見出し画像

初めてのばんぺいゆ

おぎ

スーパーの青果コーナーや産直で見かける事が多くなった晩白柚(ばんぺいゆ)。スーパーではだいたいくまモンのフィルムに包まれてこっちを見ている。どでかいみかんのフォルムがインパクトがあり、興味をそそられる。一方、あんな大きいみかん食べきれんなあ…。と思って買うには至っていなかった。

だがしかし!ある日、あまってるから……と知人から晩白柚を頂いた!なんと!こんなラッキーな!!!テンション爆上げである。

画像1

お裾分けなので、比較的小さめな晩白柚だが、それでもよくある柑橘類よりは大きい。オレンジの2倍くらいある。十分だ。

早速帰路につき、入刀!

ん、ん〜〜?!すごいワタの量だぞ!おおよそ晩白柚全体の半分以上は皮及びワタだ。

画像2

これは、スーパーの特大晩白柚でも食べられたな……。と気づく。(学びである)

皮からは強烈な柑橘の香り。ザボンの仲間と書いてあったが、残念ながらザボンを食べた事がない。よくある柑橘だと、グレープフルーツに香りが近い。かなり爽やかでずっとかいでいたい、いい香り!

肝心の果実は、、サクサク!柑橘系のトレンドはジューシーでみすみずしく、甘いイメージだけどそれの真逆を行くサクサク食感。念を押すがスカスカではない、サクサク。くせになる食感。

また、味は皮ほど強烈な香りはないものの、甘さと酸味のバランスが良く、スーッと身体に入っていく感じ。特別あま〜いとか、華があるというより、なんか懐かしさを感じる。

食感にしろ、味にしろ、昔からあるものにしても、現代の食生活上では新鮮で、体験の満足度が高かった。

分厚いワタ及び皮も砂糖漬けやジャムにするとおいしい!といろんなサイトに書いてあったが、めんどくさかったので、全部風呂に入れてばんぺい湯にした。

爽やかな香りが広がってサイコーに気分が良かった。







この記事が参加している募集

至福のスイーツ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!