見出し画像

「スポーツしかしてこなかったから何もわからない」

長い人生の中で、アスリートとして競技に没頭できる時間は決して長くはない。

アスリートとしての「あなた」は競技を終えた後も「あなた」であり、
人生は途切れることなくその後も続く。

引退したアスリートに対し、

「セカンドキャリア」「第二の人生」

という言葉をまるで枕詞のように付けることに私は違和感を感じる。
一度しかない人生に、第一も第二もないのではないだろうか?

アスリートがよく口にする言葉
「スポーツしかしてこなかったから何もわからない」
の真意は、

『これまで明確にあった目標がなくなった今、
 どこを目指して何をすれば良いのか”わからない”』

『何を学べば良いのか、何から始めれば良いのか”わからない”』

中にはスポーツしかしてこなかったことを言い訳に、わからない自分を正当化する者もいる。

つまり、目標や目的が見えなくなっていることが真意ではないだろうか?


あなたが人生をかけて目指したい場所は?
おそらく、今のあなたにはまだ明確には見えていないと思うし、
それは決して恥ずべきことではない。

ただ、自分の中に目指す未来が見えたアスリートの
行動力・突破力・PDCA能力は群を抜いており、
鍛え抜かれた体力によって集中力が続くという特性もある。

他人の痛みがわかる、チームが求めている自身の役割がわかる、
己を厳しく律することができる、目標に向かって努力を積み重ねることができる。

これらはすべて、スポーツによって培われた『非認知能力』の賜物である。
特に、挫折した経験、仲間と壁を乗り越えた経験、様々な経験により
非認知能力(学力ではない能力のこと)が磨かれると言われている。


アスリートにはアスリートの強みがあり、強みの活かし方がある!

Athletes Business Unitedで多彩な講師陣からビジネスの基礎を学び、
同志である意識の高いアスリート達の価値観に触れながら
一度しかないあなたの人生における『目指す場所』を見つけて欲しい。

【Athletes Business Unitedという名称に込めた想い】

アスリート(A)としてのあなたと
ビジネスパーソン(B)としてのあなたを結合(United)させ、
一度しかないあなたの人生において、進むべき道の選択肢を広げる。

どの道を選ぶかを自ら決める力を養っていく。

人生のハンドルを自分で握れるようになるために、
他競技のアスリートや経営者の価値観に触れる。

ビジネスの基礎を学べるアスリートに特化したビジネススクールであり、
アスリート受講生(A)とビジネスパーソンである講師や会員企業(B)が
一致団結し(United)アスリートの「次の一歩」を本気で応援しあうコミュニティとなる。

【Athletes Business Unitedの宣誓】

アスリートに対し「セカンドキャリア」や「第二の人生」という言葉が使われない社会を作ります!
アスリートがスポーツを通じて培った、類稀なる「非認知能力」を活かしビジネスパーソンとして社会に貢献する人財を育成することで、スポーツの価値の向上を目指します!

【Athletes Business Unitedの事業内容】

アスリートのために
・ビジネスの学び
・就職支援
・起業支援(法人設立・事業計画等)
・事業プロデュース
・マネジメント(講演・企業研修等)
・コミュニティ活動(アスリートCEO倶楽部・女性アスリートプロジェクト等)

企業のために
・アスリート人財紹介
・アスリートとの協業プロデュース
・ブランディング支援
・スポーツビジネスコンサルティング
・マーケティング事業(アンケート・テストマーケティング等)
・各種企業研修(講師+アスリートによるコラボ研修)
・各種経営支援(補助金・助成金等)

社会のために
・アスリート×地方創生
・アスリート×一次産業
・アスリート×部活動支援
・アスリート×伝統工芸

【お問い合わせ・資料請求】


ABUでの学びに興味のあるアスリートの方
以下のリンクより資料請求が可能です。

就職や転職で悩んでいる、今後の目指すべき場所がわからないアスリートの方、
あなたの悩みをお聴かせください。
以下のリンクより都合の良い日時を選んで登録ください。


ABUで学ぶ、意識の高いアスリートの採用に興味のある企業様、
詳しくご説明しますので、以下のリンクよりご都合の良い日時を選んで登録ください。


日本初、アスリートに特化したビジネススクール「ABU」は開校から4年、
のべ400名を超えるアスリートコミュニティへと成長してまいりました。
今月から第11期の講義が始まります。
たくさんのアスリートたちと会えることを楽しみにしています。

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?