おおきなカ    ブ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

おおきなカ    ブ

今日で3月も終わり。
あっという間の3か月間。
新型コロナウィルスのお陰で、
すべてが変わりつつある。

在宅勤務が一気に働き方の主流を
獲得する勢い。

飲食店は軒並み極めて厳しい環境に
さらされている。

誰がこれを正月の時点で予想できた
だろうか・・・?

しかし、起こったことをとやかく
言っても無意味。
粛々とやるべきことをやる。
そうすれば、いざ落ち着いたときに、
飛躍が待っているはずである。

正月というと、いつも色々な楽しみが
あるが、新聞広告をながめるのが
ひそかな楽しみの一つだったりする。
日本を代表する大手企業やブランドが、
かなり気合の入った形で、メッセージ、
クリエイティブをぶつけてくるからだ。

「一年の計は元旦にあり」
とばかりに、企業の大きな方針や
ブランドにかける思い、
商品の広告ではなくて、
あくまでも企業そのもの、
ブランドそのものから発せられる
メッセージが、
競うように出稿されているのだ。

未だに新聞を購読しているなんて、
時代錯誤と思われる向きもある
かもしれない。
何でもネットで済む昨今、
確かに新聞がなくても困らない。
それでも購読し続けているのは、
ネットだけに依存するのが何となく
怖いから。
知らず知らずのうちに、自分がアクセス
する記事の趣味嗜好が反映されて、
自分が目にするコンテンツが
「最適化」され、
心地のよい言説しか入ってこなくなる、
そんな恐怖を時折感じるのである。

必ずしも毎日は読んでいない新聞、
今日はたまたま在宅なので、
パラパラと目を通していたところ、
面白い広告に行き着いた。

画像1

パナソニックが、『おおきなカブ』を
モチーフに、自社で開発したと思われる
「パワードウェア」を紹介している。

正直なところ、これを見て思ったのは、
「一本取られた!」
あるいは
「座布団1枚!」
である。

きっと日本国民の大多数、少なくとも
新聞購読層の大多数が知っているで
あろう『おおきなカブ』をモチーフに、
ストーリーの中ではみんなで力を
合わせてやっと抜けたはずのカブを、
おじいさんが軽々と持ち上げている。

「おおきな力(ちから)」を与えて
くれる「パワードウェア」が、それを
可能にしているということを、
見事なまでに簡潔に、パッと見て
誰もが理解できるよう表現している。

高齢者に希望を与えてくれるような
内容を、このタイミングで出稿する
という点も、パナソニックさすが!
と言いたくなるではないか。

業績が今一つ安定せず、株価も決して
好調とは言えないパナソニックだが、
広告宣伝のうまさ、表現の卓越性には
いつも注目しており、今回もまた
よい勉強をさせてもらった。

自分はクリエーターではないので、
直接こういった広告を作る立場には
ないが、こんなステキな作品を
クリエーターに提案してもらえる
ようなブリーフィング(広告制作上
の要件をまとめて依頼すること)が
できるよう、日々精進である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ahiraga

己に磨きをかけるための投資に回させていただき、よりよい記事を創作し続けるべく精進致します。

メルシ~!
マーケターを生業として20年超、化粧品や生活雑貨のカテゴリーで豊富な経験と実績を積んできた。 ビジネスでも人生でも、マーケティングの原理原則を学ぶことが極めて有用、いや不可欠だ。 そんな信条の下、マーケティングの基本を学ぶセミナーを主宰、noteでも毎日発信継続中。