見出し画像

目の奥に、強い痛みを伴う涙が溢れたら、感情にフタをする

涙の流し方には種類がある。

目の中でじわじわと溢れそうになる涙、すっと頬伝う涙、鼻をすすって涙が出るのを我慢する涙、歯を食いしばって止めようとする涙(でもとまらない)、目の奥に強い痛みを伴う涙。

兄が亡くなってからの2年間、大きな悲しみの故に涙することが多かったなかで、泣き方に種類があることにふと気づき、それらを知りたくて涙が襲ってきたときに、落ち着いてから必ず日記を書いていた。

何を思い出したのか、何を見たのか、何を聴いていたのか、どんな風に涙がこみあげてきたのか、この涙は以前にどれに似ているのかを事細かに記録し、それらを総合した結果、涙の流し方にはおおまかに5つあるのことを知った。

様々な泣き方の中で一番辛いのは、歯を食いしばって涙を流すとき。
頭の中を走馬灯のように悲しい記憶が押し寄せてきて涙が猛烈に出てきて、止めようにも止まらない。この症状になったら泣き止むのを身体に任せるしかなくてただ泣きっぱなし。泣いているときは永遠に続くのではないかと毎回不安に思うけれどちゃんと泣き止む。泣き続けられない身体の仕組みの事も知りたい。

もっとも困るのが、ほんのちょっと何かを思い出しただけで、目の奥に強い痛みを伴い溢れ出しそうになる涙のとき。他の涙と明らかに違うのは時間。考えてから涙出る前の時間が早い。思い出したのと同時に痛みと涙がガッとくる。

家にいるときはあまりならずに、仕事中や電車に乗っているときなど、ふとした瞬間に訪れるからこのときばかりは、無理矢理にでもストップさせるために頭を振ったり、立ち上がったり、とにかく身体のどこかを動かして感情にフタをして意識を別にところへ行かせる。

ガッとくる猛烈に襲ってくる涙の正体は、もっとも深淵な悲しみに触れているときであり、その経験を何度かしていくうちに、少しづつ涙の衝動に変化が訪れるのではないかと考えている。

涙についての参考文献があまりない中、先日図書館で見つけた「涙―人はなぜ泣くのか」に、「エモーショナルクライング理論」というものがあり、研究や実施された調査結果が記されている。

まだ読めていないので私の知りたいことが書かれているのかまだわからないが、私は悲しみの深さと泣き方に相関性があると考えている。泣き方が悲しみのバロメータと化し、それを体験することで、癒やしのプロセスを体感し、辛さ・悲しみともにでも豊かな生活を育めると信じている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。頂いたサポートをどのように活用できるかまだわからないです・・・。決まるまで置いておこうと思います。

また書くね!
3
Webディレクター。カウンセリングの勉強をしています。死生観、死別、傾聴など、アウトドア・料理などが読めるnoteです。書くことで変化する思考に興味があります。好きなこと・興味あることを全開に書いていくnoteにしたいので日々気になったモノ・コトを書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。