見出し画像

田舎の一匹狼セラピストが考える「長下肢装具歩行練習の即時的効果判定について」

脳外ブログ 臨床BATON

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。
74日目を担当させて頂くのは、最近娘たちとジブリ映画のDVDを一緒に見ることがあり、改めてジブリ映画に出てくる方々の素晴らしさ、性格の良さを知り、これ毎日見ていたら絶対みんな良い人間になって世界平和につながるだろうなぁと本気で感じているPT貴田農士です。

今回は今まで私が投稿させて頂いた「これからのリハビリ専門家としてのあり方」、「当事者意識について」、「地域連携について」など大枠の話、マインドの話から少し方向性を変えてみて、たまには、具体的、かつ臨床的な内容も書いてみようと思いましたので、お付き合い頂けると幸いです。

過去ブログはこちらから

・はじめに

研究論文や学会、多くの著書やセミナーでここ数年、「脳画像」「歩行再建」というワードにおいて切っても切り離せないのが「長下肢装具による立位、歩行練習」だと思います。

この続きをみるには

この続き: 5,975文字 / 画像4枚

このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!