見出し画像

日本酒 古酒・熟成酒飲み比べ(岐阜市 合資会社 白木恒助商店 達磨正宗 熟成古酒 2020年・2018年・2015年・2013年・2012年・2010年)、そして、白木会長のお話

yukito | 日本酒 古酒 熟成酒

日本酒熟成・古酒では、最も有名な酒蔵のひとつ、岐阜市の白木恒助商店(しらきつねすけしょうてん)。

先日、その会長である白木善次(しらきよしじ)さんのお話を聞くオンライン・イベントが、長期熟成酒研究会の主催で行われました。

達磨正宗飲み比べ

まず、白木会長のお話を聞きながらいただいた、達磨正宗の飲み比べ。
右から、達磨正宗 熟成古酒 2020年・2018年・2015年・2013年・2012年・2010年です。

画像1

全て、同じ造りの純米酒で、精米歩合70%から75%、アルコール度数16度以上17度未満です。
白木恒助商店さんのサイトに掲載されている商品のなかだと、「未来へ」にあたるとのことでした。

ところで、以前、日本酒の醸造年や熟成年数は、ラベルに記載があっても、とても分かりにくい、という話をしました。

原因のひとつは、お酒を造った年が、多くの場合、普通の人には馴染みがない酒造(醸造)年度で記載されているからです。
この「酒造(醸造)年度」は、何と7月1日始まりで、翌年6月30日までなんです。
こんなことを知っている消費者なんて、ほどんどいないですよね。

白木恒助商店さんでは、お酒を造られた年を暦年で表示しています。
なので、とても分かりやすいです。
できれば、これを日本酒のルールにしてほしいな、と。

達磨正宗 2020年

色は、黄色に近いレモンイエロー。

画像2

タイ料理などのエスニック料理に合いそうなお酒です。
と言うのも、香りが少しスパイシーで鼻にすーっと来る感じがあるから。
ヨーグルトのようなおだやかな酸っぱい香り、みたらし団子のたれのような甘旨に感じる香りもあります。
味は、甘旨に酸味が加わった感じで、余韻は、そんなに長くない。
ことに二口目からは旨みがパッと消えた後に、ほのかな苦味が続くキレのよさも、辛い食事にぴったりです。

達磨正宗 2018年

色は、2020年ものにとても似ていて、より黄色に近いレモンイエロー。

画像8

色、香りは、2020年ものと似ていますが、野菜のてんぷらとかと合いそう。
より濃厚なみたらし団子のたれのような甘味と旨味を感じる香り。
味と余韻は、2020年ものとかなり違います。
酸味と甘旨味がしばらく続いた後、苦味が少し加わる感じ。
余韻は、結構長い甘旨味のあと、ほんのりとした酸味と苦味が続きます。

達磨正宗 2015年

黄色に数滴ブラウンが加わったような色。

画像6

焼き鳥とか照り焼きが食べたい!
旨味の中に甘味があり、酸っぱくなったあと、甘旨味に覆われた酸味と苦味が続く、ふくよかなおいしさ。
少しスパイシーな感じの、しいたけの甘旨煮のような香りも、素敵です。

達磨正宗 2013年

2015年ものとほぼ同じ色だけど、ほんの少し濃い色、黄色っぽい琥珀色。

画像3

ナッツ、チーズ、天ぷらとかが合うお酒です。
2015年ものに比べると、香りには、より甘味や旨味、コクを感じますし、味も、よりふくよかでまとまった味わい。
甘旨味に覆われたほどよい酸味と淡い苦味、その後続く甘旨味の、長〜い余韻が楽しめます。

達磨正宗 2012年

2015年ものや2013年ものと似ているけど、より琥珀色に近い、淡い琥珀色。

画像8

揚げ物、濃厚なソースをかけたとんかつとかが食べたくなる!
チーズとも合うと思います。
しっかりした甘旨味が、揚げ物に負けません。
しかも、そのあと酸っぱくなって、また甘旨くなり、少し苦味が加わる複雑な味わいです。
香りは、2013年ものや2015年ものと似ていますが、さらに甘味と旨味が凝縮され、よりまろやかな仕上がり。

達磨正宗 2010年

琥珀色。

画像5

チーズ、中華料理、しっかりとした味付けの煮物と一緒にいただきたいです。
少しの酸味と苦味が加わった、甘旨味のとても長い余韻が、料理の味付けとハーモニーを奏でそう。
しいたけの甘旨煮やたまり醤油の香りがする、琥珀色で、きらきらした、とっても美しいお酒です。

前回、紹興酒みたいな日本酒 古酒・熟成酒の話をしましたが、まさに、そんなお酒です。

飲み比べのまとめ

色と香りは、2020年ものと2018年ものが似てます。
また、2015年もの、2013年もの、2012年ものが似ていました。

色や香りの違いより、味や余韻の違いの方が、ビンテージ毎にはっきりしていました。
熟成期間が短い方が、酸味を感じ、時間が経つと、酸味はまろやかになり、甘旨味が前に出てくるように感じ、余韻も長くなって、特に甘味と旨味が続きます。

もちろん、どれもとってもおいしかったです!

白木善次会長のお話

白木会長のお話は、大変興味深く、一部をご紹介します。

画像8

約50年前、地酒が下り坂で、みんなが吟醸酒に向かって行った時代に、白木会長は、敢えて古酒・熟成酒造りに挑戦されました。

お酒の良し悪しは特定の集団の嗜好で決まらない、人間の嗜好はさまざまである、というお考えが、白木会長には若い頃からありました。

また、白木恒助商店の日本酒は、江戸時代の創業時から、色がついた、甘口で味がしっかりした濃いものだった、とのこと。
そんな日本酒を、白木会長は若い頃から飲んでるので、自分にとっての日本酒も、色がついた、味がしっかりしたものだったそうです。

人間の嗜好はさまざま、という考え方や若い頃からの味覚が、古酒・熟成酒に挑むことになったことと繋がっていると思う、とのことでした。

造り始めた頃は、首都圏のデパートとかに営業に行っても、門前払いになることもよくあったし、全然売れずに、在庫が増えることもあったそうです。

ただ、日本酒の古酒・熟成酒は鎌倉時代からあるので、日本民族の味覚から絶対に消えていないという信念があり、それが諦めずに続けて行くエネルギーになりました。

また、足をひっぱられることはありましたが、特にアルコール業界以外の人たちの励ましが糧になることが多く、決定的なダメージにならなかった、とおっしゃっていました。

最初の10年ほどは、吟醸酒、純米酒、アルコール添加したものなど、いろんな日本酒を造って、熟成させてみたそうです。
そして、まずは、蔵の熟成酒の基準を作ろうということになった、とのこと。
結果、米は地元の食用米、米の磨きは70%から75%くらい、酵母は協会7号、速醸酛(乳酸添加をする)と定められました。 

ところで、最近では、白木恒助商店の古酒・熟成酒は、ASEANの夕食会JALのファーストクラスで振る舞われています。

日本酒に飲み頃はあるのか?

以前、日本酒にはさまざまなおいしさがあるので、ひとりひとりが飲み頃を見つければよい、という話をしました。

今回のオンライン・イベントで、事前に送られてきた6種類の日本酒に飲み頃はあるんですか、熟成しすぎとかはありますか、という質問が出ました。

白木会長によると、ワイン通の人は、飲み頃のピークや下り坂の話をされるけれども、ご自分は、日本酒について、いつがピークで、いつから下り坂かという判断はできないそうです。

ただ、あるとき、あまりよくなかった日本酒が、10年熟成させたらすごくよくなった、ということはあった。
日本酒は、空気に触れ、オリが出て、熟成段階が進んでいくと、香味が変化する。
それでも、どの時点がピークだとか下り坂だとかは、皆目検討がつかない。

蔵で一番古い50年ものの日本酒は、品格もあり、思いもかけないような日本酒になっているけど、いつが飲み頃のピークか、分からないそうです。

送られてきた6種類の日本酒、私は、どれもおいしいと思いました。
要は、「その人が、おいしいと、感じた時が、飲み頃!」
会長ほどの方でも分からないのなら、それでいいんじゃないかな、と思います。

最後に、会長がおっしゃっていた50年ものの日本酒。
白木恒助商店のサイトで、販売中です。

一番小さい瓶でよいと思うので、できれば2本かそれ以上購入して、1本は、50年前を思い出しながら、あるいは、想像しながらいただいてみて、あとのは、しばらく自宅で貯蔵・熟成させてからいただいてみるのが、個人的にはオススメです。

最後になりましたが、白木会長、おいしいお酒と貴重なお話をありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yukito | 日本酒 古酒 熟成酒
ある日、家に数年放っておいた日本酒を飲んでみたら、明らかに、まろやかで、おいしくなっていた。 人に勧めてみたら、「おいしい!」と。ただ、日本酒の古酒・熟成酒については、意外と知られていないよう。 そこで、日本酒の、主に古酒 熟成酒について学んだことや気づいたことを綴ります。