見出し画像

BBSを紐解く~COMとBOSの変化から考える~

脳外ブログ 臨床BATON

おはようございます!☀
本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます!
第228日目を担当するのは、脳神経外科病院にて勤務している理学療法士のシミーです!

前回は評価特集ということで、バランス評価についての内容でした。
COMとBOSをどのように見ていくのかをまとめていますのでよろしければ下記のリンクより覗いてみてくださいね。

本日はその続きで、BBSをどのように解釈していくのかという内容です。
皆さん、一度はバランスの評価でBBSを実施したことがあると思います。
結果が点数で表され、カットオフ値と比較してバランス能力がいいのか、よくないのかを判断しているのではないでしょうか?

そのように判断することもできるのですが、さらに項目ごとに解釈し、臨床に活かせるようにすることで、より患者様のバランスの評価が深まりますので是非最後までお読みいただければと思います。


〇バランスとは

まずは、バランスがどういったものであるのかを定義します。
バランスとは、

ヒトがある環境における運動(課題)遂行のために、感覚情報を処理し、重心を一定あるいは移動する支持基底面内に維持するために適切な調整を行うこと

です。

ここでいう重心とは身体質量中心(以下COM)と同義です。
重力がかかる地球上においてヒトが活動していく上で、自身のCOMを支持基底面(以下BOS)に維持しておくことは当たり前でありますが非常に重要なことです。

COMとBOS

「バランスがとれている」ということはBOSに対してCOMを適切に制御できているということです。
その制御はある程度自動的にできないと、課題となる活動を遂行することが難しくなります。
実際の日常生活におけるバランス能力は遂行すべき課題(運動)に影響を受け、さらに環境的要素や心理的要素による影響も受けます。

バランスのための姿勢制御には大きく、
・前庭感覚、視覚、体性感覚といった感覚系要素およびそれら感覚処理による感覚戦略 (姿勢反射)
・筋力や関節可動域といった筋骨格系要素とその協同的活動として神経筋協同戦略
・感覚情報と運動の統合および予測的機構といった高次処理過程
に分類することができます。

つまり、姿勢制御は、前庭感覚、視覚、体性感覚の感覚入力要素の情報に基づく姿勢反射、または高次処理され筋骨格系へ適切に出力されることによりコントロールされています。

バランスのレベルを大きく3つに分けると以下のようになります。

この続きをみるには

この続き: 2,394文字 / 画像7枚

このマガジンでは週2日、明日から臨床に活かせる新たな記事を皆様にお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、知識と臨床を結び付けたい…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!