箱根駅伝2018-2区a

ピッチとストライド 箱根駅伝2区2018

トップランナーの「ピッチとストライド」がどの程度なのか情報としてではなく、計測して知りたかった。

箱根駅伝の2区をハイスピードカメラで撮影して、キャリブレーションしてピッチ、ストライド、速度を計算してみた。

上位7名の内、1位を除いた6選手の平均は以下のとおり。

ストライド=137[cm]
ピッチ =196[rpm]
速度 =3分43[秒/km]

私はピッチは、190[rpm]で練習しているからピッチは変えなくてよさそう。

スピードアップするには、ストライドを伸ばせってことだ!

インターバル走では、ピッチは190固定でストライドを伸ばす練習だ。

トップランナーはスピードの変化をピッチを変えずにストライドで調整するんだって。

ちなみにトップは東洋大学の選手。先行逃げ切り作戦なのか、序盤からトップスピード!

4番手は神奈川大のエース!鈴木選手。ピッチが一番高いので心肺機能が強そう。今後の成長が楽しみ♬

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteでのサポート収益は、他ユーザーのnoteの購入に使います。

ありがとう!コメントも是非!!
2
整体師 ◆元プログラマー(画像計側など) ◆転職活動中(アプリ開発、IoT、整体、ランニングなど) ◆2018彩湖ウルトラ70kmを7時間11分でゴール。 ◆2018上尾シティハーフを100分でゴール。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。