かつて新米はこの日まで食べられなかった!? だいぶ深い「勤労感謝」の話
見出し画像

かつて新米はこの日まで食べられなかった!? だいぶ深い「勤労感謝」の話

寒さが日増しに募る11月。
いかがお過ごしでしょうか。

境内も大分色づいて参りました…♪

もうすぐ11月23日。
祝日である「勤労感謝の日」ですね。

毎年この11月23日に、皇居をはじめて全国の神社で行われている大切なお祭りがあるのをご存知でしょうか?

11月は、日本の大切なお祭りを知っていただく機会にできればと、「みのり」「むすび」をテーマにした2種類の御朱印を用意しております。


勤労感謝の日と新嘗祭にいなめさい

11月23日は、暦の上では「勤労感謝の日」にあたります。
勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日が勤労感謝の日ですが、戦前は「新嘗祭にいなめさいとして祭日制定されていました。

今でも「新嘗祭にいなめさい」は、毎年11月23日に宮中をはじめ、日本全国の神社で行われいます。

その年の勤労で結ばれた成果を国民一体となり神様に捧げていた日が、戦後に「勤労感謝の日」に転用されたという変遷があるのです。

新嘗祭とは、数ある宮中行事のなかでも“最重要”とされ、『古事記』にも記されているとても古い歴史を持つお祭りです。

新嘗祭の「新」とは新穀を、なめ」とは奉ることを意味しており、その年の新穀をお供えして八百万の神々に一年の実りへの感謝とともに国家国民の安寧をお祈りします。

「勤労感謝」の‟感謝”のもといは、健康のうちに勤め上げ、実りを得られた喜びを神様に捧げる‟感謝のこころ”だったのです。


天皇自ら神々を饗応するお祭り「新嘗祭にいなめさい

特に宮中では、三大神勅しんちょくの履行の暁ともなる年間を通して最も大事な祭祀で、その形態も極めて特殊なものとなります。

大儀ですので、天皇は前日から体を清めて「鎮魂祭みたましずめのまつり」というお祭りを通して、宮中に伝わる特殊な魂振たまふり鎮魂ちんこんの儀式を執り行い、その霊性を高めて祭礼当日へ臨みます。

そして「新嘗祭」当日は、宮中三殿の横にある神嘉殿しんかでんという「新嘗祭」だけの為に作られた儀式殿にて祭儀が行われます。

祭儀の中で皇居内の神田にてお育てになられた新穀を八百万の神々にたてまつり、儀中には天皇自ら調理された新穀を皿へと取り分けて神々を饗応きょうおう(酒や食事を出してもてなすこと)する神人共食しんじんきょうしょくの儀」を行うのです。

この年の天地の恵みをいただいた新穀を捧げ、天皇自らが取り分けて共にお召し上がりになることで神々との絆を深め、そのお力を更新されると解釈されます。

新嘗祭にいなめさい 神嘉殿しんかでんの儀(夕の儀)


「お神酒をいただく」ということ

「お力を更新される」という表現が少し難しく感じますが、神社でお祭りやご祈祷の後などにいただく直会なおらい」の御神酒と考え方は同じです。

直会なおらい」は、“神様にお供えしたものを祭典に関わる一同で食すことで神様との絆を深め、御力をいただく神事”です。

御神酒をいただくことは、神様と食を共にし、お力をいただくことに繋がります。

「結婚式」などでは、三々九度の盃や、両家親族固めの盃という形で契りを交わす際にも用いられますね。

新嘗祭の中で行われる「共食の儀礼」も同様に、同じものを食すことで神と人とが契りを交わし、一体となって御力をいただくことが根本的な意義となるのです。


◆太陽と皇室の深い繋がり

この「お力を更新される」という表現には、実はもう一つの由縁があります。

皇室の御祖神みおやのかみである天照大御神あまてらすおおみかみは太陽神🌞

新嘗祭にいなめさいが行われる11月23日は、1年で最も日の光が弱まる冬至に近い日取り、そして祭礼が行われるのは“もっとも太陽の衰える夜”です。

この「新嘗祭にいなめさい」の本義は、太陽の力が最も弱まる時期に「神人共食の儀」を行い、八百万の神々と深く交わることで天皇としての霊性を更新され、日の出(太陽の復活)と共に「日継ひつぎ御子みことして顕現けんげんする」とも解釈されています。


お米を通じた「感謝のこころ」

初宮や七五三、厄祓などの人生儀礼もそうですが、私たちは日々の営みの中で節目を正し、ご奉告の神事を行うことでお護り・お導きをいただき、立ち止まり振り返り顧みながら、その御力をお分ちいただき暮らしてきました。

そのお力をいただきながら、"感謝のこころ“を「祭り」という目に見える行為として形にすることで、神と自然と人の連帯を尊び、人々は互いに示し合いながら、その心を連綿と守り伝えてきたのです。

かつて人々は、新嘗祭の祭礼の意義を踏まえ、神様にお供えするまでは新米を食べることを慎むという習慣がありました。

新米は、「つや」「風味」「香り」「粘り」といったお米のおいしさを構成する要素が最高の状態で食べられます。

新嘗祭を終えて、初めて食べることができた新米の美味しさは、より格別に感じられたのではないでしょうか。

1年の勤労をねぎらい、秋の恵みに感謝して、今年のおいしい実りを頂きましょう🎵



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も素敵な一日でありますように♪
東京入谷にある、852年創建の「小野照崎神社」公式noteです。 こちらでは神社の情報や、生活の中にある日本の文化について発信していきます😊 http://onoteru.or.jp/