見出し画像

バランス評価を考える ~COMとBOSの関係性をみるための方法~

おはようございます☼
本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。
217日目を担当するのは、脳神経外科病院の回復期病棟にて勤務している理学療法士の清水啓史です!
夏が近づいてきて、日差しも強くなってきましたが、私は今日も元気に臨床に励んでおります!(^^)!


今月の臨床BATONは特別号となっております👏
なんと、メンバー全員が『評価』というテーマでお届けします!
セラピストとして臨床において『評価』とは切っても切り離せませんよね。
臨床で患者様のために日々奮闘している11人の『評価』をあますことなくお届けいたしますので、是非チェックしてください。

前回は、『身体失認の脳画像とは』という内容でお届けしました。
臨床でよくわからない高次脳機能障害において、身体失認もやっかいですよね。
脳画像から身体失認をどう読み解くのかという内容になっておりますので、興味のある方は是非一度下記のリンクより覗いてみてくださいね!


本日は、『バランス評価』についてお伝えしていこうと思います。
臨床において『バランス』とは非常によく使うワードであり、患者様も『バランス』で悩むことは多々あるのではないかと思います。
バランスに関係する要素は非常に多く、何をどのように考えていけばいいのか混乱するのではないでしょうか?
そもそも『バランス』とはどのようなもので、どういった視点で評価を進めていけばいいのかをお伝えします!!


〇バランスとは?

身体質量中心(COM)を支持基底面(BOS)に対して制御する能力である.
引用:モーターコントロール原著第5版 研究室から臨床実践へ 原著Anna Shumway-Cook Marjorie H.Woollacott 医歯薬出版株式会社 P163


バランスというのはCOM をBOSに対して制御する能力のことです。
つまり、COMを制御することが重要なのです。

バランスは安定性という言葉と同義で使われ、上記のことをいいます。

身体質量中心(以下COM)は身体全体の質量の中心にある点と定義され、個々の体節のCOMの荷重平均を見つけることで計算されます。

支持基底面(BOS)は、身体を指示している面と接している身体の範囲と定義されます。

COMとBOS


私たちは動かないと生活ができません。その生活の中でバランスとは課題(ADLなど)を遂行するために必要不可欠なものなのです。

BOSの中にCOMを留めておくこともバランス、BOSが絶えず変化する中でもCOMを維持しておくこともバランスです。
捉える現象としては、BOSとCOMの関係性です。

この続きをみるには

この続き: 3,848文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは週3日、明日から臨床に活かせる新たな記事を皆様にお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、知識と臨床を結び付けたい…

または、記事単体で購入する

バランス評価を考える ~COMとBOSの関係性をみるための方法~

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
You're the best(あなたって最高)
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!