蜷川有紀  - Yuki Ninagawa -

画家、女優。1978年、つかこうへい版『サロメ』にて、3000人の中から主役に選ばれ女優としてデビュー。2008年個展『薔薇めくとき』で情報文化学会・芸術大賞受賞。2017年『薔薇の神曲』では3m × 6 mの超大作を発表し話題を呼ぶ。
    • エッセイいろいろ

      • 5本

      映画、本、アートのこと、そのとき折々に感じたことや、考えたことを書いたエッセイいろいろ集めてあります。

    • Dante project プロダクションノート

      • 7本

      蜷川有紀が挑んでいる超大作の発表までの過程の制作秘話を綴ります。

    • 演じるように描きたい

      • 4本

      創作のルーツを探るエッセイです。演じること、描くこと。年代を追いながら綴ります。

  • 商品の画像

    Yuki Ninagawa オリジナルマスク - 渦巻く薔薇

    サイズ:M(縦13.5cm × 横16.5cm) 素材:ポリエステル92% / スパンデックス 8% 個別包装にてお送りいたします。 使い捨てではなく、洗濯して繰り返し使用可能です(中性洗剤で手洗い、室内陰干し)。 ※一度洗ってからお使いください 注意:本製品は医療用ではございません。また完全に観戦を防ぐものではございません。飛沫対策用品としてご利用ください。
    1,200円
    yuki ninagawa - oyukibo shop -
  • 商品の画像

    YUKI NINAGAWA Art Chair -浄罪山の麓で- ※現在注文を一時停止しております。

    ※現在注文を一時停止しております。 サイズ 幅 : 46.0cm 奥行 : 56.0cm 高さ : 82.0cm 重量 約3.5kg 素材 座面 : PP樹脂 脚 : スチール 蜷川有紀氏のライフワークであるダンテ『神曲』をテーマにした作品です。 魂を浄化する煉獄の山を登っていくダンテとウィギリウスを描いています。ウルトラマリンブルーが深い思索に誘います。 ●座面は高精細インクジェットによる画面出力で再現しています。1点1点日本人技術者により手作業で加工したアート作品です。 【注意】 ・全て⼿作業になりますので、商品によって画像⾯の位置のズレなどが発⽣する場合があります。同⼀商品をご購⼊いただいても、全く同じものにはなりません。 ・あくまでアート作品なので、椅⼦としての機能を満たしてはおりません。座ったり、上に物を置いたりすると、画像⾯の剥離やキズ、割れ等が発⽣する場合があります。 ・⽔に濡れる場所、湿度の⾼い場所などは避けてください。画像⾯の剥離や割れ、脚のサビなどが発⽣する原因になります。 ・脚はスチール製ですので、経年でサビなどが発⽣する場合があります。 ※ご注文いただいてから1点ずつ制作するためお届けまでに約1か月かかります。
    168,300円
    yuki ninagawa - oyukibo shop -
  • 商品の画像

    YUKI NINAGAWA Art Chair -ベアトリーチェの不思議な薔薇- ※現在注文を一時停止しております。

    ※現在注文を一時停止しております。 サイズ 幅 : 46.0cm 奥行 : 56.0cm 高さ : 82.0cm 重量 約3.5kg 素材 座面 : PP樹脂 脚 : スチール 蜷川有紀氏のライフワークであるダンテ『神曲』をテーマにした作品です。 ダンテの最愛の女性、ベアトリーチェと情熱の薔薇が描かれた鮮やかな赤が印象的な華やかな椅子です。 ●座面は高精細インクジェットによる画面出力で再現しています。1点1点日本人技術者により手作業で加工したアート作品です。 【注意】 ・全て⼿作業になりますので、商品によって画像⾯の位置のズレなどが発⽣する場合があります。同⼀商品をご購⼊いただいても、全く同じものにはなりません。 ・あくまでアート作品なので、椅⼦としての機能を満たしてはおりません。座ったり、上に物を置いたりすると、画像⾯の剥離やキズ、割れ等が発⽣する場合があります。 ・⽔に濡れる場所、湿度の⾼い場所などは避けてください。画像⾯の剥離や割れ、脚のサビなどが発⽣する原因になります。 ・脚はスチール製ですので、経年でサビなどが発⽣する場合があります。 ※ご注文いただいてから1点ずつ制作するためお届けまでに約1か月かかります。
    168,300円
    yuki ninagawa - oyukibo shop -
  • もっとみる
固定された記事

演じる仕事をおやすみして、絵を描いているしあわせ。そう、演じるように描きたい。そのルーツを探ってみる。#001

わたしは、1960年、詩人・水野陽美の長女として横浜に生まれました。 父は、水野陽美(詩人)Akiyoshi Mizuno(1926-1977) 大正15年1月27日、横浜生まれ。雑誌森林派を主…

シューマンピアノ四重奏曲変ホ長調第三楽章Op.47 を聴きながら。

https://www.youtube.com/watch?v=6VsLshXUyio シューマンピアノ四重奏曲変ホ長調第三楽章Op.47 この曲を聴いていると、冬木立のなかを母と二人でお散歩した時間を思い出…

角川武蔵野ミュージアム探訪記

都心から車で50分。関越自動車道の東所沢を降り、雑木林や畑のなかに物流倉庫が立ち並ぶ一帯を5分ほど進むと忽然と古代遺跡のような建物が現れる。これが隈研吾氏設計の角…

Art chair をつくってみた。毎日がもっと楽しくなるように。

2021年は、ダンテ没後700年です! ここ数年来チャレンジしているダンテ『神曲』をテーマにした超大作第二弾-煉獄篇-の発表を昨年の5月に予定していたのですが、残念な…

篠田版の『沈黙-silence-』をみる。

 友人のエッセイシスト三浦暁子さんのペトロ岐部という安土桃山時代から江戸時代初期にかけてのカトリック司祭についての文章を読んだのがきっかけで、その時代のキリシタ…

泥棒詩人ジャン・ジュネの「女中たち」

2020年3月、日に日に感染者が増えていく新型コロナウィルスのことを考えていたら、なぜかジャンジュネの『女中たち』を思い出した。ひょんなことから発想が飛んでしまう。…