コミックエッセイ

14

恋愛も仕事もダメダメだったのに、うまくいくようになった方法【エッセイ漫画】



「この人は私に何をくれるか」
が基本でいると、幸せになれないんですよねえ。

実はこの漫画は「めっちゃ精神病だったのに今はプロのイラストレーターしてる話」シリーズ用に描いたものです。
前の漫画はこちら。
 ↓

1月18日(月)、日付変わった午前0時に次の漫画をTwitterにアップします。
Twitterやってらっしゃる方はよろしければ。
 ↓

ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
8

やる気が起きない時の対処法

不定期に「やる気が起きない症候群」がやって来る。
もうそういう時は「やる気の起きなさ」に身を委ねている。

「こんなダラダラしてちゃダメ!」
「あれもやらなきゃ! これもやらなきゃ!」
と思っていると、さらにやる気が起きず、体を起こせない時間が長引くからだ。

そういえば前にこんな漫画を描いたことがある。

もうわたしはやる気が起きない時は全力でスマートフォンアプリのゲームをやったりする。こんなに

もっとみる
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
9

【不器用恋愛エッセイ4コマ】おじさんとねんちゃん。(4)最終回(一部だけ再掲)

色々あって全話を載せられなく
なってしまった幻のエッセイ4コマ
「おじさんとねんちゃん。」を
一部だけ再掲します。
手元にあるデータはこれで終わりです。

ひとつ前はこちら↓

ルールにのっとり
なるべく「おじさん」を
載せないようにしているため、
途切れ途切れの掲載です。
※事情はこちらでご覧ください

なんとなく補足を入れておきます。

201↓

205↓

207↓

208↓

209↓

もっとみる
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
5

【不器用恋愛エッセイ4コマ】おじさんとねんちゃん。(3)(一部だけ再掲)

色々あって全話を載せられなく
なってしまった幻のエッセイ4コマ
「おじさんとねんちゃん。」を
一部だけ再掲します。

目指せ! 書籍化!
基本的にセリフが多いのですが、
書籍化の際にセリフを削ることも
ぜんぜん可能です!(媚びるスタイル)

ひとつ前はこちら↓

ルールにのっとり
なるべく「おじさん」を
載せないようにしているため、
途切れ途切れの掲載です。
なんとなく補足を入れておきます。

もっとみる
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
8

【不器用恋愛エッセイ4コマ】おじさんとねんちゃん。(2)(一部だけ再掲)

色々あって全話を載せられなく
なってしまった幻のエッセイ4コマ
「おじさんとねんちゃん。」を
一部だけ再掲します。

再掲の経緯はこちら↓

(1)はこちら↓

ルールにのっとって掲載すると
ほぼ載せられないので、
(2)はいきなり63本目から始まります。
バラバラに載せるので
話が繋がっていません。
(補足は書きます)

【補足1&前回のあらすじ】
ねんちゃんの境界性パーソナリティ障害が爆発し、

もっとみる
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
6

【エッセイ漫画】めっちゃ精神病だったのに今はプロのイラストレーターしてる話

24年間、境界性パーソナリティ障害という
精神障害(疾患)だったわたしが
自力で病気を克服し、
今はプロのイラストレーターとして
生きている過程をまとめてみました。

何をしてきたのか、
どういう思考に変えたのか、
みたいなのを漫画で説明しています。

どなたかのお役に立てれば幸いですが、
向き不向きがあると思うので、
お役に立てなかったらすみません。

元々はインスタで細々と連載していたものです

もっとみる
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
6

【不器用恋愛エッセイ4コマ】おじさんとねんちゃん。一部再掲のお知らせ



かつて一部界隈で伝説を作った
エッセイ漫画
「おじさんとねんちゃん。」を
一部noteで再掲することにしました。

といっても彼(おじさん)が
載っていない4コマなど
マジでほとんどないので、
めちゃくちゃ話が飛びます。

載せられるものを探していたら
初期の作品はあまりにも
載せられないものが多い
(おじさんがやたら出てくる)ので、
以下のルールをつくりました。

1. おじさんが「顔アイコ

もっとみる
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
6

【鉛筆漫画】わたしを殺しにくる悪魔とわたしを救うヒーローの話(エッセイ?)

※看板の絵と中身の漫画のクオリティが違います。
ご了承ください※

わたしは3年くらい前、
境界性パーソナリティ障害を
完全に寛解(かんかい)するまでは
こんな感じの人でした。

今はパッカーンと突き抜けて
いろんな活動ができるので、
記録としてここに残しておきます。

よくよく考えたら、
病気を寛解する前は
「暗い人」だった訳じゃなく、
当時から心の中に
「暗い自分」と
「明るい自分」が
存在し

もっとみる
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
9
ヤッタ〜〜ありがとうございます!(だんだんは島根の方言・出雲弁です)
5