見出し画像

Initial Contactと床反力〜仮説・検証力の高め方Part2〜



おはようございます!?こんにちは!?こんばんは!?
本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。臨床BATONを引き継ぎました180日目担当カズです✋



はじめに

前回の臨床BATONは読んでいただけましたでしょうか。読んでくださった方は、日々の臨床の中で仮説・検証を繰り返してくださっていますでしょうか。そうしてくださっている人が1人でもいれば、ブログを作成した甲斐があるというものです。

体験談

つい最近、介護保険を使っての訪問リハビリやデイケアでリハビリをする機会がありました。その中で、今までの仮説・検証力、経験値が身を結び、利用者様の信頼を20分で掴むことができ「次も診て欲しい。」と言っていただけました。ですが、仮説検証を積み重ね始めた当初は結果に結びつかず、モヤモヤした状態が続いたり、「技術が・・・」、「知識が・・・」と悩んだりし続けていました。「石の上にも3年」と、昔の人はいいこと言いますね。

さて、今回も前回の図を使って、足底全面接地を考えていきます。
あくまで、私の考え方ですので、100点の答えではありません。こんな考え方もあるんだなぁ〜と思って、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。


この続きをみるには

この続き: 3,006文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

Initial Contactと床反力〜仮説・検証力の高め方Part2〜

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
7
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!