蜷川有紀  - Yuki Ninagawa -

1978年、つかこうへい版『サロメ』にて、3000人の中から主役に選ばれ女優としてデビュー。現在は、画家として活動中。2008年個展『薔薇めくとき』で情報文化学会・芸術大賞受賞。2017年『薔薇の神曲』では3m × 6 mの超大作を発表し話題を呼ぶ。
    • Dante project プロダクションノート
      Dante project プロダクションノート
      • 7本

      蜷川有紀が挑んでいる超大作の発表までの過程の制作秘話を綴ります。

    • 演じるように描きたい
      演じるように描きたい
      • 4本

      創作のルーツを探るエッセイです。演じること、描くこと。年代を追いながら綴ります。

    • 「薔薇日和」準備中
      「薔薇日和」準備中
      • 0本
      • ¥100

      昨年、集英社から上梓した『ここから始まる』第二章「薔薇日和」の続編です。っていうか、メモになります。同人句集「かいぶつ句集」にも掲載されています。なんとなくの日々を綴っています。 現在準備中ご期待ください。

固定された記事

演じる仕事をおやすみして、絵を描いているしあわせ。そう、演じるように描きたい。そのルーツを探ってみる。#001

わたしは、1960年、詩人・水野陽美の長女として横浜に生まれました。 父は、水野陽美(詩人)Akiyoshi Mizuno(1926-1977) 大正15年1月27日、横浜生まれ。雑誌森林派を主…

Art chair をつくってみた。毎日がもっと楽しくなるように。

2021年は、ダンテ没後700年です! ここ数年来チャレンジしているダンテ『神曲』をテーマにした超大作第二弾-煉獄篇-の発表を昨年の5月に予定していたのですが、残念な…

篠田版の『沈黙-silence-』をみる。

 友人のエッセイシスト三浦暁子さんのペトロ岐部という安土桃山時代から江戸時代初期にかけてのカトリック司祭についての文章を読んだのがきっかけで、その時代のキリシタ…

泥棒詩人ジャン・ジュネの「女中たち」

2020年3月、日に日に感染者が増えていく新型コロナウィルスのことを考えていたら、なぜかジャンジュネの『女中たち』を思い出した。ひょんなことから発想が飛んでしまう。…

青い薔薇の旅

想いもよらないこと わたしたちは皆、時の旅人。いまは、全員で不思議な世界に突入。 こんな世界に突入するなんて、この絵を描いているときは、想いもよらなかった。それ…

ダンテ『神曲』煉獄篇の超大作もう少しで完成です。

2015年の秋から描きはじめた地獄篇をイメージした超大作『薔薇のインフェルノ』(3m×6m)は、2017年に汐留にあるパークホテル東京で発表しました。〈地獄篇〉とイベント…