見出し画像

日々の"おうちごはん"を、もっとおいしく、もっと手軽に。~《初摘み海苔のうまみフレーク》本格販売開始~

皆さんにとって、今一番ほっとする瞬間はどんな時でしょうか?

大切な家族や友人と過ごす時。
気になっていた漫画、映画に没頭している時。
頭を空っぽにして、お気に入りの景色を眺めている時。

そんなほっと一息つける瞬間こそが、自分へのご褒美だったりしますよね。

最近ぬま田海苔へやって来たお客様が、こんなことを言ってくださいました。

『うまみフレークのおかげで、今おうちごはんが楽しいんです。食卓にあると、手軽に楽しめてすごく盛り上がるんですよ!お豆腐にかけるだけで美味しくて、ほっと安心してしまうんですよね。もう切らせないから、今日も買いに来ました。』

まさに、この《初摘み海苔のうまみフレーク》を作る際に描いたイメージ風景が頭に流れ、その場でジーンと感動してしまいました。

日々の"おうちごはん"を、もっとおいしく、もっと手軽に楽しんで欲しい。

そんな想いから作成した《初摘み海苔のうまみフレーク》ですが、この度もっと皆さまに寄り添える商品を目指して、リニューアルし本格販売を開始いたしました。

本日もゆるりとお付き合いください。

【あらためて、伝えたい想い】

今年8月より、販売開始した《初摘み海苔のうまみフレーク》。おかげさまで毎月販売数を更新する人気商品となっています。

画像2

素材はたったの4つのみ。
その年の最初の漁で採れる有明海産の希少な「初摘み」海苔をメインで使用。おなじく九州産の花がつおや干しエノキ、粗塩。
自然由来の濃厚なうまみが特徴のトッピングです。

画像4

ご飯や汁物にまぶしたり、パスタやサラダに混ぜ込んだりと、いつものレシピを簡単なひと手間で奥ゆきのある味わいにアレンジできる、ブランド初のオリジナル製品となっています。

画像5

今回あらためて伝えたいこと。
それは『手軽にほっと一息つける温かみのあるおいしさを、皆さまの食卓にお届けしたい』という私たちの想いです。

『こんな情勢だからこそ、自宅でも本当においしいものが食べたい。だからぬま田海苔の海苔を買いに来た。』

お客様からありがたいお言葉をいただく一方、自宅で食事をとる機会の増加により、献立を考えて料理を作ることを日々くりかえす、自炊へのストレスがあることも再認識しました。

そこで、現代における食のライフスタイルに合わせ、和洋中など食のカテゴリーを選ばず、手料理や既製品に一振りするだけでやさしいうまみをプラスできる《初摘み海苔のうまみフレーク》を提案したいと思っています。

毎日の食事をもっとおいしく、そしてもっと手軽に楽しむ。
そして何より、優しい"うまみ”で心身共にご自身を労って欲しい。


そこにより相応しい商品を目指して、今回リニューアルいたしました。

【リニューアル内容】

主な変更点はパッケージと内容量になります。

食卓に置いてあるだけで気持ちがほっとする、そして色んな料理に一振りしたくなるようなデザインにしたい。

そこで、今回イラストをお願いしたのは浅野 みどり 」さん。

浅野さんのイラストは眺めているだけで、本当に心が温まるんです。
ロッテさんのチョコレート《シャルロッテ》なども実は浅野さんの作品。
個人的にはBRILLIANCE+さんのイラストがとても素敵だと思っています。

画像4

《浅野みどり》
グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。雑誌、書籍、広告、などの他、デザイナーとしての経験を生かしイラストレーションをメインとしたテーブルウエアや雑貨の企画制作にも携わっている。主な実績に、2017年~2019年 ロッテ「シャルロッテ」シリーズパッケージ、2019年 手紙社「湖畔の北欧市」メインビジュアル、2018年 三井不動産商業マネジメント「ららぽーとクリスマス2018」メインビジュアルなど。

浅野さんが描く、どこかノスタルジーを感じるような、心温まるイラストが《初摘み海苔のうまみフレーク》にぴったりだと思い、オファーさせていただきました。

出来上がった完成はこちら。

画像6

私たちの予想を超える、本当に素敵な仕上がりとなりました。
浅野さん、ありがとうございます。

そして1サイズアップすることで、より食卓で手に取りやすく、プレゼントもしやすいサイズに。
『すぐに無くなってしまう!』という声にお応えして、内容量も9g→12gへアップさせることができました。

【うまみの詰め合わせ】

今回、送って嬉しい、貰っても嬉しい、ぬま田海苔の新たな詰め合わせも誕生しました。
お歳暮やお年賀にお迷いの方はいかがでしょうか?
《初摘み◯全種詰め合わせ》はお菓子 BOXのように化粧箱いっぱいに海苔が詰め込まれた、楽しい詰め合わせになっています。

【おすすめの食べ方】

《初摘み海苔のうまみフレーク》を使ったおすすめのレシピもご紹介です!

明太子パスタに海苔も美味しいけど、ペペロンチーノ、クリームパスタにも美味しいんですよ。特におすすめはボンゴレ!

牡蠣殻で養殖する海苔と、貝類は好相性です。
一度食べたら病みつきになる《うまみフレークの濃厚ボンゴレ》ぜひお試しください。

サラダでしたら、ビネガードレッシングにおすすめです。
先日noteでもおなじみの料理家、樋口 直哉さんのおうちにお邪魔した際、手料理で振舞っていただいたのですが、フレークのうまみと酸味の相性がとても良かったです。こちら樋口さんに教えてもらったドレッシングの配分↓

『シェリービネガーが1、オリーブオイルが3の割合+塩と胡椒』

画像8

最後にもう一度。

ほっと一息つける瞬間こそが、自分へのご褒美だったりしますよね。
毎日頑張っているからこそ、しっかりと自分を労ってあげてください。

《初摘み海苔のうまみフレーク》でそのお手伝いができれば、とても嬉しいです。

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

画像7

*《初摘み海苔のうまみフレーク》について、もっと詳しく知りたい方はこちらのnoteからどうぞ。

--------

画像3

《ぬま田海苔 合羽橋本店 店舗情報》
〒111-0035 東京都台東区西浅草3-7-2
05017459617
[営業情報]
Open : 全日営業(11:00〜17:00)
※店内の予防対策にご協力ください。
※年内は休みなし、新年は4日より営業いたします。

「Twitter」

「Instagram」







この記事が参加している募集

おすすめギフト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。これからも皆様に海苔の魅力や合羽橋の楽しさをお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

旨味の強い◯等級はそのままおつまみに!
89
株式会社NUMATA HARUO SHOTEN、ぬま田海苔 4代目当主。前職はGap Japan、17年勤務したのち実家の海苔屋へ転職。海苔のこと、かっぱ橋のこと、お伝えしていきます。https://numatanori.com/ Twitterは@numatanori1937

こちらでもピックアップされています

#フード 記事まとめ
#フード 記事まとめ
  • 1980本

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。