松下哲也

近現代美術史の研究をしています。学会的な意味での専門はアカデミック美術やイギリスのロマン主義絵画を中心とするコテコテの美術史ですが、もともと現代アートを勉強していたので、雑誌などではそっち方面の文章を書くことが多いです。
固定された記事

日本の造形文化の伝統はアートと相性が悪いかもしれない

前口上以前Twitterで「美術鑑賞には教養が必要だ」と言ったら炎上しました。「美術」は「自由学芸(リベラルアーツ)」つまり西洋における教養科目に数えられる一制度の訳…

200

博士号は取った。その後はどうやって生きればいいのか? と悩んでいてもしかたがないので電子書籍で読める松下の最近の仕事をま…

 僕も多くの読者の皆さまと同じく新型コロナウイルスの影響で「自粛」を「要請」されて収入が激減したり、遠隔授業に関して、ある非常勤先からむちゃくちゃな内容の「対応…