「データドリブン。」
を「世の中のあらゆるものがデジタル化され生まれたデータを駆使して付加価値を生む」と説明した川辺健太郎・Zホールディングス(株)社長(年末の『日本経済新聞』朝刊)。人間抜きに付加価値を再生産するのがAI化とも。人間がデータに呑み込まれる未来が来る。
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

34
広告の文章を書く仕事をしています。仕事も趣味も書くことですが、Jリーグは3チーム(清水エスパルス・ガンバ大阪・湘南ベルマーレ)を応援しゴール裏にも立ちます。 仕事における考え方と実績は当社WEBサイトで→ http://www.present-inc.com/

コメント6件

データによる付加価値の再生産という考え方おもしろいですね。ディープラーニングのことなんですね。
where_you_left_snow_peace(asasinn_hoolees_guueessFishing pond)with lela sprizanet frndand sosnowsideQQQさん
いつかデータにだって感情が生まれる気がします。
反論壇netさん
失敗が物凄いスピードで活かされているのが、この世界なのでしょうか。
優さん
AIを甘くみていたら、どんどんディープラーニングの精度を上げているみたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録