見出し画像

令和5年「お正月のお知らせ」

小野照崎神社

年の瀬も深まり、気が付いたら年明けはすぐそこですね…!

毎年恒例となる「年越の大祓式」は、12月31日の午後4時より本殿前にて執り行います。

どなたでも参列が可能なお祭りとなっていますので、今年の納めに是非ご参列ください。
一年の納めにお祓いをして、清々しく新年を迎えましょう!

また、元旦深夜の午前0-2時頃まで、お焚き上げ神事を行いながら、お神酒や福寿・甘酒の振舞い等、氏子青年会の奉仕によりご参拝の皆様と賑々しくお迎えをしております。

この記事では当社の年始めの祭事、御祈祷、授与品など、新年はじめのご案内を申し上げます。
明年のはじめに、清々しくご参拝頂ければ幸いです。


◆「授与所の受付時間」のお知らせ

元旦:午前0時~午前2時迄  午前8時~午後6時頃迄
※御朱印の授与は午前8時から。元旦深夜は授与品のみの頒布になります。
2日 : 午前9時~午後5時頃迄
3日 : 午前9時~午後5時頃迄

4日 以降は通常通り、午前9時~午後4時迄となります。
このページの下部に「新春の御朱印のお知らせ」もご用意しておりますので、是非ご覧ください。


◆「新春特別祈祷」のお知らせ

一月いっぱいを新春特別祈祷期間と定め、特別な神札や御下がりご用意してお待ちしております。
年の初めにご昇殿をいただき、御神前にて清々しくお参りください。

混雑が予想されますので、余裕をもってお電話でご予約いただければ幸いです。

<神社社務所 03-3872-5514 予約可能時間9:30-15:30>
※正月の境内への駐車は、ご遠慮いただいております。

◆「初詣バスツアー」のお知らせ

1月8日(日)10時より、氏子青年会主催の「初詣バスツアー」を行っております。

今年は、当社からはじまり、靖国神社・代々木八幡宮・上目黒氷川神社の4社を回って正式参拝を納める、年の初めの賑々しい初詣♪
お誘い合わせの上、奮ってご参加ください!

申し込みは社務所まで(お電話でも承ります03-3872-5514)


◆「初夢開き」のお知らせ

皆様の新年の抱負を夢絵師が無料で絵馬に描く、"お参り"と"お祈り"のワークショップ。
名称も「夢詣」から「初夢開き」と改めての再出発です。

新春にあたって心と夢と明日を開く、清々しいお参りを頂ければ幸いです。

1月7日(土)10:00~16:00
1月9日(月)10:00~15:30

今年も特別な記念品をご用意してお待ち申し上げます♪

終了後には本殿にて、描かれた新年の夢の成就、そしてご参加いただいた皆さまが健やかな一年でありますようにと正式な形で神様に奏上してお祈りを申し上げます。(ご参列はできません)

無料でご参加が可能ですので、奮ってご参加ください。



◆「お正月の御朱印」のお知らせ

◆「笑門来福」特別御朱印

初穂料 1200円(1月1日~末日までの授与・書き置きも有)
※帳面に直接押印させて頂きますが、正月期間(15日まで)は「書き置きのみの対応」とさせていただきます。

御祭神の小野篁公、御配神の菅原道真公と、神社の動物たちから心を合わせて新年のご挨拶♪

晴れやかに赤と銀の箔押しで仕上げた新年の御朱印です。

特別御朱印のテーマは「笑門来福」
福笑いを由来につくられた和製熟語で、「門」には「家族」や「一族」、一門や名門という言葉にもあるように「特定の集団」を指す言葉としても使われます。

笑う門(かど)には福きたる!
今年も和やかに笑顔がいっぱい溢れる、良い年にしたいですよね🗻

中央には立派な鏡餅がそびえます。

お正月飾りとして定番の鏡餅は、新年に家々を来訪するといわれる「歳神様」をはじめとした神々に捧げる供物でもあります。

本年も皆さまのご参拝をお待ちしております🎵


◆「迎春」特別御朱印

初穂料 1200円(1月1日~末日までの授与)※書き置きのみ

お正月の風物詩「獅子舞」をモチーフとした「迎春」特別御朱印。

獅子舞は「邪気払い」や「疫病退散」の意味を持つ正月の縁起物です。

当社の獅子頭も、正月9日まで本殿前にお飾りしておりますので、この機会に是非ご覧ください!

動物たちも、それぞれに芸を披露して、賑やかに芽出度く新年の訪れを祝います。

そして、最前列には“寅”の字を持つ、当社にもご縁のあるあの方の姿も登場…♪
大きく寿詞も添えた賑々しい御朱印となりました✨

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。


◆「初詣」特別御朱印

初穂料 1500円(1月1日~末日までの授与)※書き置きのみ

新しい年を迎えて、力いっぱい大海原に漕ぎだす御祭神の小野たかむら公と動物たち!

躍動感のある波は、葛飾北斎の名画『富嶽三十六景ふがくさんじゅうろっけい 神奈川沖浪裏かながわおきなみうら』をイメージしたものです。

御配神の菅原道真公も、船出を空から祝福しています🎵

こちらの御朱印のテーマとして掲げられているのは、御祭神の小野たかむら公が参議篁さんぎたかむら」という名で登場する『百人一首』に撰された名歌

「わたの原 八十島やそしまかけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人あまの釣舟」

【意味】(篁は流罪の刑を受けて)大海原に広がる島々を目指して、立派に船出をしたと都の人々へ伝えてくれよ、漁師の釣り船よ

こちらは篁公の詠まれた歌の中で最も有名な、篁公を代表する歌でもあります🖌

流罪になった篁公が都に別れを告げる、旅立ちの哀愁と孤独な情景が浮かぶ悲しいものですが、御朱印では真逆に読み替えて、全力でポジティブな「新しい旅の始まりに力いっぱい漕ぎ出る篁公と仲間たち」を描きました!

この御朱印は5色の箔が輝く当社の御朱印の中でも特別なもの…5色の箔がどこに使われているか是非探してみてください♪

後にその圧倒的な能力を惜しまれ、流罪になってから1年と少しで異例の早々の放免をされた篁公は、朝廷の中心で要職を歴任して大躍進を遂げ、今にも残るさまざまな逸話を残すことになります…🌊


今年もたくさんのご参拝をいただきありがとうございました。

大晦日の年越の大祓式に、お正月には新年のご祈祷。
また、正月限定の授与品・神縁品や、夢詣など…年末年始は特別な催しがたくさん。

清々しく、賑々しく、新たな年の初めをお過ごしいただければ幸いです。
新しい年のご参拝の皆様のご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。


小野照崎神社おのてるさきじんじゃ

東京の下町 入谷にある学問・芸能・仕事の神様をお祀りする神社です。
御祭神は、平安時代有数のマルチアーティストである 小野たかむら公。文鳥を愛する絵画の神様で、百人一首にも登場したり朝は朝廷に夜は冥界に出勤される多動な神様です。852年⛩創建 、境内には重要文化財の富士塚も🗻

https://onoteru.or.jp/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!