺えま

            スキ
            2
            • ​​[展示第5回目]言葉と出会う展 旅する僕らの天体観測/小山将平

              スキ
              9
              • こんな場所がほしかった。そう言われる場所を目指して|未熟なわたしがMixture Hubについて考えてみた Vol.2

                スキ
                22
                • ​​[アート展示告知・第4回目]LUCKY BEER/DAICHI

                  スキ
                  2

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • ロバート下北沢、壁でのアート展示をはじめました。

                  • 5本

                  このアート展示によっていつもとちょっと違う雰囲気になったロバート下北沢での作業は、普段利用してくださる方にとっても気分転換になるかもしれないし、アート作品に触れたことをきっかけに、ひょんなアイデアが降りてくるかもしれない。 ここでは、美術館やギャラリーほどの高い敷居をまたがなくても、アートと出会うことができます。 息抜きがてら、コーヒーを片手に作品をめぐるもよし。 展示を見に来たついでに、ちょっとロバート下北沢で本を読んだり作業をするのもよし。 アートと働く場所が一体となった場所で、それぞれの楽しみ方をみつけてみてください。 場所貸し代は無料、材料費のみで行う、アート展示をぜひロバート下北沢で。

                • ロバートくんとディープな仲間たち

                  • 2本

                  コワーキングスペース・ロバート下北沢に関わる人たちをピックアップしていく連載です。連載を読み進めると、ロバート下北沢の輪郭がみえてくるかも…?

                • 未熟なわたしが考えてみた

                  • 6本

                  \Season 2 スタート/ ロバート下北沢の運営元であるSLOW inc.でCommunication Designerとして働く新野瑞貴の連載。オープン2年目に突入したロバート下北沢の目指す形態を実現するために、SLOW inc.が実験をしていく様子、ロバート下北沢の軌跡をレポートしていきます。

                • イベントレポート

                  • 3本

                  ロバート下北沢で開催したイベントについてのレポート記事をあげていきます。

                • ぼくらの現在地

                  • 7本

                  学校を卒業して社会に放り出されて数年経つ30歳前後は、長い人生のモヤモヤ期とも言われます。今までと生き方がガラリと変わったこの時代に、モヤモヤを抱えながらもいろんな領域を横断している彼らが、どんなことを考えて、どう仕事をして、どう生きているのかを教えてもらう連載です。彼らの現在地と今の時代を照らし合わせて、これからの生き方を探っていきます。

                • 下北沢と人

                  • 3本

                  下北沢らしさってなんだろう。下北沢に住んでいる人、お店をやっている人や働いている人、そんな下北沢で生を刻んでいる人たちの話を聞きまわりながら下北沢「らしさ」を探っていく。

                • 李せんみのお悩み暴露室

                  • 2本
                • 下北沢で会いましょう

                  • 16本

                  コワーキングスペース「ロバート下北沢」のオーナー・原 大輔が綴る、ロバート下北沢を作ったワケ。そこにはいろんなものが繋がっているストーリー。

                • ロバート下北沢、壁でのアート展示をはじめました。

                  • 5本

                  このアート展示によっていつもとちょっと違う雰囲気になったロバート下北沢での作業は、普段利用してくださる方にとっても気分転換になるかもしれないし、アート作品に触れたことをきっかけに、ひょんなアイデアが降りてくるかもしれない。 ここでは、美術館やギャラリーほどの高い敷居をまたがなくても、アートと出会うことができます。 息抜きがてら、コーヒーを片手に作品をめぐるもよし。 展示を見に来たついでに、ちょっとロバート下北沢で本を読んだり作業をするのもよし。 アートと働く場所が一体となった場所で、それぞれの楽しみ方をみつけてみてください。 場所貸し代は無料、材料費のみで行う、アート展示をぜひロバート下北沢で。

                • ロバートくんとディープな仲間たち

                  • 2本

                  コワーキングスペース・ロバート下北沢に関わる人たちをピックアップしていく連載です。連載を読み進めると、ロバート下北沢の輪郭がみえてくるかも…?

                • 未熟なわたしが考えてみた

                  • 6本

                  \Season 2 スタート/ ロバート下北沢の運営元であるSLOW inc.でCommunication Designerとして働く新野瑞貴の連載。オープン2年目に突入したロバート下北沢の目指す形態を実現するために、SLOW inc.が実験をしていく様子、ロバート下北沢の軌跡をレポートしていきます。

                • イベントレポート

                  • 3本

                  ロバート下北沢で開催したイベントについてのレポート記事をあげていきます。

                • ぼくらの現在地

                  • 7本

                  学校を卒業して社会に放り出されて数年経つ30歳前後は、長い人生のモヤモヤ期とも言われます。今までと生き方がガラリと変わったこの時代に、モヤモヤを抱えながらもいろんな領域を横断している彼らが、どんなことを考えて、どう仕事をして、どう生きているのかを教えてもらう連載です。彼らの現在地と今の時代を照らし合わせて、これからの生き方を探っていきます。

                • 下北沢と人

                  • 3本

                  下北沢らしさってなんだろう。下北沢に住んでいる人、お店をやっている人や働いている人、そんな下北沢で生を刻んでいる人たちの話を聞きまわりながら下北沢「らしさ」を探っていく。

                • 李せんみのお悩み暴露室

                  • 2本
                • 下北沢で会いましょう

                  • 16本

                  コワーキングスペース「ロバート下北沢」のオーナー・原 大輔が綴る、ロバート下北沢を作ったワケ。そこにはいろんなものが繋がっているストーリー。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 働くことは、社会での居場所をつくること。|vol.2 月額会員・0さん|ロバートくんとディープな仲間たち

                    ロバート下北沢に関わる人たちをピックアップしていく連載『ロバートくんとディープな仲間たち』。第2回目は、ロバート下北沢の月額会員・Oさんにお話を聞きました。ロバート下北沢にはどのような人たちが集まっているのか。下北沢に住んでいるというOさんから、お仕事のことから下北沢についてまで、たっぶりとお伺いしました。 ーまずはじめに、Oさんのお仕事を教えてください。 O:もともとスポーツが好きでスポーツ業界にいたんですけど、最近転職をして今はファッションブランドのマーケティングをや

                    スキ
                    7
                    • アンコンシャスバイアス=見えない偏見はどこからやってきた?|イベント告知|シンデレラは晴れ女!?雨女!?

                      「アンコンシャスバイアス(unconscious bias)」 という言葉を、聞いたことはありますか? 見えない偏見という意味で、例えばある職業の人をみて「この人は教師だから、たぶんくそ真面目なんだろう」と決めつけたり、「女性だから体力がないはずだ」や、「男性だからつらくないだろう」と、属性によって過去の刷り込みや経験から、無意識に判断してしまうことを指します。 きたる12月4日(土)5日(日)、ロバート下北沢にてイベントが開催されます。 そのテーマとなるのが「アンコン

                      スキ
                      4
                      • イベントレポート|「さらけだせ、愛。」 |SHIRACO WORLD×yosemic @ロバート下北沢

                        ロバート下北沢でおこなわれたイベント『さらけだせ、愛。』。観客として参加した李が、今回のイベントテーマでもある「愛とか苦悩とか葛藤とか!」をぶちまけながら、文章という表現をもってイベントレポートをおこなっていきます。(フォトグラファーたちによるすばらしい写真表現もあわせてご覧ください。) 11月20日(土)の夜、ロバート下北沢が赤く染まった。 この日、アーティストのSHIRACO WORLDさんとyosemicの1夜限りのコラボイベント『さらけだせ、愛。』が開催された。

                        スキ
                        10
                        • 【第1座】じんせい、山あり谷あり|山と人生考

                          「山登りと人生って、同じすぎる」という腹落ちのもと、登山に目覚めたロバート下北沢の李せんみが、様々な山に登りながら人生についてあれこれを考えていく連載です。 これまでの人生、山は眺めるものだった。 都会に暮らしていると、うっすら遠くに見える山。遠出をするとその距離が近くなり、都会から離れたことを知らせてくれる存在。山の見分けなんてつくはずもなく、富士山だけは気高くそびえ立っていて、お目にかかれるとテンションがあがるもの。 わたしの山に対する解像度は、その程度だった。 し

                          スキ
                          16
                          • [アート展示告知・第三回目]Bloom of Youth 2/SUKO

                            秋を追い越して、冬が足早とやってきた11月。 第三回目となる、ロバート下北沢での壁のアート展示を開催いたします! ロバート下北沢ではお馴染みとなった「yosemic」のメンバーであるmariさんが活動するアーティストグループ「SUKO」による展示になります。 すこ。。。と、なんとも口に出したくなる名前のグループ。メンバーは4人いて、みなさんは大学の同期だそうです。 日常の何気ない瞬間や風景を切り取る写真作品を制作するmariさん。 大胆な色彩センスをもちいて超現実的世界

                            スキ
                            10
                            • スクールイベント|学校じゃ教えてくれないクリエイティブなはなし/甲賀ゆうこ@ロバート下北沢

                              まだ暑さが残る8月末、ロバート下北沢でスクールイベントを開催しました。その名も 学校じゃ教えてくれないクリエイティブなはなし 自分はクリエイティブな人間じゃないからな、というあなた。ここでいうクリエイティブはアートやデザインの話だけではありません。これからの世界、どう生き抜くかを探り出すこと。 そのためのヒントを学び、自分の中から見出していくための授業です。 百戦錬磨のクリエイティブディレクター甲賀ゆうこさんを講師に迎えた、ロバート下北沢での初のスクールイベント。

                              スキ
                              10
                              • 身体を使って創り出し、ありのままを感じ取ること。それが私の目指す暮らし方|猫の皿・松丸美香|ぼくらの現在地vol.5

                                学校を卒業して社会に放り出されて数年経つ20代・30代は、長い人生のモヤモヤ期とも言われます。今までと生き方がガラリと変わったこの時代に、モヤモヤを抱えながらもいろんな領域を横断している彼らが、どんなことを考えて、どう仕事をして、どう生きているのかを教えてもらう連載です。彼らの現在地と今の時代を照らし合わせて、これからの生き方を探っていきます。第5回目は岐阜県の恵那市で木工作家ユニットとして活動する松丸美香さんにお話を聞いてみました。千葉県出身の彼女が大学を卒業後すぐに移住し

                                スキ
                                33
                                • 人と現象が混ざる場所。|未熟なわたしがMixture Hubについて考えてみた Vol.1

                                  Writer: 新野 瑞貴 「自分の決めたルールに従って自由に生きること」がモットーの千葉県出身。 宅浪時期に方向転換をし、オーストラリアでの留学を決意。4年間の留学を経て現地大学を卒業後、2021年2月からSLOW inc.に勤務し、5月から晴れてCommunication Designerとして正社員になる。毎日楽しく奮闘中。 未熟な私が考えてみた、ニューシーズン。 海外ドラマのSeasonが変わると、主人公の暮らす街が変わったり、登場人物の髪型が変わったりしますよね。

                                  スキ
                                  28
                                  • ロバート下北沢、第2回目のアート展示のお知らせです。

                                    週末フォトグラファー、Michael Yoshiokaさんによる第1回の展示会が大好評で幕を閉じた8月、お盆前。 8月9日〜13日までの1週間、ロバート下北沢はお盆休みにはいり、16日(月)の再稼働とともに第2回目の展示会を開催いたします。 ロバート下北沢の会員さんたちに「何かが壁にある」と、いつもは止まらない壁の前で足を止めていただいたり、作品への感想を展示ノートに書いていただいたり。この展示会をきっかけに、ロバート下北沢をはじめて知る方とロバート下北沢にゆかりがある方

                                    スキ
                                    12
                                    • さて、どんな人と組んでいこう|未熟なわたしがCo-working Spaceについて考えてみた Vol.4

                                      Writer: 新野 瑞貴 「自分の決めたルールに従って自由に生きること」がモットーの千葉県出身。 宅浪時期に方向転換をし、オーストラリアでの留学を決意。4年間の留学を経て現地大学を卒業後、2021年2月からSLOW inc.に勤務し、5月から晴れてCommunication Designerとして正社員になる。 【vol.3はこちらから】 これまでのロバート下北沢会議では、 Genre [ジャンル]= People [人々] として、そして、人に交差してもらい、本音

                                      スキ
                                      41
                                      • 音楽活動と会社員に優劣はない。それは等しく、人と繋がること。|GAMBS・Sukemasa|ぼくらの現在地vol.4

                                        今までと生き方がガラリと変わったこの時代に、モヤモヤを抱えながらもいろんな領域を横断している若者が、どんなことを考えて、どう仕事をして、どう生きているのかを教えてもらう連載です。彼らの現在地と今の時代を照らし合わせて、これからの生き方を探っていきます。第4回目は新進気鋭のバンドとして注目を集める「GAMBS」でギターをつとめながら、今年から新卒で働く社会人でもあるSukemasaさんにお話を聞きました。「音楽活動で食べていけるようになるまでの仕事」という古い価値観を軽々と飛び

                                        スキ
                                        20
                                        • ロバート下北沢、壁でのアート展示をはじめます。そして第一回展示のお知らせ

                                          「ロバートの壁で、アートを展示できますか?」 きっかけはロバート下北沢とも関わりが深い、yosemicさんからのご相談でした。 yosemicさんについて↓ yosemicに関わりがあるアーティストたちの展示場所を探しているとのこと。 ロバート下北沢もアーティストやクリエイターの方たちを何らかの形で応援したい!という気持ちを常々抱えていたので、「我が意を得たり」と壁でのアート展示をはじめる運びとなりました。 ワークスペースやチルスペース、はたまたトイレにも(!?)アー

                                          スキ
                                          15