黒木リン

新潟に住みながらペン画を描いている画家。読書とゲームが息抜き。制作のことや日々のことを気ままに書いていこうかと。 | web site http://blackxgiraffe.com

目の前にある絵

唯一無二のもの という言葉を最近よく耳にするような気がしているけれど、自分が描いているこの絵もこの絵はこれしか無いのだ。 それを誰かが気に入ってくれ買ってくださり...

私が描く花

お久しぶりです。 定期的に更新するはずが、ずいぶんと空いてしまいました。 11月も末、先ほど雪がちらちらと…冬になるなぁ。 ずっと悩んでいたことがあって。 空間を描...

雨の音がする夜に

新しい作品を描いている。私の中では大きめな12号。 まだまだ未熟で、利益を上げるのは難しい身であるにもかかわらず、私の作品を見て、何かを感じてもらえ、声をかけてく...

干された柿

今年も干された柿。干された日から雨続きだったが、今日は秋晴れ。 自然の音が聞こえるところで寝起きして、美味しい珈琲を飲みながら読みたい本が読める暮らし。 今それ...

あのときに見た景色

ハザマの世界は感覚が制限されているはずなのに心地よさを感じる場所…と思ったが、ちがう、『感覚が制限されている』から私はそこに心地よさを感じるんだ!と気づいた。 ...

ハザマの世界と作品のこと

違和感と心地よさが一体となった、自分だけの現実。 そこは寒くも暑くもない無音無味無臭、けれど何かの気配が漂う場所。 感覚が制限されているはずなのに心地よさを感じる...