もとき理川

フリーのイラストレーター。ここでは大好きなフランスとの関わりや旅の思い出や日々の出来事などをのんびり綴ってまいります。 https://www.motoqui.com/

もとき理川

フリーのイラストレーター。ここでは大好きなフランスとの関わりや旅の思い出や日々の出来事などをのんびり綴ってまいります。 https://www.motoqui.com/

    マガジン

    • フランスと私 第二章「最初のフランス」

      1994年12月。 初めてのフランス旅の記録。

    • フランスと私 第一章「出会い」

      フランスとまったく接点のない離島に生まれ育つも、なぜか人生の所々で出くわす小さなきっかけに導かれるまま、気がつけばいつしかフランス好きに。

    最近の記事

    固定された記事

    フランスと私 第二章 「最初のフランス」

    フランスと縁があるはずなどない九州の離島で生まれ育ったにも関わらず、人生のところどころでフレンチ・カルチャーにひょんなきっかけで出くわし、30歳目前にしてこれまたひょんなきっかけでフランスへ旅することと相成った私。 ここまでのいきさつは、第一章「出会い」を: https://note.com/rica_motoqui/m/m98089bac0884 さて、初めてのフランス。 準備の段階から分からないことだらけで、ドキドキを楽しむ余裕もなかった。これまでの人生経験とありった

    スキ
    15
      • 第2章_#06_オルセー美術館とムッシュー・ツジ

        1994年、初パリ。初日。 朝9時くらいになってようやく周囲が明るくなってくる。 この日は夕方に、パリに短期留学中の友だち2人とひさびさに会う約束をしていた。B子さんと私の共通の友人だ。 「夕方まで何をしましょうか?」 初パリだもの、行きたい場所は山ほどある。が、パリはもう何回目か覚えてないくらいに旅慣れたB子さんは恐らくほとんどのスポットを制覇しているはず。初日から別行動はちょっとプレッシャーだから一緒に行動したい。となればB子さんの希望に合わせるのが一番いいと思われ

        スキ
        21
        • 第2章_#05_パリの朝は真夜中?

          さて、1994年の初パリ。 出国から数えて24時間以上寝ていないので到着日の夜は崩れるように就寝。しかしながら、体内時計はまだ日本なのか、夜中に何度も目を覚まし、ようやく寝入ったかと思った頃にもう朝7時のアラームが鳴る。 一人旅なら二度寝するところだがそうもいかぬ。 先に洗面所を使った方がいいだろうな。頭ボンヤリしたまま身体を起こす。 パリの朝。もうそれだけで感慨深い。 さあ、まずは朝日を浴びようと分厚いカーテンを開けた。 が、暗い。 なんと外はまだ真っ暗。星がキラキ

          スキ
          12
          • 第2章_#04_パリなのに中華(1軒目)

            さて、1994年パリ。ぎゅうぎゅうの地下鉄をオデオン駅で下車して、旅の先輩・B子さんの定宿『GRAND HOTEL DES BALCONS』にチェックイン。 GRANDって言うから巨大ホテルを想像しそうだが、二つ星の簡素なホテルである。生まれて初めてのパリのホテルの第一印象は「古くて地味」(笑)。 まぁ、幾度か訪れるうちにそれが味なんだと気づき、慣れてくると今度は日本のホテルの真っ白でツルンと無機質な感じが落ち着かなくなるから不思議。 ホテルについてはこの先でもう一回お話し

            スキ
            9

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • フランスと私 第二章「最初のフランス」
            もとき理川
          • フランスと私 第一章「出会い」
            もとき理川

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            第2章_#03_パリはラッシュアワー

            さて、1994年12月、パリ、シャルル・ド・ゴール空港に到着。 まずは空港からRER線(郊外とパリ市内を結ぶ鉄道網)に乗ってパリを目指す。初海外の私、旅慣れたB子さんに100%依存の旅だったので、正直、旅の細かいことは何も憶えていない。この時もRERのB線に乗ってどこで乗り換えたのか思い出せない。最終目的地がメトロ4番線のオデオン駅だったので、乗り換えは恐らく、北駅かシャトレ・レアール駅ではないかと想像している。かすかに記憶の片隅にあるのは、RERの改札を出られなかったか、

            スキ
            10

            第2章_#02_胸いっぱい腹いっぱいの国際線

            さて、1994年12月某日。旅慣れたキャリアウーマンB子さんと共に、機上の人となる。12時間後にはパリだなんて、まだ信じられない。 九州出身なので飛行機には数え切れないほど乗ってきたが、12時間もの長時間のフライトはもちろん初めて。1日の半分だ。一体どうやって過ごすのかイメージできない。とりあえずコートを脱いで頭上の物入れに仕舞い、飛行中に使う身の回りのものや本などを座席ポケットに入れるが、ポケットは小さいのですぐにパンパンになった。なるほど、噂には聞いていたがエコノミーク

            スキ
            10

            第2章_#01_初めての旅支度

            初の海外旅行。パスポートの申請から始まって準備段階から初めてのことばかり。外貨への両替もわくわく初体験。当時はまだユーロではなくフランスフラン(以後FF)。描こうと思い立つも今となっては手元にFF札など1枚もないから、ネットで画像検索して描いた。50FF札(¥1000位)肖像は「星の王子さま」の作者サン=テグジュペリ、100FF(¥2000位)肖像は画家のセザンヌ、200FF(¥4000位)肖像はエッフェル塔を設計したエッフェル、500FF(¥10000位)肖像はラジウムを発

            スキ
            12

            第1章_#08_きっかけはいつも何気ない

            さて、無期延期となったフランスへ絵の勉強をしに行く夢。 その後、結婚したり、会社の仕事も副業のイラストも忙しくなったりで、しばらく忘れていたが、ひと段落つくと思い出してしまう。ため息をつきながら、あ〜、フランス、行きたかったな~とウジウジ思い悩む日々。 日仏学院の早朝初級クラスはどうにか続いてはいたが、動詞の活用や時制はややこしくなるし、冠詞は今ひとつピンとこないし、覚える単語も増えて、なんとなく追いついてない感じ。 もうフランス語もやめちゃおうかな……フランスに行く当ても

            スキ
            14

            第1章_#07_飯田橋のフランスと潰えそうな夢

            さて、続き。お茶の水のアテネ・フランセで入門科を終えた。入門科はABCから基礎的な文法までで終わるクラス。赤ん坊が3歳児になった程度のことだから、次の初級クラスからが本当のスタートである。なのに、アテネ・フランセには初級以上の早朝クラスがない。残業が多いから夜のクラスは無理だ。困っていたら、クラスの事情通に、飯田橋の学校に早朝クラスがあると教わった。おお、それは朗報。 その学校は、日仏学院(現 アンスティチュ・フランセ東京)。上の絵は、日仏学院の敷地内にある書店の外観。フラ

            スキ
            11

            第1章_#06_お茶の水でフランス語を始める

            さて、引きこもってフランス映画ばかりを見ていた派遣事務員時代の20代半ば。そんな暮らしにもそろそろ飽きてきた頃、知人の紹介で、通訳の会社に正社員として就職をする。もちろん通訳などできるわけがない私の仕事は、クライアントと通訳の間でいろいろな調整をする仕事だった。 そこで初めて「帰国子女」と呼ばれる人達と出会う。普段は私たちと同じく日本語を喋る日本人なのに、仕事となると途端にネイティブ並みに流暢に外国語を操る。最初はそのさまにいちいち面食らったものだ。そしてそれは当然のことな

            スキ
            18

            第1章_#05_フランス映画を一生ぶん見た2年間

            高校卒業後に大学へ進学するため故郷を離れたものの、2年で中退。以後、服飾販売員~テレビ番組制作会社AD~モデルエージェンシーのマネージャー見習いなど、職を転々とする。つまり、フリーター。(当時はまだそんな言葉はなかった。でも最近もあまり聞かなくなったが。)あまり堅気でない仕事ばかり転々としていたので生活はめちゃくちゃ。25歳を過ぎたあたりでちょっと人間らしく暮らそうと人生の軌道修正を試み、人材派遣会社に登録をして事務員の職を得た。 朝9時に出社して、夕方5時には退社。最初は

            スキ
            8

            第1章_#04_堀内誠一が好き

            少し脱線する。今日は堀内誠一について書く。日本が誇るアートディレクター、エディトリアルデザイナー。日本の出版物にフランスの風を吹かせた最初の人。フランスと日本を語る上で欠かせない人だ。 1932年東京生まれ。1987年没(享年54歳)。1974年にパリ郊外のアントニーに移住。そこで、パリ在住日本人向けミニコミ誌『イリフネ・デフネ』(日本在住日本人でもフランス好きなら知らぬ者はいないあの『OVNI』の前身)の創刊に携わる。パリ在住中も、82年の帰国後も、日本とパリを行ったり来

            スキ
            11

            第1章_#03_たぶんはじめてのフランス映画

            そういえば、初めて見たフランス映画ってなんだっけ? と記憶を辿ってみた。たぶんこれ。「太陽がいっぱい(Plein Soleil)」。 ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン主演のこの映画、もちろん公開時の1960年にはまだ私は生まれていないから、テレビの洋画劇場で見たのだと思う。本作がテレビの洋画劇場で放映された記録をウィキペディアで調べてみた。69年4月TBS『金曜ロードショー』、72年12月フジ『ゴールデン洋画劇場』、77年1月日テレ『水曜ロードショー』、84年9月テレ朝『

            スキ
            19

            第1章_#02_永遠のバイブル

            小3でフレンチポップとの出会いを果たすも自然消滅。フランスとのご縁も潰えたように思えたが、小5で次の出会いを果たすこととなる。私にフランスを開眼させたのはこれ、池田理代子先生の「ベルサイユのばら」である。 なんだよ、ニホンのマンガじゃねーかよ、と思われたあなた、侮ることなかれ。これ読めば、フランス革命勃発までの経緯と王制崩壊までの流れが自然に理解できるのだ。中途半端な歴史本なんか足元にも及ばない。ついでに、名前と苗字の間に「de」がついてると貴族だ、みたいな雑学ネタまで身に

            スキ
            13

            第1章_#01_がいこくのレコード

            九州の離島で生まれ育った。人口3万人と言ったら島の中ではまぁまぁの規模であるが、しょせん島は島、田舎は田舎である。情報源はもっぱらテレビとラジオと雑誌。それらで見聞きする以外の情報は完全に遮断されていた。でも、日本全国、いや世界中が似たり寄ったりの状況だった。地域差というよりは、そういう「時代」だったのだ。昭和30~40年代。今みたいに片手に指一本の操作で世界中と繋がる時代が来るなんて誰も想像できなかった時代。 さて、そんな島には、毎年4月になると島の出張所に異動で県庁の職

            スキ
            10

            フランスと私 第一章「出会い」

            「ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し...」と萩原朔太郎は言った。そのあとの時代を生きる私たちにとって、少し距離は縮まってフランスはそんなに遠くなくなったけれど、今またとても、いや、さらに遠くなってしまった。次はいつ行けるのか。自分の年齢を考えたら、もう行くことはないのかもしれないとさえ思えて、やりきれない気持ちになる。 私はこれといって特別な趣味がない。会社員時代は絵を描くのが趣味だったが、それが仕事になってしまったからとりあえず無趣味。ただ、ちょっと小

            スキ
            14