おうか

ただの一般人です
    • 生きていくということ
      生きていくということ
      • 3本

      私が生きてきて思ったことなど。主に毒親関連の記事になります。

久しぶりに親に連絡したら「人生にひとつもいい事がなかったから終活する」と言われた話

先日のことだ。私の仕事関係のことで久しぶりに母親と連絡をとった。 私の母親と言う人は不幸という環境と性格的なものからくる言動のせいで、とにかく人に恵まれない人生…

無題

このnoteというものを使い始めて数ヶ月。なにか望んでいた訳では無いけれど、思った以上に私の書いた記事に興味を示してくれる人は少なかった。「そりゃあそうか」と今なら…

赦すということ

私は明日、誕生日を迎えて32歳になる。母から虐待を受け、逃げるように結婚し、親元から距離を置いてやっと10年だ。 残念ながら、この10年で母のことを忘れたことは無かっ…

心の中に住んでいる小さな私の話

人は子どもの自分と納得してさよならができたとき初めて大人になれるのではないだろうか。最近私はそんなことを思うようになった。玩具を買って貰えなくて床を転げ回る子ど…

居場所の話

8月31日という日は学生にとっては特別な日だ。その特別は人によって受ける感情が異なる。友達と会えるのが待ち遠しい人、休みが終わるのが寂しい人、宿題が終わっていなく…

毒親の話①

 私の母は私のことを正しい意味では愛していない人でした。女性という性別で生まれた私は価値がなく、お金がかかるくせに役に立たない、というのが母の言い分でした。  …