アンテナを張り続けた結果💡
見出し画像

アンテナを張り続けた結果💡

Riku Obara

 こんばんは。見て下さっている人がどのくらいいるのか分かりませんが、最近サボり気味でいたら、ありがたいことに「投稿してよ」とお声を何人からか頂き、今こうしてパソコンと向き合っています。(笑)すみませんでした!!

 さて本題に入りますが、僕がこのnoteで以前にアンテナを張り続けることの重要性について、お話させて頂きました。それがまさに形となって実現しつつあります。僕の趣味といったら恐縮ではありますが、好きなことの一つとして、このnoteの記事の主体でもある、ビジネスについてです。ビジネスというと聞こえが悪いかもしれませんが、直訳したまんま、お仕事です。特にその中でも、お金を生み出す瞬間、そもそもの起源をあらゆる分野で考えることが好きです。

それこそ何気なく生活してる瞬間に、「このサービスってこうやって出来ているのか」、「何故このような所で広告出稿してるのか」、「広告であれば、CPC/CPM/CPA/CTR/CVRがそれぞれどのくらいなのか」、「何故この店舗は他店舗と比べてこんなに集客できているのか」、「コンセプトの打ち出し方」、「色々なところでの支出と利益の割合」など、誰でも疑問になるようでならないことであると思いますが、これが実は僕にとって凄く気になることでもあり、習慣化されていることでもあります。

 またこれを地道に続けていると意外と、世の中にないサービスって結構頭の中で生まれてきたりするんですよ。これも一種のアンテナを張るということですよね。例えば、電車などの移動中は、基本的に経営者のメディア記事しか読まないです。またSNSも僕の中では、凄く沢山の情報を得られる重要な資源です。そしてここでお話させて頂いたことに紐づいているのですが、最近の成長は着眼点が変わったことです。

 アンテナを張り続け、着眼点が変わって何が起こったかというと、メディアやSNSでも有名な経営者さんとアポイントが取れました。正直送ることなら誰でも出来ます。ただ返信が返ってくるってことは、そんなにないはずです。さらに会うとなると凄く難しいとは思います。そこで何をしたかと言うと、需要と供給、僕の可能性について完結にお話しました。たったこれだけです。もっと分かりやすく言うと、文章で営業をしただけです。

 しかし、これからが一番正念場でもあるので、少しでも何か残せるように、当日までにしっかりと計画を詰めていきます。このようなことも最近あってか、より起業までのイメージが付くようになりました。少しではありますが、一歩一歩ずつ順調にことが進むように、これからも行動して参りますので、見守っていてください(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Riku Obara
社会人3年目|DtoC,Media,Advertising,Casting,Marketing|新卒ITベンチャーを7ヶ月で退職→SNSマーケベンチャー→東証一部上場グループ企業となる→社内MVP表彰→1年と2ヶ月で退職→起業