株式会社おりなす設計室/タブチカズマサ

【建築デザイン×住環境×省エネルギーの専門家】 九州・鹿児島の建築設計事務所|住宅・事…

株式会社おりなす設計室/タブチカズマサ

【建築デザイン×住環境×省エネルギーの専門家】 九州・鹿児島の建築設計事務所|住宅・事務所・福祉施設・宿泊施設etc.|高断熱高気密建築の企画・設計・シミュレーション|温熱環境・省エネルギー計画のアドバイザー|省エネ建築診断士|パッシブハウス・ジャパン賛助会員

マガジン

  • ドイツ・スイスから知る絶望と希望

    2024年4月、環境先進国ドイツ、そしてスイスへの視察の模様を書き溜めています。 日本の建築性能は世界に劣るのか。エネルギー自立できるのか。これから取り組むべき事はなにか。 住宅・建築・都市計画・エネルギー政策について、省エネルギー建築の設計に携わる建築家の視点からまとめています。

  • これまでの賃貸・分譲住宅はどうなる?

    賃貸・分譲住宅などの省エネ性能に関する法改正が2024年4月から施行されました。それについて省エネ建築を手がける側としての気づきなどをまとめています。

  • これからのオフィス、これからの職場環境

    設計・監理させて頂いた事務所建築の事例を通じて考えた「これから」のオフィスや職場環境についてまとめました。

  • 高性能建築イノベーションセミナー講演まとめ

    2023年10月06日に開催した「地域社会における高性能建築のイノベーションセミナー」の講演内容をnote用に再構成してまとめたマガジンです。 全7パートに分かれていて単体での購入も可能です。 序盤の2パートは無料なので単体でご覧ください(このマガジンに入れると無料で見れなくなる仕様なので外してあります)。 マガジンで購入して頂くとちょっぴりお得です。

最近の記事

ドイツ・スイスから知る絶望と希望④

このnoteはこんなあなたにオススメ。 1:これから住宅・建築の新築やリノベーションを予定している。 2:欧州のエネルギー政策について知りたい。 3:欧州の建築や都市計画について知りたい。 フライブルク市役所 街を歩き、フライブルクの歴史について伺いながら、市役所に向かう。 フライブルク市役所は、この視察の中でも最も刺激的な存在のひとつとなった。 再生可能エネルギー(ここでは太陽光パネル)をファサードデザインに見事に落とし込んだ事例。 市役所のエネルギー需要が大きい時間

    • ドイツ・スイスから知る絶望と希望③

      このnoteはこんなあなたにオススメ。 1:これから住宅・建築の新築やリノベーションを予定している。 2:欧州のエネルギー政策について知りたい。 3:欧州の建築や都市計画について知りたい。 フライブルク 視察初日はフランクフルト空港からフライブルクへ。 フランクフルトからバスで約3時間。 フライブルクはドイツの南部。スイスとの国境に近い。 フライブルクという場所は建築と環境について理解を深めるには絶好の場所と言える。 しかし、せっかくなのでその事例を紹介する前に欧州のま

      • ドイツ・スイスから知る絶望と希望②

        このnoteはこんなあなたにオススメ。 1:これから住宅・建築の新築やリノベーションを予定している。 2:欧州のエネルギー政策について知りたい。 3:欧州の建築や都市計画について知りたい。 フランクフルトの街並み 成田発フランクフルト着。約14時間のフライト。 フランクフルトに着いたのは夕方でまだ外は明るかったので、電車でフランクフルト中央駅へ。中央駅はドイツ国内やその他欧州都市へのハブになっている主要駅で大変混雑していた。 意外だったのは、道端にポイ捨てされたタバコの吸

        • ドイツ・スイスから知る絶望と希望①

          このnoteはこんなあなたにオススメ。 1:これから住宅・建築の新築やリノベーションを予定している。 2:欧州のエネルギー政策について知りたい。 3:欧州の建築や都市計画について知りたい。 ドイツ・スイスへ行く 2024年04月、ドイツ・スイスに視察に行く機会を頂いた。 都市計画・再開発・公共建築・戸建住宅・集合住宅・循環建築、そして最新の断熱材事情まで、1週間ほどかけて様々な視察先をまわる。 ドイツはフランクフルトに到着してから南部のフライブルクへ。 スイスはチューリッ

        ドイツ・スイスから知る絶望と希望④

        マガジン

        • ドイツ・スイスから知る絶望と希望
          4本
        • これまでの賃貸・分譲住宅はどうなる?
          2本
        • これからのオフィス、これからの職場環境
          2本
        • 高性能建築イノベーションセミナー講演まとめ
          5本
          ¥2,500

        記事

          これまでの賃貸・分譲住宅はどうなる?②

          この記事は ①賃貸・分譲住宅を探している方 ②賃貸住宅のオーナー或いは管理をされている方 にオススメです。 前回のあらすじ 前回は賃貸・分譲住宅に関する法改正とそれを通じてどのような変化が起こるかをまとめました。 これからは賃貸・分譲住宅の需要が高まる? 新築住宅価格の高騰は長らく続いており、これまでと比べてどんどん個人が住宅を取得しにくい状況が続いています。 こんな状況の中、注目を集めているのは「リフォーム・リノベーション」。 新築住宅にかかる費用 > 中古住宅購

          これまでの賃貸・分譲住宅はどうなる?②

          これまでの賃貸・分譲住宅はどうなる?①

          この記事は ①賃貸・分譲住宅を探している方 ②賃貸住宅のオーナー或いは管理をされている方 にオススメです。 賃貸住宅や分譲住宅についての法改正がスタート 2024年4月から賃貸住宅などに関する新たなルールがスタートしました。 超ざっくりした内容は以下の通り。 賃貸・分譲住宅等の「省エネルギー性能」の表示を努力義務化するよ 対象の住宅等には「ラベル」が発行されるよ 貸事務所やテナントビルも対象になるよ ※詳細について知りたい方は下記よりご確認ください。 この法改正

          これまでの賃貸・分譲住宅はどうなる?①

          これからのオフィス、これからの職場環境(論理編)

          情緒と論理 さて、前回は「これからのオフィスってこういうのがいいと思って設計・デザインをしたよ」という内容をお届けしました。 今回は、もうちょっと深く掘ってみる「論理編」という事で 「設計の最中でどんな検討をしていたのか」 であったり 「おりなす設計室だからできること」 などをまとめてみたいと思います。 完成時のプレスリリースでは 「環境配慮建築」 とご紹介頂きましたが、 「なにをもって環境配慮建築と言えるのか」 についても整理します。 意匠と性能のバランスは初手で

          これからのオフィス、これからの職場環境(論理編)

          これからのオフィス、これからの仕事環境(情緒編)

          これからのオフィス設計・監理を担当させて頂いたオフィス建築が1月末に竣工し、開所式から早くも1か月が過ぎました。 ↓↓開所式の様子はコチラをご覧下さい↓↓ 設計者として、企業のミッション・ビジョンを体現するための建築の在り方を考えるのはもちろんですが、一方で「リモートワークの浸透によるオフィス利用機会の減少」や「建築の持続可能性」といった世の中の流れを踏まえ、「これからのオフィスを建てる」という事にも向き合いました。 帰りたくなくなるオフィスリモートワークが進んでいる会

          これからのオフィス、これからの仕事環境(情緒編)

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part7

          有料
          700

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part7

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part6

          有料
          700

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part6

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part5

          有料
          500

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part5

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part4

          高性能賃貸住宅(プロトタイプ)現在、ニセコ町の分譲集合住宅が建築中でしたが、同じ町内には高性能な賃貸住宅が既に存在しています。 ニセコ町には「高橋ニセコ牧場」という大きな牧場があり、この牧場の経営者、高橋さんは、「(株)ニセコまち」という会社の社長でもあります。この牧場には乳製品の加工場や販売所があり、チョコレートの製造なども行っています。平日であっても多くの車が訪れるほどの人気です。 この牧場には北海道外からの新入社員も入社するそうですが、冬場の北海道の積雪に慣れないた

          有料
          500

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part4

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part3

          ニセコ町が挑むこれからのまちづくりニセコ町の開発エリアは、かつて農家が畑として利用していた土地です。 畑を管理していたご夫婦とその跡継ぎ予定のお子さんが相次いで亡くなり、結果として耕作放棄地となってしまいました。 この状況を受けて、ニセコまちが「持続可能なまちづくり」の一環として、この土地の再利用を提案。そこから新たな計画が始動しました。

          有料
          500

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part3

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part2

          なんでニセコの話??ニセコは北海道の南部に位置し、新千歳空港から約2時間半の距離にあります。冬には世界でも類を見ないパウダースノーが降り積もるエリアで、スキー愛好者からは聖地とされており、特に海外からの訪問者にとってニセコでのスキーはステータスとして認識されています。このエリアには、外資系の企業が高級ホテルやコンドミニアムを建設しており、街並みは日本らしさを感じさせないものとなっています。 しかし今回の話の中心は、そんなきらびやかなニセコエリアの中の小さな町、ニセコ町です

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part2

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part1

          はじめに10月06日に鹿児島市のマークメイザンにて開催した 「地域社会における高性能建築のイノベーション セミナー」。 私が夏に北海道で体感してきた北海道ニセコのまちづくりとその根幹を担う高性能建築についてのアレコレをお話させて頂きました! 当日は、鹿児島県内で日々住宅や建築に取り組む設計事務所・工務店・建設会社、その他にも金融機関・行政機関の方々など20名以上の方々にお越し頂きました。 ご来場頂けなかった方々や改めて内容を振り返りたいという方々に向けて、当日の模様の音声

          「高性能住宅・建築セミナー」の模様をお届け! part1

          10/06 鹿児島市で高性能建築セミナーやります!

          設計事務所・工務店向けのセミナーイベント開催します! 2023年9月、ご縁で「北海道ニセコ町」まで視察研修に行ってきました。 そこで得ることができた 「官民連携のまちづくり」 「高性能住宅の存在価値」 「高性能賃貸住宅」 「高性能公共建築物」 についての情報の数々。 その学びをいち早く、自分の地域の設計事務所・工務店の皆さんに共有しなくては!と居ても立っても居られず、帰りの道中でイベントを企画しました。 さらに、ニセコ町で見てきたものだけでは無く、自分自身がこれまで見てき

          10/06 鹿児島市で高性能建築セミナーやります!