香月登

1969年、福岡県生まれ。國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻中退。技術評論社を経て独立。2003年株式会社デジカルを設立。書籍のデザイン制作事業を展開。2020年、出版事業を子会社化して株式会社金風舎を設立。本の出版のデジタル戦略で情報発信を支援する事業を展開している。

香月登

1969年、福岡県生まれ。國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻中退。技術評論社を経て独立。2003年株式会社デジカルを設立。書籍のデザイン制作事業を展開。2020年、出版事業を子会社化して株式会社金風舎を設立。本の出版のデジタル戦略で情報発信を支援する事業を展開している。

    最近の記事

    情報発信の本質を考え続けるあなたへ

    こんにちは、デジカルの香月です。 当社は、来年で創業20年になる書籍の企画制作プロダクションです。 2020年からのコロナ禍の変革を経て、培ってきた技術、経験を活かし次世代のための出版、情報発信を実現する会社として新たにスタートを切ることにいたしました。 この第3段階について、先月から「次世代型出版サービス」としてテスト販売を開始しました。 ポイントはマルチチャンネルとナラティブ・アプローチです。 マルチチャンネルについては、書店流通やネット書店配信に加え、すでにデジ

    スキ
    1
      • 「Isshikiはこんな思いから始まった」

        こんにちは。デジカルの香月(かつき)です。 今回は、創業当時から続けている本のデザイン制作事業について、これまでとこれからを、いつもと趣向をかえてお伝えします。 5年ほど前のことです。出版社の皆さまに特化したサービス型事業として整えはじめたころに、実績紹介とチーム紹介のためのリーフレット【Isshiki通信】の送付を開始しました。 一昨年、それをInstagram・Twitter+メルマガでオンライン化しようとしたところでコロナに直撃され、余裕がなくなって一時中断せざる

        スキ
        1
        • 電子書籍シリーズ企画の新機軸は「対談」と「プロモーション」です。

          『新版ミーニング・ノート』の発売から1年経ちました。 たくさんのレビューも頂いておりますが、お陰さまで金風舎の単行本第1号はロングセラーとなりました。 旧版のプリント・オン・デマンド版の販売から書店直販、取次口座開設してからの新版改訂発売と、著者の山田智恵さんから企画を伺って足掛け3年になります。 当初よりSNSでの宣伝に取り組んでいますが、さらに販売数を伸ばすためにはどうしたものかと考えたときに、山田さんが旧版発売直後から運営されているオンラインコミュニティの様子を拝見

          • 電子書籍シリーズ企画の新機軸は「対談」です。

            心理ジャーナリストでビジネス書作家の佐々木正悟さんと立ち上げた「情報整理大全」は、当初シリーズ刊行終了後に単行本として仕上げる企画として考えていました。 いまから1年ぐらい前のことですので、このころはまだ書店流通にも一縷の望みをもっていたんですね。昭和・平成脳のままでした。 実際に作り始めてみると、個々の企画にエッジが効いているので下手に一冊にまとめて書店に送り込むよりは、電子書籍のみのシリーズとして拡張性を考える方が得策と方針を切り替え、第2シーズンだ!と取り組み始めま

            スキ
            3
            • 「Isshikiはこんな思いから始まった」

              スキ
              1
              1か月前
              • 電子書籍シリーズ企画の新機軸は「対談」と「プロモーション」です。

                1か月前
                • 電子書籍シリーズ企画の新機軸は「対談」です。

                  スキ
                  3
                  2か月前
                  • ご応募ありがとうございました。

                    制作デザイナーの募集を休止します。 昨年7月に始めた制作デザイナーの人材募集は、国境を超え海外からもご応募頂きました。弊社の募集に興味を持っていただきご応募いただきありがとうございました。 想定の倍以上25名の方に加わって頂けたこと、育休社員が復帰したこと、また若手人材を採用できたこともあり、この新しい体制を固めるため、しばらく募集を中断いたします。 昨年夏、オリンピック直前の度重なる緊急事態宣言を受けフルリモート体制を決断しました。 もともとオリンピック後の不況対策

                    • ホームページを改修しています。

                      私たちが何をやっているのか? なぜやっているのか? については、ブログ、フェイスブック、営業先でのセールストークで対応してきました。 ただ、あまりにも早い社会変革に対し、追いつくことに必死になっていることを言い訳にして、デジカルが「どういう会社なのか」を知ってもらう努力を怠っていた点は否定できません。 先日タグライン(ひとことで当社のことを表すキャッチコピー)を変更しました。 ここで「本」といっているのは、本屋で販売している書籍の意味とともに、体系的に知識や情報がまとま

                      • 優れたタスクフォースに必要なこと

                        「タスクフォース」という言葉をはじめて知ったのは、WWⅡの米国製ボードゲームを友人とやっていた中学生のころです。 日本語で「機動部隊」ということは知っていましたが、具体的にどういうものなのかは、実のところ最近まで分かっていませんでした。 それは偶然の産物プロジェクトを立ち上げるまでもないが、複数の人間で短期間に実行しないとならない業務をどうしたらいいかとカウンセラーに相談をかけたときのこと、「タスクフォース組めばいいんじゃない?」 とこともなげにあっさりと言われ、その勢い

                        スキ
                        1
                        • 学生スタッフチーム/23年度オンラインインターン募集

                          デジカルは、本をつくる会社です。 2020年から猛威を振るいはじめた新型コロナウイルス。 学校や仕事、イベントなど、多くの対面の活動が制限されました。 私たちデジカルの学生スタッフも、オフィスに出社し、対面で仕事を行うことは難しくなりました。 しかしそんな中でも、オンライン上でコミュニケーションをとりながら、活動を続けました。 それは、このコロナ禍でも、いえ、このコロナ渦だからこそ、人には何らかの「伝えたいこと」があり、 私たちの仕事は、その「伝えたいこと」を、「読

                          スキ
                          2
                          • 「デジカルは、本をつくる会社です。」

                            タグラインを変えました。 2017年の8月に決意し、2年かけて整えたところで流行り病になり、そこからさらに2年近くロスしましたが、振り返ってみれば、大変でしたが変革は加速できていると思います。 つくるを「作る」と「創る」の2つに切り分けた上で一本(一流)化し、古い部分が残っている「売る」は金風舎として分社化することで、デジカル本体を知的産業分野に集中して伸ばしていく戦略です。 創業来の「作る」事業は、Isshiki(オレンジ)として集約し、テレワーク対応の知識集約サービ

                            スキ
                            1
                            • 本をつくる会社 |株式会社デジカル

                              先日、取材を受けたときに「御社をどういう会社として紹介すればよいですか?」と尋ねられました。 出版社で間違いないのですが、そこから一段上がったところでサービスを提供しているので答えるのが難しい質問です。 デジカルは、2003年に書籍の企画制作プロダクション(出版社の下請け会社)として創業しました。2005年頃から版元に装丁デザインを提供するデザイン室を立ち上げ、そこから現在の本のデザイン制作サービス「Isshiki」へと拡大させています。 2013年には電子書籍の出版レ

                              スキ
                              2
                              • 「本のデザイン制作」サービス(Isshiki)のご案内

                                私たちは、出版を実現したいお客様のためのデザイン制作チームです。 的確な設計と正確な作業で、みなさまの想いを本のカバーや誌面に仕上げます。 書店流通の本、Amazon の電子書籍、配布用の小冊子やパンフレットなど、読まれる本・冊子の作り方や出版方法なども、わかりやすく「一式」でお届けしています。 Isshikiサービスの特徴プロフェッショナルチームです デザイン制作一式案件は、複数のデザイナーをチームアップして対応しています。 本文フォーマットデザイン、本文制作(組版)を

                                スキ
                                1
                                • 本の出版プロセスを情報発信に活用する提案ができる会社。

                                  旧ブログからnoteに乗り換えてちょうど2年半経ちました。切り替えた理由は「新しいデジカルを展開するため」でした。 そのうちの2年間がこの流行り病で渦中ですが、それでもポツポツと「これからこうする!」ということを書き続けてきました。 最近、デジカルと私を知って興味をもった方は、どうぞ過去記事を読んでみてください。この2年、言っていることは変わってない(が進化はしている)と理解して頂けると思います。 書いていることは、創業来の事業をどう成長させていくのか、そこからどのよう

                                  スキ
                                  3
                                  • デザイン・制作業務のフリーランス人材を募集します。

                                    本のデザイン制作事業(Isshiki)の増強のため、新たな人材募集を開始します。 当社はコロナ禍前から、業務のデジタル化とリモートワーク化、プロフェッショナルとのチームアップを積極的に進めてきました。 昨年の秋、これまで正社員雇用のみだったデザイナー募集をフリーランス人材まで広げたところ、優れた人材に多く加わって頂くことができました。 数名のスターティングメンバーで3ヶ月の試運転の結果、社内のマネジメント体制も整って参りましたので、お客様のさらなる要望に応えられる体制と

                                    スキ
                                    4
                                    • 【経営者限定】デジタル・パーソナルトレーナー

                                      自社のデジタル化やネットでの情報発信、テレワーク化に取り組みたいが、自分が使いこなせていないのでよくわからない、二の足を踏んでいるといった経営者の方がいらしたらお気軽にご相談ください。 何をどうしたらよいのか(しなくてもよいことは何か)、ご要望に合わせて個人的にレクチャーいたします。 自己紹介パソコン解説書編集者としてキャリアスタートして、いまはデジタル出版に対応したデザイン制作会社と出版社を経営しています。プロフィールはこちら。 PC/IT歴ですが、Windows、M

                                      スキ
                                      4
                                      • 2022年、仕事始め

                                        あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 昨年は、一昨年からの流行り病のゴタゴタで、ご多分に漏れず筆舌に尽くしがたい1年となりました。 年始の挨拶をWordpressからnoteに変えたのに、またWordpressに戻っているところにそれが現れてますが、思い返せば1年前の今ごろがちょうど弱気のピークだったと思います。 そこから半年、後手後手の経営でしたが、6月にこのままじゃいかん!と一念発起して舵切り替えました。 そして無事年越しを迎えられ

                                        • 古い事業から新しい事業を生み出し「儲け」を作り直す面白さとは。

                                          株式会社デジカル代表の香月(かつき)です。 創業18年になる企画デザイン会社です。この数年開発してきたデジタルコンテンツの企画・制作・販売事業を展開段階に進めています。 何をしている会社なのか当社は、2003年に編集プロダクションとして創業して、本のデザイン制作事業で業績を伸ばしてきました。 数冊のミリオンセラーをはじめ、数千冊のビジネス・実用書の制作に携わってきました。主な取引先は出版社ですが、事業会社や著者個人の出版にも携わっています。 10年前から電子書籍の企画