臨床BATON歩行

ブログは家に帰りたいを叶える為に必要動作を考える〜坂道歩行をみる上で必要なポイント 臨床編〜
+6

ブログは家に帰りたいを叶える為に必要動作を考える〜坂道歩行をみる上で必要なポイント 臨床編〜

いつも脳外ブログ 臨床BATONをご購読頂きありがとうございます。 本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。 臨床BATON257日目を担当します脳外臨床研究会 触診講師・触診アシスタントの橋本一平がお送り致します。 僕自身は臨床経験13年目の理学療法士です。今まで急性期、回復期、訪問、老健、デイケア、デイサービス、そして、現在は生活期の病院で日々臨床に向き合っております。その中で、患者様が自宅に復帰する為に何が必要かを考えた時に基本的な動作に加えて、応用動

スキ
5
有料
100
高齢者における転倒恐怖感への影響と対策
+4

高齢者における転倒恐怖感への影響と対策

臨床BATONをご覧いただきありがとうございます!理学療法士の駿太と申します! 252日目のブログとなります!よろしくお願いします! 今回のテーマは「高齢者における転倒恐怖感の影響と対策」です。 皆様は臨床場面で、「転びそうだから、歩くのが怖い・・・」と訴えられる患者様を経験された事はありませんか? 急性期・回復期・維持期のどの現場でも、歩行などを行う際の転倒恐怖感が強いという方はいらっしゃると思います。私もよく臨床場面で経験しております。 この転倒恐怖感ですが、日常

スキ
5
有料
100
家に帰るために見るべき応用動作の見方〜評価編〜

家に帰るために見るべき応用動作の見方〜評価編〜

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。 臨床BATON226日目を担当します脳外臨床研究会 触診講師・触診アシスタントの橋本一平がお送り致します。 僕自身は臨床経験12年目の理学療法士です。今まで急性期、回復期、訪問、老健、デイケア、デイサービス、そして、現在は生活期の病院で日々臨床に向き合っております。その中で、患者様が自宅に復帰する為に何が必要かを考えた時に基本的な動作に加えて、応用動作や応用歩行の必要性を感じております。 そんな私が今回お送りするブロ

スキ
7
有料
100
知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜方向転換の臨床応用編〜

知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜方向転換の臨床応用編〜

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。 臨床BATON204日目を担当します脳外臨床研究会 触診講師・触診アシスタントの橋本一平がお送り致します。 僕自身は臨床経験12年目の理学療法士です。今まで急性期、回復期、訪問、老健、デイケア、デイサービス、そして、現在は生活期の病院で日々臨床に向き合っております。その中で、患者様が自宅に復帰する為に何が必要かを考えた時に基本的な動作に加えて、応用動作や応用歩行の必要性を感じております。 そんな私が今回お送りするブロ

スキ
5
有料
100
知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜方向転換の臨床基礎編〜

知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜方向転換の臨床基礎編〜

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。 臨床BATON189日目を担当します脳外臨床研究会 触診講師・触診アシスタントの橋本一平がお送り致します。 僕自身は臨床経験12年目の理学療法士です。今まで急性期、回復期、訪問、老健、デイケア、デイサービス、そして、現在は生活期の病院で日々臨床に向き合っております。その中で、患者様が自宅に復帰する為に何が必要かを考えた時に基本的な動作に加えて、応用動作や応用歩行の必要性を感じております。 そんな私が今回お送りするブロ

スキ
10
有料
100
Initial Contactと床反力〜仮説・検証力の高め方Part2〜

Initial Contactと床反力〜仮説・検証力の高め方Part2〜

おはようございます!?こんにちは!?こんばんは!? 本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。臨床BATONを引き継ぎました180日目担当カズです✋ はじめに前回の臨床BATONは読んでいただけましたでしょうか。読んでくださった方は、日々の臨床の中で仮説・検証を繰り返してくださっていますでしょうか。そうしてくださっている人が1人でもいれば、ブログを作成した甲斐があるというものです。 体験談つい最近、介護保険を使っての訪問リハビリやデイケアでリハビリをする機

スキ
8
有料
100
知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜サイドステップの臨床応用編〜

知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜サイドステップの臨床応用編〜

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。 臨床BATON173日目を担当します脳外臨床研究会 触診講師・触診アシスタントの橋本一平がお送り致します。 僕自身は臨床経験12年目の理学療法士です。今まで急性期、回復期、訪問、老健、デイケア、デイサービス、そして、現在は生活期の病院で日々臨床に向き合っております。その中で、患者様が自宅に復帰する為に何が必要かを考えた時に基本的な動作に加えて、応用動作や応用歩行の必要性を感じております。 そんな私が今回お送りするブロ

スキ
9
有料
100
Initial Contactと床反力〜仮説・検証力の高め方〜

Initial Contactと床反力〜仮説・検証力の高め方〜

おはようございます!?こんにちは!?こんばんは!? 本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。同じ支部で活動しているコバからの臨床BATONを引き継ぎました164日目担当カズです✋ 大阪支部の代表として活動しておりますが、先日、臨床のことで相談したいことがあるんですけど・・・と、連絡があり、盛り上がって1時間半程度話し込んでしまいテンションが上がっております(笑) はじめに脳PRO養成講座や脳外臨床研究会のいろんなセミナーの中を聞いていると、患者様や利用者

スキ
7
有料
100
知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜サイドステップの臨床基礎編〜
+4

知っていないと差がつく!応用歩行を見るポイント〜サイドステップの臨床基礎編〜

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。 臨床BATON 156日目を担当します脳外臨床研究会 触診講師・触診アシスタントの橋本一平がお送り致します。 僕自身は臨床経験12年目の理学療法士です。今まで急性期、回復期、訪問、老健、デイケア、デイサービス、そして、現在は生活期の病院で日々臨床に向き合っております。その中で、患者様が自宅に復帰する為に何が必要かを考えた時に基本的な動作に加えて、応用動作や応用歩行の必要性を感じております。 そんな私が今回お送りするブ

スキ
17
有料
100
歩行観察が簡単になるポイント〜踵の傾きと広い足の作り方〜

歩行観察が簡単になるポイント〜踵の傾きと広い足の作り方〜

おはようございます!?こんにちは!?こんばんは!? 本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。駿太からの臨床BATONを引き継ぎました147日目担当カズです✋ 歩行観察が簡単になるポイントとしての過去のブログは、ページ下部にリンクを貼っておきます。 はじめにここ数回、「IC(H.C)で考えるべき装具と靴」、「ICに必要な足関節背屈運動」と足部についてお伝えしてきました。そこで、ICで足関節背屈ができていても踵がまっすぐつけていないと次のLRに繋げるにあたっ

スキ
15
有料
100