見出し画像

感覚問題


先日、もうひとつの職場で座布団のワークショップが開催されました。


どうしても作ってみたくて、参加者の方全員が終わってから個別にやらせて頂きました。

毎月実演は見ていたので要領はわかるかと思いきや、全くできませんでした。


職人さんは皆、”自分にもできそうじゃん!”と思わせてくるのです。
いかにも簡単そうに進めていくから。


だから、見ているだけではわからなかった技術の凄さを
改めて感じることができました。



やり方を説明してもらっているとき、こんな言葉がありました。


”少し控えて合わせてください”

”触って均等になるように敷いていってください”

”だいたいこの辺りを...”

etc...


こういう 感覚 で進めていくことが、どの技術仕事も一緒だなぁと感じました。

普段、縫製でも同じように手の感覚で調整することが多々あります。いや、全てにおいて加減は必要ですね。


だから技術はやり方までしか教われない。

あとは自分の努力次第ということになる。


誰にも負けないくらいの努力をして、誰にもできない自信があるから
ああやって人前で実演もできるし、ワークショップもできるのだなと。

職人はそうでなければいけないなと痛感。

自分の技術に自信を持ち、満足はせず挑戦し続ける。



私は誰よりもきれいな縫製を仕上げられるよう、安心して仕事を出してもらえるような縫製を目指す。これは私が縫いました!って堂々と言えるように。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

thank you!!
1
愛知で縫製の修行をしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。