いなだ易

同人誌を作ります。

いなだ易

同人誌を作ります。

マガジン

  • ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』

    ハロプロ楽曲エッセイ集同人誌『いちいち言わないだけだよ。』の予告や紹介です。2020夏頒布予定。

    • ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』

最近の記事

コモンロー批判文学としての『嵐が丘』 と夫婦同姓合憲最高裁決定に寄せて

『嵐が丘』の悲劇:結婚と法『嵐が丘』の悲劇――ヒースクリフによる復讐劇は、彼の最愛の人・キャサリンの結婚から始まる。 なぜ、キャサリンは誰よりも大切なヒースクリフではなく、隣家の息子(言ってしまえばぽっと出の)エドガーと結婚したのだろうか? 『嵐が丘』最大の疑問を考えるとき、私たちは18世紀イギリスにおける家族法を知らなければいけない。当時の結婚がいまの結婚と同じものだと思ってはいけない。 婚姻は、集団の規範を束ねた法という装置が創出するシステムにすぎず、社会状況が変われば

    • 『チクタク 私の旬』の問題性と、手遅れになる前に呪いを解こうと試みること

      先日Twitterのタイムラインを見ていたらこんなやりとりがあって、びっくりした。 『チクタク 私の旬』は作詞家・児玉雨子のキャリア最初期の楽曲だが、同曲の発表後現在まで、児玉雨子の提供曲がハロプロにおいてどのように展開してきたかを紹介したい。 キャリアのはじまりハロー!プロジェクトは結成以来、所属アイドルはつんく♂の総合プロデュースの下にあり、ほぼ全ての楽曲の作詞作曲をつんく♂が手がけてきたが、その体制は2015年に大きく転換した。2014年につんく♂が総合プロデューサ

      • 【巻頭言】ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』

        はじめにこの本は、女性アイドル集団・ハロー!プロジェクト(通称・ハロプロ)の楽曲にまつわるエッセイ集であり、シンプルに言えば、「ハロプロ曲と私たちの人生」をテーマにした同人誌です。 1997年のモーニング娘。結成以来、23年もの年月をかけて、のべ150名を超えるメンバーたちが、2000曲近くの人生を歌い継いでいる。それがハロプロです。 ハロプロの楽曲は、その多くが日常の些細で真剣な悩みや恋、ただそこにある生活の一幕を歌ったもので、所属メンバーたちはそれらをステージ上で

        • 【ハロプロ楽曲エッセイ集】テーマ曲発表&通頒予約開始のお知らせ

          さて、かねてからお伝えしていた ハロプロ楽曲にまつわるエッセイ集 『いちいち言わないだけだよ。』 無事に発行できそうです!めでたいな~~! 8月22日(土)超スパコミの開催が決まったので、予定通り会場で頒布します。 サークル名「てぱとら委員会」、6号館D B 09b、ジャンルは創作一般(実録/エッセイ)です。 念願の夏インテ、感染症対策等を尽くして参加します。 ただこの情勢下、大規模イベントへの参加や遠征は難しいですよね……。 そこで、イベント終了後すぐ通信頒布を開始

        コモンロー批判文学としての『嵐が丘』 と夫婦同姓合憲最高裁決定に寄せて

        • 『チクタク 私の旬』の問題性と、手遅れになる前に呪いを解こうと試みること

        • 【巻頭言】ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』

        • 【ハロプロ楽曲エッセイ集】テーマ曲発表&通頒予約開始のお知らせ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』
          いなだ易

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【ハロプロ楽曲エッセイ集】企画ページのご紹介〈Part2〉

           お久しぶりです。ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』の告知第三弾です。  8月22日(超スパコミDay-1)の頒布開始に向けて、紙面が着々と仕上がっております!はやく手元に本が欲しい!  今回は、さらなる企画のご紹介。Part1でご紹介した読み物企画に対して、こちらはビジュアル重視のページです。 ハロプロ曲を爪先に宿すネイルカタログ、題して 「おねがいネイル’20」 ハロプロ曲は人生のお供だけど、日々には音楽を聴けない時もある……。 そこで、大好きな

          【ハロプロ楽曲エッセイ集】企画ページのご紹介〈Part2〉

          【ハロプロ楽曲エッセイ集】企画ページのご紹介〈Part1〉

          ・はじめに ハロプロ楽曲エッセイ集同人誌『いちいち言わないだけだよ。』の予告に対し、わたしたちの想像を超えるあたたかい反応を頂いたこと、とてもうれしく思います!  今回は「ハロプロ楽曲と共に生きる」をテーマに制作した企画ページの概要について、編集中の紙面をチラ見せしつつご紹介しようと思います。(ネタバレ見たくない方は読み飛ばしてください、、)  「ハロプロ曲と人生の交錯点」を綴るエッセイ集の付録として、膨大&バラエティ豊かなハロプロ曲をもっと知り、楽しむための実践的な企画

          【ハロプロ楽曲エッセイ集】企画ページのご紹介〈Part1〉

          【予告】ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』

          ・ごあいさつ はじめまして。いなだ易と申します。このたび私は、モーニング娘。をはじめとする女性アイドル集団・ハロー!プロジェクト(通称:ハロプロ)の楽曲にまつわるエッセイ集を発行しようと計画しています。  シンプルに言えば、「ハロプロ楽曲と私たちの人生」をテーマにした同人誌です。  1997年のモーニング娘。結成以来、23年もの年月をかけて、のべ150名を超える所属メンバーたちが、1500曲以上の女の人生を歌い継いでいる。それがハロプロです。多種多様なハロプロ曲と、それぞれ

          【予告】ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』