イーネオヤの編み手 pilaring(ぴらりん)

トルコのレース編み、縫い針1本で編むイーネオヤの技法を使っていろいろ編んでいます。

編む前に、糸を切り出した時に糸の状態を整えるべし。左右にピンと張り、親指で何回か弾くようにする。よれてた糸が真っ直ぐになり、撚りも整う。化繊糸もこの時に出来るだけ伸ばしておき、オヤ結びをする時に伸びる遊びを極力抑えるようにする。最小単位の糸を先ずは整える。

上達するには、編む糸は絹(シルク)糸と化繊糸を行ったり来たりした方が良い。絹糸だけだときっちりしっかりしたオヤ結びになっているかわからないし、化繊糸だけだと美しい編み地に編めているかわからないから。正しく結べてないと化繊糸だと解けてくるし、絹糸では編み地にスキルが如実に現れる。

編む時は動かすのは右手だけにしない。左手と分業で編む。イーネオヤを編む動作は単純な編み目だからこそ微妙な調整を結び目毎に自然に行なっているのが現状。複雑な動きを右手だけでは安定して実現できないから、左手との分業で負担を軽く、お互いで支え合って編む。

ループを編む時に、高さを出すために針を差し込んだり指で糸を押さえたりする必要はない。そうしなければ出来ないのは、基礎のキのオヤ結びができてへんからやで。出したい高さで手首を動かす。これだけでループは編めるし高さも揃う。全ては基礎のキのオヤ結びができてるかどうか。

基本の山の辺を整えるには、渡糸の長さの調整が必要。が、渡糸の長さを意識して編むのは難しいから、次の段に上がった時の最初の結び目をどの位置に編むかを決め打ちする。下の段の山、ループの頂点に必ず結ぶようにすれば、勝手に渡糸は一定になる。

ただ編みたいモチーフだけを編んでるだけでは上達せえへん。上手に編めるようになる為には、正しいオヤ結びになる糸の動きを知ること、編み方を手続き記憶として身体で覚えることが大事やで。できてへんうちにただ量産するのは、ゴミを増やすことと自分は思ってる。