苦しいときこそ自分のために
見出し画像

苦しいときこそ自分のために

スポーツに関する記事を読んでいると「苦しいときこそチームのために」という言葉を目にすることがある。チームを会社に置き換えても、同じような記事を目にする。

日本では個を殺して集団のために犠牲になることが美徳だ、という考え方が根強く残っている。ただ、僕は会社員として働きながらも、一貫してこの考え方には異を唱えてきた。「苦しいときこそ会社のために」と言われるような状況に追い込まれたときのみ、僕は転職という選択をした。

ただ、この価値観はアメリカでもあるらしい。

僕が好きなエピソードがある。イチローがシアトル・マリナーズでプレーしていた頃チームは低迷していた。あるときチームのミーティングで、ベテランピッチャーが若い選手に向かってこう言った。

「苦しいときほどチームのためにがんばれ」
「チームが負けている今こそ、お前らはもっとがんばれ」
石田雄太著「イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019」より

しかし、イチローはあえてミーティングでこう発言したという。

「僕に『もっと』はない」
石田雄太著「イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019」より

イチローという人は、プロの価値観は「個を生かすことが集団のためになる」ということを一貫して訴えてきた人だと思う。チームが勝てば嬉しいけど、自分が活躍しないでチームが勝つだけを喜ぶのは、自分の存在価値がないともいえる。だからこそ、イチローという人はプレーを通して自分の存在価値を示し続けたし、示し続けようとした。

「チームが勝って、自分の結果も良かったというのが理想です。でも、自分の結果が全然なのにチームが勝ってそれでいい。というのならそれではプロの選手として魅力がないと思う。」
小西慶三「イチローの流儀」より

勘違いしている人がいるけど、スポーツも、仕事も、みんなで仲良くすることがチームワークではない。むしろ、仲が良くない人と上手くやるのがチームワークの本質だ。一人が他人のミスをカバーできるほど、仕事やスポーツで表現することが高度になるほど甘くない。自分のベストパフォーマンスを追求し、出来ることを増やすことでチームに貢献する。これが本当のチームワークだと思う。

だいたい負けているチームに所属している人ほど「チームのために頑張ろう」「チームで勝つ」と言う。自分がやれることをやっていれば、チームのためになんて言わない。個の力があればチームで勝つなんて言わない。プレーヤーは自分のベストプレーを表現し、勝たせるのはマネージャー(監督)の仕事だ。「チーム」を隠れ蓑にして自分の責任から逃げる個人が多すぎる。

王貞治はこう語っている。

「オレは自分のためだよ。だって、自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、チームのために、なんていうヤツは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にはチームのためになると思うね。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。何々のためにとかいう人は、うまくいかない時の言い訳が生まれてきちゃうものだからな」
石田雄太著「イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019」より

落合博満が中日の監督に就任した当初、選手に対してこんな言葉をかけたそうだ。

「球団のため、監督のため、そんなことのために野球をやるな。自分のために野球をやれって、そう言ったんだ。勝敗の責任は俺が取る。お前らは自分の仕事の責任を取れってな」
鈴木忠平著「嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか」より

自分のことは、自分で責任をとる。自分で責任取れないことはやらない。自分の人生の責任やリスクを管理し、決断ができないプロが、生き馬の目を抜く苛烈な競争や、瞬時の決断が求められる世界で、責任を負って決断を下すことができるのか。僕はいつもそう思っている。

なぜこんなことを書いたかというと、先週ある場所である人が「苦しいときこそ自分のために頑張れ」と発言していたのを聞いてとても嬉しかったからだ。ただ、聞いた人たちにその真意が伝わっていない気もしたので、補足の意味で書いてみた。

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西原雄一

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! サポートで得た収入は、書籍の購入や他の人へのサポート、次回の旅の費用に使わせて頂きます!

うらおもて人生録(色川武大)
INFOBAHN / Project Manager | 大和シルフィード / 分析サポート担当 | note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」運営 | 🏃🏻‍♂️と☕️が好き | THA BLUE HERBと山下達郎も好き