のふぁて

“IKIGAI Channel from FUKUSHIMA”を国内外に発信・配信する…

のふぁて

“IKIGAI Channel from FUKUSHIMA”を国内外に発信・配信する事業を展開中。 過去に、白川郷のオーバーツーリズム / 観光公害対策で地方創生大賞を受賞。 ▶︎https://no-fate.co.jp/

マガジン

  • 【生きがいチャンネル】インタビュー

    人間の強さや優しさ、そして社会の現実を映し出し、私たちに希望と元気を与えてくれるヒューマン・ドキュメンタリーをまとめています。 Youtubeも近日配信予定:https://www.youtube.com/@IKIGAIch

  • 【福島県浪江町】顔の見えるまちで息をする

    息をするだけで幸せになれるような、そんな感覚があったー。 2024年3月に福島県浪江町へ移住。メディアから見える世界が全てではなかった。ふんわりと湧き起こる感情、わたしの目で見たことを形にするために、ここに記録していきます。 Yuka Nanjo / 南條佑佳

  • 【オーバーツーリズム】が分かる基礎知識から実践まで

    オーバーツーリズムからもはや観光公害にまでなってしまっている白川郷で、弊社で行った実例を基礎知識、課題解決、実践など、わかりやすく説明した記事をまとめました。

  • 【福島県浜通り】事業等まとめ

    東日本大震災の震災復興に携わるNOFATEの事業・想いをまとめました。

  • 【経営は身近なことから】CEOの考察まとめ

    底なしの好奇心を持ち情熱的に生きる、CEO(チーフ・エンタメ・おじさん)の藤田雄也の記事をまとめました。

    • 【生きがいチャンネル】インタビュー

    • 【福島県浪江町】顔の見えるまちで息をする

    • 【オーバーツーリズム】が分かる基礎知識から実践まで

    • 【福島県浜通り】事業等まとめ

    • 【経営は身近なことから】CEOの考察まとめ

最近の記事

  • 固定された記事

IKIGAI channel from Fukushimaとは?いま福島から世界に希望を与える発信を!

この記事は、わたしたちがYoutubeなどのプラットフォームを活用し、ヒューマンドキュメンタリーを配信するというお話です。なぜそれをやるのかについて、皆さんに読んで欲しくて。 社会は次から次へと新しいニュースが流れています。ジャーナリストも最先端の情報をとりに追っかけます。でも一方で、私たちの記憶から取り残されていること、そしてもっと大切なことって沢山あると思うんです。 さて、甘いココアを飲みながら本を読むように、一緒にゆっくりと考えましょう。ココアがない方は目を瞑って、

    • 【農業】自分が人生の主人公だから。後世に意味のあるストーリーを紡ぐ、人生を掛けたフルーツ作り。

      100年続く果樹園で、ときに若手就農として、ときに震災避難町民として、ときに新しい農業の形として、注目を浴びている青年がいる。 まるで星を宿したように輝く瞳をもつ、関本元樹(せきもとげんき)さんだ。関本さんは、東日本大震災の原発事故の影響で福島県大熊町から移住してきた。 「先代が築き上げてきたストーリーのほとんどは大熊町にある」 そう屈託ない笑顔で語ってくれた。 亡き父親が残した「フルーツガーデン関本」を継いで、梨とキウイフルーツの生産をしている。 一心不乱に、 "も

      • “当たり前の日常”が突然奪われた現実。魂を揺さぶるシンガーソングライターが伝える日々の幸せ

        「私にとって生きがいとは… 色々迷ったのですが、一言で言うなら、”愛”だと思っています。」 そう話すのは、聞き手を優しく包み込むような言葉を表現し、シンガーソングライターとして活躍する牛来美佳(ごらいみか)さんです。その言葉もさることながら、歌や立ち振る舞いも愛に満ちあふれ、周りにいる人の心を動かすのだろう、そんな印象を受けました。 しかし、牛来さんは初めから歌手になったのではなく、震災がきっかけだったといいます。 「どうしたらこの想いが伝わるの?」 震災後、原発事故によ

        • 人口2000人、顔が見えるまちで息をする|浪江移住記録 #1

          いまわたしは、東京にいる。高円寺にある自宅のベットの上で、パソコンでぽちぽちと文字を打っている。 人口2,000人の、顔が見えるまちに移り住むことにした。福島県の沿岸沿いにある、浪江町というところだ。 入居日は、3月中旬に決まった。少し築年数は経っているけれど、陽の光がたっぷり降りそそいで、自然と元気になっちゃいそうなお部屋。今は、まるで花びらのように心が軽い。 東京にいるとき、私は模型のような世界にいるのではないかと感じることがある。急ぐように生きていると、いつの間にか

        • 固定された記事

        IKIGAI channel from Fukushimaとは?いま福島から世界に希望を与える発信を!

        • 【農業】自分が人生の主人公だから。後世に意味のあるストーリーを紡ぐ、人生を掛けたフルーツ作り。

        • “当たり前の日常”が突然奪われた現実。魂を揺さぶるシンガーソングライターが伝える日々の幸せ

        • 人口2000人、顔が見えるまちで息をする|浪江移住記録 #1

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【生きがいチャンネル】インタビュー
          のふぁて
        • 【福島県浪江町】顔の見えるまちで息をする
          のふぁて
        • 【オーバーツーリズム】が分かる基礎知識から実践まで
          のふぁて
        • 【福島県浜通り】事業等まとめ
          のふぁて
        • 【経営は身近なことから】CEOの考察まとめ
          のふぁて

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          観光公害に苦しめられる白川郷

          先日ヒジョ〜に悲しい記事に出くわしてしまった。 中国の春節に、 多くの中国人観光客が日本を訪れ、われらニッポンの心のふるさとである白川郷の住民が困っている、ということだ。 これらタイトルや記事の内容だけを見れば、 「これだから中国人は・・・」、「中国人は民度が低い」 などと感じてしまうのも無理はない。 たしかにそういう中国人が相当数いることも事実だ。しかし、全ての中国人が当てはまるわけではない。 別に中国人贔屓とか庇うとかではなく、当たり前と言えば当たり前の話。 なんせ

          観光公害に苦しめられる白川郷

          「後悔」が人を苦しめてしまう。過去のデータと事実から、未来の大震災とどう向き合うか。

          2024年1月1日に石川県北部を襲った能登半島地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。また、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 わたしたちは、福島県浜通りや宮城県・岩手県沿岸部の震災遺構・震災伝承施設などに携わる仕事をしてます。 https://note.com/nofate0808/m/mc87796dd48d8 地震・津波・原発事故で被災された方々と対話する中で

          「後悔」が人を苦しめてしまう。過去のデータと事実から、未来の大震災とどう向き合うか。

          住民ゼロからのまちづくり。余白だらけのフロンティアに挑戦者が集まる秘訣とは。

          クラフト酒、ドローンアーティスト、ガラス職人、馬を活用したコーチング。多種多様な職を手掛ける人たちが集まる場所が、福島県南相馬市にある。 "小高ワーカーズベース" 自分が表現したいこと、突き詰めたいことを実現できる場所として、全国から老若男女が集まる場所。東日本大震災で原発事故の影響で一時は住民ゼロになった地域で一体何が起きているのか。 そんな大きな変化の中で挑戦し続けているパイオニアこそ、今回の主役・和田智行さんです。 原発事故の避難生活中に変化した価値観。お金があ

          住民ゼロからのまちづくり。余白だらけのフロンティアに挑戦者が集まる秘訣とは。

          わたしが伊藤忠商事を辞め、地域デザインで起業した理由。

          少年のようなキラキラした眼、眩しい笑顔が印象的でありながら、とにかく明るい安村さんのように、とにかく明るくまっすぐな性格をもつ男。 その名も藤田雄也、弊社のCEO(チーフ エンターテイメント お父さん)です! 冬のライトアップイベントでこの10年ほどオーバーツーリズムという大きな課題を抱えていた岐阜県白川郷(正式には白川村)で課題解決を行い、仕組化したことで、ふるさと名品オブ・ザ・イヤーの地方創生大賞を受賞したNOFATEのCEO(チーフ エンターテイメント お父さん:2回

          わたしが伊藤忠商事を辞め、地域デザインで起業した理由。

          「故郷に戻りたい!」家族の思いを胸に、浪江でおむすびをにぎる。震災を乗り越え、ただいまの空間を創るまでのものがたり

          福島県、浪江駅から徒歩5分。 周りに視界を遮るものはなく、穏やかな空気があたりを包むその一画に、“おむすび専門店えん“はこじんまりとたたずんでいます。 「誰もが”ただいま”と戻ってきたくなるような、あたたかい場所にしたい。」 今回の主人公は、数多くの大切なことが失われた震災を乗り越え、 地元に戻り飲食店経営に挑戦した、栃本あゆみさんです。 えんを求めて、遠くから足を運んできたひと。 疲れた体に、優しい味をもとめてくるひと。 いつもと同じ時間にやってきて、1日を締めく

          「故郷に戻りたい!」家族の思いを胸に、浪江でおむすびをにぎる。震災を乗り越え、ただいまの空間を創るまでのものがたり

          新しい震災教育。現場の課題から小・中学生向けのリーフレット作成へ

          1.初めに ”小学生の自分が今、ここ請戸小学校に来たら何を思うのだろう” 請戸小スタッフの方から小・中学生の団体教育旅行についてのお話を聞いているとき、自分が小学校の時のことを思い出しながらお話を聞いていました。 小学生や中学生の興味は千差万別。どのようにしたら請戸小学校に来た小・中学生たちが請戸小に興味・関心をもって、震災の教訓を自分事として捉えることができるか。 これは、震災遺構請戸小学校における小・中学生向けのリーフレット作成に関するストーリーです。 みなさんが

          新しい震災教育。現場の課題から小・中学生向けのリーフレット作成へ

          震災から12年。家族の思いを胸に、300人以上の避難町民をクラファン×おむすびで繋いだ物語。

          *この記事は、クラウドファンディング"One for Oneプロジェクト"のアーカイブです。 プロローグ〜描きたい未来〜浪江駅から歩くこと5分。心地良い日差しを感じながら、いよいよ『おむすび専門店"えん"』を開業する日がやってきた。 ドアを開けて店内に入ると、目の前にはおむすびを頬張るお客さまとほのかに香る海苔やお米の匂い。 おむすびとの出会いは、わたしにとって新しい人たちとの出逢い。 わたしはおにぎりではなく、"おむすび"と呼ぶ。お結び、縁結び。 そう、数えきれない多く

          震災から12年。家族の思いを胸に、300人以上の避難町民をクラファン×おむすびで繋いだ物語。

          予約システム導入で、月100時間の日常業務を削減。行政こそ業務見直しをして民間に示す時代。

          東日本大震災の震災遺構として整備された福島県双葉郡浪江町にある震災遺構浪江町立請戸小学校(以下、請戸小)。開校から3年経ち、今では約6万人を超えるペースで多くの方が来校しています。団体予約の多い請戸小のような施設にとって、その繁雑な作業への負担は予想以上に大きなものなのです….。 今回は電話 / FAX /メール受付での団体予約から、システムを導入したウェブ受付に変更し、月100時間の業務を削減した案件をご紹介します。 人の手で書き込む日々…膨大な作業量に悪戦苦闘 請戸

          予約システム導入で、月100時間の日常業務を削減。行政こそ業務見直しをして民間に示す時代。

          オーバーツーリズム・観光公害対策、地域は本気で向き合ってますか?

          観光は地域を活性化させることができる一方、地元にとってマイナスとなること、不満や不安を与えることもあります。 それは昨今、世界各地の観光地で問題になっているオーバーツーリズムです。 強く言ってしまえば、『オーバーツーリズムは、大切な観光資源を失うリスクのある病気』です。ガンみたいなものです。この病気を放置することで、受け入れ側の疲弊から始まり、サービスの質の低下により、観光客と住民の摩擦が生じます。事態を変えないとリピーターの獲得もままならないのに、目の前の業務をこなすこと

          オーバーツーリズム・観光公害対策、地域は本気で向き合ってますか?

          コロナ禍2年間で学生38人を受け入れて分かった5つのこと。事業開発や未知の業務に向いている人とは。

          2020年は世の中にとっても弊社にとっても悲劇であり、しかし新たな方向転換の始まりでもありました。新型コロナウィルスが始まったと同時に、オーバーツーリズム対策として、白川郷ライトアップイベントの現場に立っていた私たちは、「あっ、拡散していくだろうな」という実感がありました。 というのも当初はまだマスクをしている人はほんの一部でしたが、中国含むインバウンドはどんどん流入していました。 ダイヤモンドプリンセス号以外にも実際は色んなところで広まってるだろうし、この現場にも紛れ込んで

          コロナ禍2年間で学生38人を受け入れて分かった5つのこと。事業開発や未知の業務に向いている人とは。

          ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』。願いや希望の持つ力は絶大なり!

          若いうちや経験がない時は自分が何をしたいかやどのような人生を歩んでいったら良いか分からないことも多いですよね。 そして多くの人がやりがいのある仕事に出会うことを望んでいますよね。 仕事のやりがいと、子どもの頃からの職業希望には関係があるそうです。 希望が持ちにくい今日、どうすれば希望をつくり出すことができるのか。 今回ディズニー創立100周年ということでディズニーが満を持して世に出した映画『ウィッシュ』は、願いの力をテーマにした作品です。 “これは見たい!”という衝動から映

          ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』。願いや希望の持つ力は絶大なり!

          15mの大津波から全生徒が逃げ延びた奇跡の学校、請戸小学校とは

          福島県内初の震災遺構として保存されている、浪江町立請戸小学校。海の目の前に立地するにも関わらず、教師と生徒の迅速な避難で、教師・生徒全員が助かった「奇跡の学校」とも言われます。 現在は防波堤で隠れてしまいましたが、当時は校舎の窓からはキラキラ水面が光る海の様子を眺めることができ、誰もが羨むような小学校だったと思います。 今回は、そんな請戸小と私たちの関わりについてお話ししたいと思います。 請戸小学校とは? *知らない方向けまずは、請戸小学校が分からない方はこちらへ。既に

          15mの大津波から全生徒が逃げ延びた奇跡の学校、請戸小学校とは