フランスと私 第一章「出会い」

9
固定された記事

フランスと私 第一章「出会い」

「ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し...」と萩原朔太郎は言った。そのあ…

第1章_#01_がいこくのレコード

九州の離島で生まれ育った。人口3万人と言ったら島の中ではまぁまぁの規模であるが、しょせん…

第1章_#02_永遠のバイブル

小3でフレンチポップとの出会いを果たすも自然消滅。フランスとのご縁も潰えたように思えたが…

第1章_#03_たぶんはじめてのフランス映画

そういえば、初めて見たフランス映画ってなんだっけ? と記憶を辿ってみた。たぶんこれ。「太…

第1章_#04_堀内誠一が好き

少し脱線する。今日は堀内誠一について書く。日本が誇るアートディレクター、エディトリアルデ…

第1章_#05_フランス映画を一生ぶん見た2年間

高校卒業後に大学へ進学するため故郷を離れたものの、2年で中退。以後、服飾販売員~テレビ番…

第1章_#06_お茶の水でフランス語を始める

さて、引きこもってフランス映画ばかりを見ていた派遣事務員時代の20代半ば。そんな暮らしにも…

第1章_#07_飯田橋のフランスと潰えそうな夢

さて、続き。お茶の水のアテネ・フランセで入門科を終えた。入門科はABCから基礎的な文法まで…

第1章_#08_きっかけはいつも何気ない

さて、無期延期となったフランスへ絵の勉強をしに行く夢。 その後、結婚したり、会社の仕事も…