スクリーンショット_2018-05-18_0

なぜ会社はUXデザインの重要性をわかってくれないのか?と思った時に【UX Tokyo Hangout】

「会社がUXデザインの重要性を分かってくれない、、」
こんな言葉が口癖になっていませんか?

優れたUXデザイナーはユーザーに対して
「ユーザーが私のUXデザインを分かってくれない、、」と愚痴を言うでしょうか?

普段は「ユーザー目線」で優れた価値を提供しようとしているUXデザイナーも、こと上司や他部門に対しては「相手の目線」で考えること放棄しがちです

UXデザイナーは本来「相手の目線」に立って価値を提供するスキルに優れています。

ましてや、この問題の対象のユーザーは声をかければすぐユーザーインタビュー出来る距離(社内)にいます。

やりたいことが出来てないのであれば、「自分というUXデザイナーの価値」を相手に伝えるために、その能力をフルに利用するべきです。

※下記のスライドは「2018/5/18の"UX Tokyo Hangout"」で登壇させていただいた際の資料です。

合わせてお読みください

■【初心者向け】UXデザインの始め方を知りたい

■共感から実験についての簡単な解説


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
37
サービスを作っているデザイナーです。世のため人のため、楽しくサービスを作れたらいいなーと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。