見出し画像

サブカルシリーズ 恐怖新聞

メンバーがセレクトした映画漫画その他をご紹介します。

【恐怖新聞】
70年代にオカルトブームを巻き起こした つのだじろう氏の作品。当時のチャンピオンコミック単行本では丁寧に「恐怖コミック」と書かれており、間違えて買わないよう配慮がされている。余談だが手塚治虫のブラックジャックの単行本まで恐怖コミックと書かれており、途中でちがうな、とヒューマンコミックと直されていたのは有名。

内容は主人公鬼形礼のもとに1回読むと寿命が100日縮まる恐怖新聞が届く話。話ごとに白の頁やら紫の頁やらジャンル分けがされており、UFO話や雪男話まで出てきて読み応えがある。見所は除霊シーン。優秀な霊媒師がついてくれたのに、2度とも鬼形礼の軽率な動きで失敗してしまう。最後には主人公が死んで何故か恐怖新聞の配達員となるとこで終わる。最後まで救いようのない話である。

特徴はなにせ絵が怖い。うしろの百太郎は若干綺麗な絵になり比較になりません。冷汗のリアル感といったらありません。あまりの怖さに母親に漫画を捨てられた思い出があります。特にポルターガイストはどうやって描いたと思うほどの迫力。続編で女の子を主人公にした恐怖新聞Ⅱもありますが、チープすぎて別物と思った方が良いでしょう。音楽もそうですが、やはり全盛期の作品はなかなか超えられないもののようです。

おススメとしては姉妹品 亡霊学級とセットで読んでみましょう!
次号はホラー映画編
「死霊の盆踊り」をお届けします。乞うご期待!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
日本のひねくれポップの最高峰!XTCやビーチボーイズ、ビートルズが好きなら必聴です。 https://poscrette.wixsite.com/plasticsole
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。