見出し画像

OB-Talk 02 「めくるめくカレンダーと本の世界」

概要

OTAブックアートが企画する、本の可能性の追究を目的にしたオンライン・トークイベント OB-Talk、第 2 回のゲストは、グラフィックデザイナーの橋詰冬樹さん。「めくるめくカレンダーと本の世界」というテーマで、本を追究してみます。

印刷物であり、多くの場合〈めくる〉行為が発生するという点で、カレンダーと本は共通点を持っているように見えます。この両方の制作において様々な経験をお持ちの橋詰さんをゲストに迎え、カレンダーと本の共通するところや境界線を探りたいと思います。
橋詰さんが手がけた制作物を中心に、実例を見せていただきながら繰り広げるトークに、ご期待ください!

トーク中に、質問を受け付けられるようにしますが、事前にいただいたリクエストもトークに反映していきたいと思います。今後の OB-Talk で扱うテーマについても、随時大募集中です。(ページ下部のコメント欄からお願いいたします。)
皆さんと本の新たな可能性を追究していくことを楽しみにしています!

→チケット購入ページはこちら

詳細

OB-Talk 02
「めくるめくカレンダーと本の世界」

日時
2020年5月2日(土)14:00–15:30(13:30 開場)

ゲスト
橋詰冬樹(グラフィックデザイナー/TOR DESIGN)
1986年生まれ、長野県出身。武蔵野美術大学覚伝達デザイン学科卒業後、凸版印刷株式会社を経て、2017年、TOR DESIGN(トールデザイン)設立。 昭和女子大学非常勤講師。
NY TDC、全国カレンダー展 経済産業大臣賞・金賞・銀賞、グレゴール国際カレンダー展 金賞・銀賞など受賞多数。カレンダー・書籍デザインを中心に印刷物をよく作ります。

聞き手
太田泰友(ブックアーティスト/OTAブックアート)
1988 年生まれ、山梨県育ち。ブック・アーティスト。OTA ブックアート代表。
2017 年、ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学(ドイツ、ハレ)ザビーネ・ゴルデ教授のもと、日本人初のブックアートにおけるドイツの最高学位マイスターシューラー号を取得。同年、東京に OTA ブックアートを設立。
国内の主な作品収蔵先に、うらわ美術館(埼玉)、株式会社竹尾(東京)など。欧米では、ドイツ国立図書館やスタンフォード大学を始め多くの作品をパブリック・コレクションとして収蔵している。2016 年度、ポーラ美術振興財団在外研修員(ドイツ)。

参加費
¥1,000 /人 (→チケット購入ページはこちら
(※チケットご購入時に入力していただく氏名と、オンライン配信入場時のお名前が一致するようにお願いいたします。もし、入場時に使用するお名前が実際のご氏名と異なる場合には、購入ページのお支払い方法選択画面にある備考欄に、入場時に使用するお名前をご記入ください。
セキュリティ対策として、入場時にお名前を確認させていただきます。)

参加方法(必ずご確認ください)

● ビデオ会議サービス Zoom を使用して、イベントを開催します。Zoom アプリをダウンロードの上、ご参加ください。
● 購入時にご入力いただいたメールアドレスに、オンライン配信をご覧いただくのに必要な情報をお送りします。
● チケット購入締め切りは、2020年5月2日(土)10:00。
● 入場時、参加者の皆さまがミュートになるよう設定しております。トークを円滑に進めるため、特別に必要な場合を除いて、ミュート設定でご参加くださいますようお願いいたします。(参加者の音が入ると、配信方法の性質上、トークが聞こえにくくなります。)
● チャット機能を使用して、質問を受け付けられるようにします。
● 参加者は、ビデオをオンにしていただいても、オフにしていただいても構いません。(入場時はオフの設定にしてあります。)
● 入場時、主催者による許可制をとっているため、開場時間 13:30 から順番にお名前の確認と許可の作業を進めさせていただきます。スムーズにトークを始めるために、トーク開始 5 分前までを目安に、早めにご入場いただけますようお願いいたします。

注意・確認事項(必ずご確認いただき、ご了承いただいた上でご参加ください。)

● 主催者側でトークの内容を収録させていただきます。後日、場所を変えてトークの内容を公開する可能性がございます。(※全く同じ内容で無料公開することはございません。チケットご購入者が損をした気持ちにならないように配慮した上で、本の追究に有意義な使い方をしたいと考えています。)
● トークの進行を著しく妨げる行為を主催者が見つけた場合、強制的に退出していただく場合がございます。
● チケットの性質上、主催者の都合によるイベントの中止を除いて、原則、チケットの払い戻しには対応しかねます。
● 参加者による、配信の録画は禁止させていただきます。
● イベント開催直前または開催中に、運営側のアクシデント等で参加者に急を要したご連絡が必要な場合、OTAブックアートの Twitter アカウント @otabookarts でお知らせしますので、何かあった場合にはご確認ください。

オンライン配信のセキュリティ対策について

● ビデオ会議サービスのアップデートを確認しながら、最新の対策を講じます。
● 入場時、主催者側の許可が必要な設定にします。その際、チケットご購入時のお名前と入場時のお名前を照合します。
● トークの進行を著しく妨げる行為があった場合、強制退出等で対応します。

トークのリクエスト募集中!

● 今回のトークの中で扱ってほしい内容や聞いてみたいことがある方は、このページのコメント欄、または、チケット購入時の備考欄にご記入ください。当日のトークの参考にさせていただきます。
● 今後の OB-Talk で扱うテーマについても、リクエストを募集しています。note のコメント欄や、OTAブックアートの各種 SNS でも受付中です。

→チケット購入ページはこちら




☞ OTAブックアート オフィシャル・ウェブサイト
☞ OTAブックアート ブログ OB-log
☞ OTAブックアート ショッピングセンター

☞ Twitter @otabookarts
☞ Twitter @Yashitomo
☞ Facebook @OTABOOKARTS
☞ Facebook @yasutomoota
☞ Instagram @otabookarts
☞ Instagram @yasutomoota

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
ドイツの現代ブックアート、最高学位であるマイスターシューラー号を取得したブックアーティスト太田泰友が、東京に設立したスタジオ。本の新たな可能性を追究しています。

この記事が入っているマガジン

OB-Talk 歴代のまとめ
OB-Talk 歴代のまとめ
  • 4本

OB-Talk 01 から、歴代の記録です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。