ケン・リュウ「太平洋横断海底トンネル小史」日本が太平洋戦争やらかさなかった世界線の果てで愛を叫ぶ
記事に「#ネタバレ」タグがついています
記事の中で映画、ゲーム、漫画などのネタバレが含まれているかもしれません。気になるかたは注意してお読みください。
見出し画像

ケン・リュウ「太平洋横断海底トンネル小史」日本が太平洋戦争やらかさなかった世界線の果てで愛を叫ぶ

リューゴンス

物語は、この話の主人公「ロートルの掘り屋」である「おれ」の語りで始まる。それは麺屋のアメリカ人ウエイトレス、ベティとの馴れ初め。彼は海底トンネルの掘削作業員として働く中で少しずつ人間性を失ってきていたのだが、ベティとの交わりの中で回復していく。彼には過去に指揮したトンネルでの事故で作業員を見殺しにした心の傷がある。それをベティに話した翌日、そのトラウマに決着をつけるために彼はある行動を起こす…という筋、結末は暗示的なぼかした書き味でなかなか上手いと思う。
特筆すべきはこのストーリーの中に差し挟む形で実際の歴史とは少し違う所謂パラレルワールドの史実が語られてあること。簡単に言えば、第一次世界大戦の後、日本を過度に締め付けることを列強がせず、そのため日本は覇権主義でなく「平和的上昇」に転じ、米英と平和的共存に成功し、世界恐慌での経済危機を克服するための太平洋横断海底トンネルが昭和天皇より発案されたというもの。
この捻った時代設定が、主人公の物語と相互作用して全体のストーリーを面白く読ませていると思いました。

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やほ!
リューゴンス
自由人です。平和主義。時々作曲、ベース弾く。巨匠の技術を学ぶべく名著の冒頭を写経したり、観たアニメやドラマを解析します。さすらいの購買部資材課。サプライチェーニスト。ロジスティッカー。コントラクティスト。バンド活動はBigdaddysとANYなど。現在無期限停止中だが近日復活予定