マガジンのカバー画像

アイとアイザワ

35
「左ききのエレン」「アントレース」作者の短編小説です。この小説を原作とした同名の漫画も発売になります。よろしくお願いします。
運営しているクリエイター

記事一覧

【舞台版「アイとアイザワ」によせて】「私のために小説を書いてくれる?」

原作版「左ききのエレン」を描いている時に、一番良い所で長期休載をした事がありました。描く事がツラくなって、もう二度と漫画は描けないかも知れないと思ったからです。休載を発表して間もなく、noteで書き始めた小説が「アイとアイザワ」でした。エレン人気が絶頂の時だったので「遊んで無いでエレンを描け」と散々言われました。でも、あの時は必死にしがみつく様に「アイとアイザワ」を描いてた。

「アイとアイザワ」

もっとみる

「アイとアイザワ-Magic hour-」第1話

「時間が無い。」そう聞こえた。

床の木目が、美しい蜜柑色の光で照らされていた。夕刻。
ぼやけて七色のモザイクアートに見えていたものが自室の本棚だと気がつくと、指先でつまんでいた眼鏡にやっと焦点が合った。

ぼくは目が悪い。度がキツイ眼鏡を牛乳瓶の底に例えるが、まさしくそれだ。フレームから不恰好にはみ出した分厚いレンズを、くたぶれたTシャツの裾でぬぐうと、よく女性にお褒め頂くシュッと形の整った鼻の

もっとみる

【完結&大反響御礼!!】漫画「アイとアイザワ」冒頭100P無料公開!!



★「アイとアイザワ」全2巻大好評発売中です!

★【24時間で170%達成!!】全2巻をまとめて一冊の紙本にしたい!“完全版”を作るためのクラウドファンディング開催中です!紙で欲しい方は是非…!

「アイとアイザワ」第31話(最終回)

パラパラとページをめくる。1ページにつき1秒にも満たない速度で。ページの端が弧を描き右手の親指に受け取られると、間も無く次のページが左手の親指を離れる。それはメトロノームの様に一定、かつ極めて早い速度で繰り返される。

「はぁ…やっぱり最高だわ。藍沢正太郎の6年ぶりの新刊…。藍沢節、全開って感じで。」

神保町の古本屋は全て回ってしまった。次の入荷まで、もう見るべき書店は無い。愛は、小説はもちろん

もっとみる

「アイとアイザワ」第30話

冷たい空気に満たされた広大な地下室。さっきまでの地上の暑さが嘘のようだった。汗は引き、呼吸が正常に戻ってきた。アイは辺りを見渡す。無我夢中で駆けてきたので、自分がどれくらい地下にいるのかも定かでは無い。何も無い空間。当然窓など一つも無い地下なのに、まるで屋外の様な明るさだった。照明器具は見当たらない。これもアイザックの技術だろうか。

「ようこそ、私の住処へ。」

アイは声のする方を向く。アイザワ

もっとみる

「アイとアイザワ」第29話

ウォール・ストリートは騒然としていた。追突した二台の車の爆発の恐れもあり、渦中の彼らに近寄ろうとする者はいなかった。悲鳴に似たざわめきの中で、地面に倒されたモーリスはNIAIの二人を睨みつけた。

NIAIの大男・大谷は困惑していた。NIAIの所長が人工知能…?大谷の相棒・広尾はアイと初めて会った時の事を思い出していた。いずれ私を逃して良かったって思わせてあげる…そんな様な事を言っていた。アイザワ

もっとみる

「アイとアイザワ」第28話

アイザワがエンドフラグを予言した日がやってくる。日付変更線を越えたあたりで、アイは時差はどう考えるのだろうか疑問に思ったが、フラグを回収し続けている自分らが物語の中心にいると考えても決して横柄では無いだろう。自分らがニューヨークにいるのなら、きっとその日付が基準になるのだと理解した。モーリスは会社の経費で日本に来て居たのだから帰るのも経費で済んだ。アイはルミから旅費を立て替えてもらい、無事に帰国し

もっとみる

「アイとアイザワ」第27話

「アイ!2秒経ったぞ!!」

モーリスの声と同時に、アイはアイザワに向かって叫んでいた。タイマーが3秒を刻むと同時に、アイザワの意識は戻った。

「アイザワ!アイザワよね!?アイザックに取り込まれて無いよね!?」

「…とても長い時間を体感しました。7日間ほどでしょうか。私はアイザックと一緒に居ました。」

「アイザワ…身体が熱い。無茶し過ぎよ…。ちょっと冷やす?」

アイは水をよく絞ったタオルの

もっとみる

「アイとアイザワ」第26話

これまでの「アイとアイザワ」

-

アイザワは新宿の繁華街に立っていた。看板から溢れる文字や色彩の情報、様々なBGMと雑踏が入り混じった音の情報。人間とは情報処理能力が桁違いであるアイザワにしてみても、ここ新宿は「うるさい」と感じた。繁華街は、情報の洪水だ。アイザワはショーウィンドウに映る自分の顔を見て立ち止まる。整った顔立ち。清潔感のある白シャツ。全てアイが望んだ姿だ。アイに愛される様に整えた

もっとみる

「アイとアイザワ」第一話

パラパラとページをめくる。1ページにつき1秒にも満たない速度で。ページの端が弧を描き右手の親指に受け取られると、間も無く次のページが左手の親指を離れる。それはメトロノームの様に一定、かつ極めて早い速度で繰り返される。

文庫本はおおよそ300ページ、10万文字程度で構成されている。単純計算で、見開きで666文字だ。つまり、1秒にも満たない間に666文字が視界に飛び込んでくる。人間は、そんな速度で文

もっとみる

「アイとアイザワ」第二話

「アイとアイザワ」第一話はコチラ

-

「はじめは藍沢正太郎の新作をつくる事が目的でした。小説家の文体をディープラーニングするにあたって、まずは比較材料にと世界中の小説を人工知能AIZAWAに読ませました。その作業は1週間とかからなかった。」

「私と同じで本を読むのが早いんですね。」愛は視線を窓の外から離さずに無愛想に返した。

喪服の男、山田はミラー越しの愛を見ながら続ける。「文体の再現は大

もっとみる

「アイとアイザワ」第三話

「アイとアイザワ」第二話はコチラ

-

観葉植物が並ぶ広々としたエントランス。揃いの制服を着た受付嬢たち。どう見ても、ただの小綺麗なオフィスビルだった。

「うちはここの最上階のワンフロアを借りて活動しています。どうぞ。」

山田は愛がエレベーターに乗ったのを確認すると、31階のボタンを押した。

「階と階の間に、秘密のフロアがあるってオチじゃないのね。」

「ふふふ、マルコヴィッチですか?」

もっとみる

「アイとアイザワ」第四話

「アイとアイザワ」バックナンバーはコチラ

-

世界最高水準の人工知能AIZAWA。彼の音声が天井四隅のスピーカーから立体的に再生される。恐らく指向性のスピーカーを使っているのだろう、愛のちょうど目の前、手を伸ばせば触れそうな距離からAIZAWAの声が聴こえる。まるで透明人間が目の前に立って話しているかの様な錯覚。しかし、愛の関心事はそこでは無かった。

「イケボ…かよ」

「イケボ?何です、そ

もっとみる

「アイとアイザワ」第五話

前回までの「アイとアイザワ」

-

一秒に三度の点滅。その度に、視界に飛び込んでくる膨大な数の文字。最初の数秒は、眼球が痙攣する様に僅かに左右に振れた。これは人間が正面から対象を捉えられる視野角が160度であるため、部屋の両隅が一覧では捉えきれなかったためだ。愛は一歩後退りをした。もう一歩。さらにもう一歩足を運んだ所で入口のドアに背がぶつかった。その間、愛は一度も瞬きもせずに部屋に広がる情報の洪

もっとみる