アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点

Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林慎和

2020年4月18日現在、連日、世界のコロナウイルス 関連ニュースを読み漁っています。まさに朝から晩まで。

今日、日本の感染者は1万人を超えました・・・ついに大台に来てしまいました。スタートアップの経営者として、今回の危機をどのように捉え、それにどう立ち向かっているか、立ち向かうべきか。毎日考えに考えています。

今日は、我々社会人は、どうアフターコロナに備えていけば良いのか。それを書いてみたいと思います。

コロナ危機はいつまで続くのか?

スクリーンショット 2020-04-19 0.07.07

結論としては、最低でも2021年夏まで。そう思っています。2021年の東京オリンピックの開催も難しい。私はその予測で動いています。

その結論に至る最大の根拠は、「ワクチンの一般普及の時期」です。

今回のウィルスで最も厄介なことは、「潜伏期間の長さと、無症状感染者の存在」です。

この特性がある以上、ワクチンがない中で、一旦新規感染者の増加が小さくなったとしても、外出活動を元通りに戻すことはできません。ビフォアコロナのような社会に戻せないのです。

人類の叡智を結集することで、特効薬は今年中には必ず開発されると思います。しかし、それを70億人いる地球上へ配るほどに、生産し、流通させるには1年から1年半はかかる。

経営者としては、ここはもう、2021年末までこのような「ウィズコロナ」の社会が続く。そう覚悟をする必要があると思います。

アフターコロナで社会はどう変わるのか?

2020年3月下旬頃は、私はこう考えていました。いつ元の世界に戻るのか。いつ夜明けが来るか。

しかし、それからの出来事をみるにつけ、考えが変わりました。

アフターコロナの後にやってくるのは、新世界です。

もう元の世界に戻ることはないと思います。このウィルスは、我々人類を人類2.0に変えようとしています。

2020年9月18日追記:お陰様でこちらのnoteにおいてアフターコロナに関する記事は25万人以上の方に読んで頂けました。それもあり、書籍が発売されました。
一連のnoteを大幅加筆した(9万文字)書籍となっております。ぜひご検討ください。

1. ミーティング2.0

スクリーンショット 2020-04-19 0.13.33

まず、働き方はこう変わります。


基本リモートや、ビデオ会議で物事が進んでいきます。それこそ、不要不急の対面ミーティングはなくなります。2020年4月現在は、慣れない中でビデオ会議でのミーティングを始めた人は多いかもしれませんが、これは少なくとも3ヶ月以上続きます。その間に人は少ない人でも、ビデオ会議を150回程度、多い人だと1000回を超えるでしょう。

それはもう「習慣」に変わります。メールを使わずに、チャットを使い始めるようになったように。対面でミーティングをする代わりに、ほとんどのことを、ビデオ会議で済まそう。そのように思考が変わります。

ビフォアコロナであれば、スタートアップ同士であれば、ちょくちょくとビデオ会議も活用していました。一番の変化は、大手、レガシー、エスタブリッシュな会社も、普通にビデオ会議を使えるように会社が変わったことです。

これによって、我々は、ミーティングの最初のオプションとして「じゃあ、まずはビデオ会議しませんか?」お互い提案することに、なんの躊躇もなくなるのです。

ビデオ会議で済ましている今は、一過性のものではなく、それはもう社会での当たり前、スタンダードになっていきます。

2. 対面2.0

打ち合わせがデジタル、ビデオ会議ですることが当たり前の世の中においても、当然対面で会うことはなくなりません。

この続きをみるには

この続き: 8,768文字 / 画像4枚

アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点

Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林慎和

580円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林慎和

最後までお読み頂きありがとうございました! シェア頂けたら嬉しいです。 もし宜しければ、今後の記事執筆のためのサポートをお願いいたします。

スキありがとうございます。SNSなどでシェアしてくれると嬉しいです!
Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林慎和
「テクノロジーの力で世の中を1mmでも良くする」株式会社bajji CEO / BBT大学 教授 / 社会変革プロデューサー。グローバルで通用するイノベーターを増やしたい。/ 野村総研→GREE→海外で起業、以来数社起業。2社イグジット経験。無類の粒あん好き。