動く城のフィオ

夢は「バーチャルで生きていける世界を作りたい!」 引きこもりだけど、VRでリモートワークしてます! VRcitizen / Vtuber / HIKKY Inc. CVO / VirtualMarket&ComicVket&MusicVket Founder&Organizer

動く城のフィオ

夢は「バーチャルで生きていける世界を作りたい!」 引きこもりだけど、VRでリモートワークしてます! VRcitizen / Vtuber / HIKKY Inc. CVO / VirtualMarket&ComicVket&MusicVket Founder&Organizer

    マガジン

    • バーチャルマーケット

      バーチャルマーケットに関するnoteをまとめました。

    最近の記事

    • 固定された記事

    そろそろ「バーチャルで生きていく。」を始めよう。

    自分が世の中に対して役に立てることはなんなんだろう。と、常に考えています。まずは、HIKKYのCVOとして、VketやComicVket、MusicVket、Vketβなどの事業を軌道に乗せ、それによって「バーチャル空間がより豊かになり、人々の生きる選択肢を増やすこと」が何よりの役割です。 また、個人としても、バーチャル空間の企画屋として、水面下で様々な企画を進行していたりします。 この2年で何が変わった?Vket1の開催から、そろそろ2年が経とうとしています。 2年前に

      • メタバースの語源を探る。「スノウ・クラッシュ」読んでみた

        メタバースなんもわからん2021年10月にFacebookがMetaに名前を変えて「メタバースに注力する」と宣言したことで、メタバースという言葉がバズワードになりました。 色々な人が「これがメタバース」「メタバースとは」を語っていますが、私には何が正しいのか分かりません。全部間違っているような気もするし、全部広義にはメタバースと言える気もする…。 「どういう風にメタバースという言葉と付き合っていこうかな…」と悩んでいたので、「メタバース(作中では『メタヴァース』)」という

        • 名乗りを上げろ

          特定の領域で成功したいのであれば、「名乗りを上げる」のはとても大事なことだと思います。 まずは、狭い界隈で、狭い領域のNo1になることです。No1とNo2の間には、天と地ほどの差が生まれます。No1は常に記憶に残りますが、No2は記憶に残りません。 日本の服の会社でNo1といえばユニクロですが、No2を思い浮かべられる人は少ないでしょう。 もっと身近なVR関連の例で言えば…

          • 狂ってるくらいでちょうどいい

            世の中、頭がおかしい位がちょうど良いよなぁというお話。 人間の脳の構造は、「男は狩りをして動物を狩って、女は木の実を集めて、定住することなく放浪していた原始時代」から、ほとんど変わっていないそうです。 世界は危険で溢れていたので、 「危険を察知する能力に長けていて、危うきには近寄らないタイプの人類」が生き残り、 「危険を察知する能力が低くて、危険に立ち向かっていったタイプの人類」は淘汰されて、今に至るということです。 変化や挑戦を恐れるのは人間の根源的な生存戦略のシステ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • バーチャルマーケット
            動く城のフィオ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            新入社員のためのお金の心得

            4月から新入社員の皆様、 社会人デビューおめでとうございます! 仕事は楽しいですよ〜! 人生の三分の一は働いていると言いますから、楽しくやるのが一番です。 大変なことはたくさんあると思いますが、全て「良かった」と思える時が必ず来ますから、今の自分にできることと精一杯向き合っていってくださいね。 今日は、新社会人にとって役に立つであろうお金の話をします。 日本人は凄くお金のリテラシーが低いように感じます。これまでの義務教育、高等教育でも、おそらく習ってこなかったでしょう。

            小さく始めてゆっくり育てる、リスク分散の為の収入ポートフォリオと複業についての考。

            今日は、私の副業収入のポートフォリオを公開して、収入のリスク分散について解説していきたいと思います。 皆さん、副業、していますか? 私自身は「副業」という言葉そのものはあまり好きではなくて、どちらかというと「複業」という言葉をよく使います。 というのも「本業」「副業」という分け方、すなわち「本来の仕事」と「そうではない仕事」という分け方自体が、これからの時代の価値観には合っていないと思っているからです。 ・日本の所得水準は低下して続けてきた。 ・これからも低下し続けていく

            有料
            500

            病気に罹る度に死を思う。自分は世界に何を遺せるだろうか?

            よーっす。 まだギリギリ青年期のフィオっさんだよ〜 先日、人間ドックに行きまして、あちこち検査してきました。 昔から身体が弱くて、なおかつ遺伝的な血中脂質異常症を持っているので、漠然と「自分は一般的な人よりも早く死ぬんだろうな」という感覚を持っています。「取り返しのつかない病気にかかるのも人よりも早い」という確信めいたものがあって、それゆえに定期的に人間ドックに行くのです。 「多分早死にするし、病気もする」星の下に生まれたであろう直感はありつつも、それを甘んじて受け入れ

            「海外ユーザーとどう付き合うべきか」について、アバター作者の生存戦略を考える

            今更感はありますが、個人的なVket5の振り返りも交えて「我々は海外ユーザーとどのように向き合っていくべきなのか」について、フィオの考え方をまとめてみました。 繰り返しになりますが「発言は個人の意見であり、所属組織を代表するものではありません。」 結論「顧客としていくべきである」いきなり結論ですが、これは長い目で見た時の結論です。 今はまだ難しい所が多いかもしれないけれど、確実にそういう未来が来るでしょう、ということです。 まずは、日本のマーケットと海外のマーケットを比

            有料
            500

            「Vtuberを辞めてYoutuberを始める」裏に秘めた「バーチャル拡大戦略」について語る

            先日の動画、およびnoteで表明した通り、バーチャル×ビジネス/教育系Youtuberとしての一歩を踏み出し始めたフィオですが、ちゃんとした理由があります。 というのも、フィオが取り組んでいる現在のやり方では、バーチャル世界の発展・広がりに欠ける、と思ったからなのです。 今現在、VR界隈(また随分と主語がデカイなw)だったり、VR界隈の外からVRに未来を感じている人や企業は、主に「今現在のVR市場」を狙っているな〜 と感じています。

            【台本】Vtuber引退します

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            【決意表明!】心機一転Youtuberを始めるフィオのソーシャルメディアとの付き合い方

            バーチャル世界からこんにちは! よーっす、フィオっさんだよ~ 2018年2月20日にVtuberデビューしたフィオですが、2021年2月2日に、物理的おじさんからフィオという名と姿の美少女おじさんに転生してちょうど3年が経ちました。そこで、こんな動画を出しました。 なんのこっちゃ。 疑問はごもっとも…w Vtuber辞めてYoutuber始める理由については、2021年2月20日00時にプレミア公開したこちらの動画👇でお話しておりますので、是非ご覧下さい。 「Yout

            近々、大きな発表がありますゅ もうすぐ3周年だからね! 大事件が起きます お楽しみに!

            海賊版アバターとの終わりなき戦いについて考える

            アバターの違法配布、なかなか無くならないですね。 今回は、海賊版アバターのこれまでとこれからを考えてみたいと思います。 ※この記事は単体で購入することもできますが、月額プラン「バーチャルで生きていく(月額980円)」に加入することでも購読することが可能です。 VRChatと海賊版アバターの関係について

            有料
            580

            2021年も生き延びていきましょう

            あけましておめでとうございます! 2020年も色々なチャレンジをしました。 結果は出たり出なかったり様々なのですが、いつも誰かに支えられていました。感謝を忘れずに、2021年も挑戦し続けていきたいと思います、 2020年振り返り年初にこんな志を立てていました。 ①Vketをやる ②健康になる ③英語をやる ④Vtuberやる ⑤クリエイターであれ

            「できない」という妄想の檻から脱出する方法

            長年の夢だった「日本語ラップで音源(曲)を出す」を達成しました! この楽曲、そしてMVの完成に至るまでには、多くのフレンドの支えと協力がありました。 私はただ「歌を歌って」「撮影されて」「動画をアップした」だけです。 ※このnoteは最後まで無料で読めます まずは感謝を。私が「ラッパーになりたい!」と度々TL上で言っていたら「なりましょう!」と背中を押してくれたあの子°ちゃん。企画全体の進行をしてくれたけてるりんちゃん、音源や動画の撮影から編集まで監督してくれたtktちゃ

            発作をやりました

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます