マガジンのカバー画像

<NSCA-CSCS:要点まとめ講座(全40話)>

40
『NSCA-CSCS』の取得を”本気で”目指す方のために要点をまとめました。独学で挑戦しているけれどもちょっと心が折れそう…という方をサポートできたら嬉しいです。
¥4,980
運営しているクリエイター

記事一覧

”お試し編”《CSCS講座⑴》NSCA-CSCSについて

「トレーナーとして、より高度な知識を習得したい!」 そんな想いはありませんか? またトレ…

500

《CSCS講座⑵》身体構造(筋肉)

今回は「身体構造(筋肉)」についてです。 筋肉の構造や筋収縮の仕組みを学ぶことは、運動学…

500

《CSCS講座⑶》身体構造(心臓血管/呼吸器)

今回は「身体構造(心臓血管系&呼吸器系)」です。 心臓の構造を含む全身の血液の流れは、試…

500

《CSCS講座⑷》バイオメカニクス(テコの原理)

今回はバイオニクス編として「筋肉のテコの原理」について紹介していきます。 これは運動の原…

500

《CSCS講座⑸》バイオメカニクス(直線・回転の計算式)

 今回はバイオメカニクスにおける「直線および回転運動時の考え方」を紹介していきます。 仕…

500

《CSCS講座⑹》筋力に関わる因子

今回は「筋力に関わる因子」についてです。 筋力を発揮していく過程では、大きく分けると7つ…

500

《CSCS講座⑺》トレーニング抵抗の種類

今回は「トレーニング抵抗」についてです。 一言でトレーニングといっても、フリーウェイトやマシンスタック、摩擦式、油圧式など、抵抗のかけ方には様々な種類があります。 それぞれの種類におけるメリット・デメリットをきちんと理解し、使い分けられるようにしていきましょう。 <①重力の負荷>最も一般的な負荷のかけ方が「重力」の活用です。 いわゆる”重さ”は、 重量(weight)=質量(mass)✖︎重力加速度(9.8m/s2) によって表されます。 重力の作用線は常に地面

スキ
4
有料
500

《CSCS講座⑻》生体エネルギー機構

今回は「生体エネルギー機構」についてです。 こういった生理学の分野はその複雑さゆえに、苦…

500

《CSCS講座⑼》エネルギーおよび酸素摂取とパフォーマンス

今回は「エネルギーおよび酸素摂取とパフォーマンスの関係性」についてです。 体を動かす源と…

500

《CSCS講座(10)》内分泌の構造

今回は「内分泌の構造」についてです。 成長や運動において、内分泌の存在は欠かせません。 …

500

《CSCS講座(11)》ホルモンの種類

前回の記事では、内分泌の基本構造についてまとめました(詳細はこちら)。 今回は「ホルモン…

500

《CSCS講座(12)》無酸素性トレーニングへの適応

今回は「無酸素性トレーニングへの適応」です。 (*有酸素性トレーニングについてはこちら)…

500

《CSCS講座(13)》有酸素性トレーニングへの適応

今回は「有酸素性トレーニングへの適応」です。 *無酸素性トレーニングについてはこちら 有…

500

《CSCS講座(14)》持久力を高める方法

今回は「持久力を高める方法」についてです。 持久力を高める上では「ただやみくもに走る」のではなく、「体の適応を踏まえて走る」ことが大切です。 キーワードを抑えて紹介していきましょう。 「⑴インターバルトレーニング(高強度インターバル:HIIT)」インターバルトレーニングは、競技選手の身体的パフォーマンスを改善するうえで、最も効率のよい運動の形です。 そもそもスポーツは、短い休息を挟みながら高強度の運動が断続的に行われる形式が多い傾向にあります。 そのため、十数キロを

スキ
6
有料
500