めぐ@詩のソムリエ

詩が幼い頃から好きな「詩のソムリエ」です。詩の楽しみ方を広げています◎|東大で詩の研究|教材を開発する多忙な会社員生活をへて「感性をだいじに、潤いある日々を生きたい」と退職・2020独立|詩にまつわる執筆・詩を食べるレシピ・詩のWS・企画展|1989生まれ博多っ子|相互フォロー
    • こどもと詩

      こどもを育てる中で、詩を実感・発見したことをつづっています。

    • レシピ付きエッセイ🍳 詩を食べる「ポエジオ食堂」

      詩を文字通り「味わう」には、詩を食べてみるのがいちばん。ポエジオはエスペラント語で「詩情」のこと。詩からインスパイアされたレシピを紹介します。

    • 詩のワークショップ

    • 出演情報・アーカイブ

      ラジオ・テレビ、雑誌などの出演情報をアーカイブしています。

    • おすすめの詩

      今週の詩、おすすめの詩のまとめです。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

あらためまして、こんにちは。 #自己紹介

こんにちは。めぐ@詩のソムリエです。 noteを読んでくださっている方、お仕事でご一緒してくださっている方、いつもありがとうございます!いまさらながら、自己紹介を書…

鯉のぼりの、その先/まど・みちおさんと自己肯定のはなし (こどもと詩②)

来るぞ!初節句3月、4月生まれの男の子の親を悩ます行事がある。それは「初節句」。 わが子も生まれたばかり。産後ダメージを受けたまま24時間体制のお世話と細切れ睡眠で…

【詩を食べる】春の夜の窓は開けて(矢沢宰)/ひそやかな文旦ゼリー

ここは、詩情を味わう架空の食堂「ポエジオ食堂」―詩のソムリエによる、詩を味わうレシピエッセイです。春の夜は、ほかの季節とまたちがう味わいがあります。その詩情を味…

【詩を食べる】此處で人間は大きくなるのだ(山村暮鳥)/豊作を祈るシードケーキ

ここは、詩情(ポエジオ)を味わう架空の食堂「ポエジオ食堂」―詩のソムリエによる、詩を味わうレシピエッセイです。春は種まきの季節。土を耕す豊かさを雄大にうたった詩…

詩のソムリエ、母になる/新川和江「赤ちゃんに寄す」(こどもと詩①)

3月下旬、ついに出産予定日。入院バッグに詰めたのは、新川和江さんの詩集。表題作「わたしを束ねないで」で有名な新川和江さんは、夫との出会いや妊娠出産についてすばら…

【詩を食べる】なにもなかった春のためのサラダ/サラダとり白きソースを(北原白秋)

ここは、詩情を味わう架空の食堂「ポエジオ食堂」―詩のソムリエによる、詩を味わうレシピエッセイです。春は恋の季節と言われるけれども、「さみしい春」だった場合はどう…