見出し画像

第二の脳(Second Brain)

人間の第一の脳の外にパーソナル・ナレッジ・マネジメント(PKM)のツールを使って自分の経験や学習から得られたナレッジを整理し格納しておく場所またはその機能のこと。

第一の脳である人間の脳はワーキングメモリは限定され、またナレッジの保管庫としてよりも、創造性やひらめきなどで一人の脳が世界中のコンピュータの総量に近い処理能力(The New Yourk Times, Boston University)を持つ。

第二の脳は、第一の脳から無秩序で混乱した知識をクリアにするとともに、Evernoteをはじめとしたデジタルツールなどを駆使して、第一の脳が必要とするときにいつでも必要なナレッジを引き出すことを可能にし、人間の脳本来の創造性を高めることができる。

関連リンク: 

Evernote読書術: 超速でデジタル読書ノートを作り力強くアウトプットする方法

参照: 

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
気に入っていただきありがとうございます。
2
本の棚(https://honnotana.com)チーフエディタ。Kindleで読書三昧シリーズの著書を持つ作家。知識の生産性、パーソナル・ナレッジ・マネジメント(KPM)や特にセカンド・ブレインについて掘り下げます。日々のツイートは@Kent_Ohyama (Twitter)

こちらでもピックアップされています

セカンドブレイン辞典
セカンドブレイン辞典
  • 20本

セカンドブレインとパーソナル・ナレッジ・マネジメント(PKM)を理解するために必要な用語やサポートするコンテンツをシンプルでわかりやすく解説します。 セカンドブレインを第二の(デジタル)脳として自分自身の脳の外部に作るためには、最小限のツールが必要です。日々の生産性を驚くほど改善するツールも登場します。 また、より詳しく知りたいときのために関連するセカンドブレインの記事にもリンクしています。