GTD

リストにして、頭の作動を軽くする

GTDの仕事術において、「リスト」は生命線になります。

「リスト」とは、自分の一部分を外部化するということになるのでしょう。

ここで「リスト」というのは主に「望む結果リスト」と「次の行動リスト」と「保留リスト」の三つを主に想定しています。

これらのリストが明確になっていることで、頭の中でタスクを記憶しておく必要性はなくなり、そういったことに余計な容量を割く必要はなくなります。状態としては「安

もっとみる
サンキューです!
2

忘れることの重要性

人間は忘れることができます。これはデメリットではなくメリットと考えるべきでしょう。

もし忘れられないとしたら・・・

何でも忘れないでいられるなら、抜け漏れなく仕事ができたりして良さそうに見えるのですが、はたしてそうでしょうか。

何事も記憶して忘れることができないとしたら、おそらく何か作業をしている時でも、100%作業に集中をすることができないでしょう。常に色々なことが頭に浮かぶ状況だからです

もっとみる
日々色々ありますよね…。

2020/10/11(日)本気でマインドマップをつくった1日。効果抜群だがとてつもなく疲れたその理由。

今日もマインドマップをつくっていました。

  気合を入れてつくりました。

 なぜ、気合を入れてつくっているかというと、取り組むテーマの規模が違うからです。

 いままでにも「noteをはじめよう」「年末の予定とその準備」「立ち上げた企画を形にするためのタスク洗い出し」などといった目的でマインドマップをつくってきたのですが、これらはいわば「局地戦」です。

 今回は「いまの自分まるごと全部」を紙

もっとみる
ありがとうございます! とてもうれしいです!

リマインダーによるストレスの軽減(GTD・私の場合)

仕事術として、自分の行動にリマインダーをかけている人は多いと思います。かくいう私もそうです。

Microsoft To DoをGTDによる管理の基幹システムとして運用しているのですが、どうしても「次の行動」の一覧表示をするためには、リマインダーを付けておいた方が便利なためです(本来のGTDの本質としては、リマインダーは必須ではありませんが・・・)

リマインダーをかければ、それがなされなければ当

もっとみる
May the force be with you!
2

振り返りの季節・具体的行動を決める

さて、4月から2020年度が始まり、半年がすぎました。これから後半戦です。

そろそろ増えてくるのが、上期のここまでの振り返りをする機会です。

振り返りってなんでするのか?

そもそもなんですが、振り返りってなんでするのでしょうか?行動評価をつけるためでしょうか?

それも一つかもしれませんが、コルブ氏が提唱した「経験学習モデル」によれば、行動を振り返り、教訓としておくことで、それをもとにして今

もっとみる
次の一歩を具体的に!
1

2020/10/06(火)頭がこんがらがってきたので「GTD」「マインドマップ」「情報カード」をやります。参考資料の紹介もします。

・はじめに

 昨日はやる気が尽きたため「しいたけ占い」の教えにしたがってぼーっとして過ごしました。主にポテトチップスを食べました。

 結果、今日は無事やる気が戻ってきまして、さすがは霊験あらたかといった感じです。ありがたやありがたや。

 しかし、やる気は戻ってきたものの、いつ、なにから、どう手をつけていいかちょっとわからなくなり、頭がこんがらがってきました。クルマにガソリンを給油したものの目

もっとみる
ありがとうございます! とてもうれしいです!
2

Get things done~すぐやれ?早くやれ?どうやって?

ある人のVoicyを聴いていたら、↓の本についても言及があった。
GTD、懐かしいね。僕は全然できなかった(号泣)
他の人は、どれくらいやろうと思ったことをやれているのだろう?

少しでも前に進みたい人はチェックしても良いカモ。

『全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』
https://amzn.to/3mPe2En 

(これ以降は、移管記事↓↓)

昨日、山口揚平氏の音源を聴

もっとみる

ながら仕事は・・・

GTDの仕事術・整理術の見方としては「マルチタスクを同時にこなす」なるものは存在しない、ということになります(必ずシングルタスクでしかない)

とはいえ「現実には『ながら仕事』というのがあるじゃないか!」と言われるかもしれません。

よーく分解して見てみると・・・

「ながら仕事」というのは、あるにはあるのですが、どうにも効率はよくないはずです。

人間は究極のところ一度に一つのことにしかできませ

もっとみる
困ったら、書き出してスッキリ!
1

「2分ルール」の有効性と注意点

「2分ルール」をご存知でしょうか?

デビッド・アレン氏が、著書『ストレスフリーの仕事術』で提唱している方法で「もし2分以内に終わるタスクならば、今すぐ片付けなさい」というものです。

最近、この2分ルールがやっぱり良かったと思う出来事があったので改めてご紹介します。

小さなことほど大切に

あるマナー講座で「小さなことほど大切に。小さなことの積み重ねが大事だ」と教わった記憶があります、

この

もっとみる
スキありがとうございます。
2