見出し画像

マルカート

※ 以前書いた「ガボット」を朗読用に手直ししたものです

 
 目が覚めた。一応、まだ生き続けなきゃいけないみたいだ。着替えると、ぼくは階下に降りた。
 食卓の上に片付け忘れたらしい新聞が置いてあった。ちらりと、それを見た。ムンクの絵を盗んだ犯人が捕まったらしい。
 奪ったり、取り返したり。そのほかにも、世の中では、いろいろな事が起きていたが、それらに対して、ぼくは、もう、うまく感情を感じることができなかった。
 
 家族が起きる前に、ぼくは、急いで家を出て、自転車で川辺へ向かった。くしゃみが出た。鼻をすすることもできず、液体が地面に垂れた。まだ、花粉が飛んでいるのだろうか。
 
 ぼくは、護岸に腰かけて、川を見ていた。
 河面(かわも)を眺めていると、ふと、弦楽器の音が聞こえた。
 多分、彼女の方がだいぶ年上だったと思う。
 昼間からこんな所に来ている。何をしている人なのか。じっと見つめていると、きっとにらみ返された。
 ぼくは、彼女から目を逸らした。
 彼女は、バイオリンで、繰り返し、繰り返し、同じ曲を弾いた。何時間も。
 なんか独特な曲だった。しかし、聞いていて、ぼくは飽きなかった。
彼女が立っていた場所を通りかかると、草の中に何かの器具が落ちていた。
 何だろう。
 次の日も彼女が来たので「これ、お姉さんの?」と、ぼくは、それを見せた。
 つかつかと近づいてきて、彼女は、それを引ったくると、「ありがとう、探してたの!」と言いバイオリンに取り付けて、顎と肩の間を支えた。
そのときから、彼女は、ぼくが近くで、聞いていても文句は言わなくなった。
 毎日毎日、雨でも降らない限り、彼女は、同じ曲を弾き続けた。修行僧のように。
 ときどきお互いに、聞いたりした。
 
「いつまで弾くの?」
 
「気が済むまで」
 
「いい男が、いつまで、昼間っから遊んでるの?」
 
「気が済むまで……」
 
 2年、彼女と僕は、河川敷に通って、最低限の会話しかしなかった。
 つながっていたのは、その独特なバイオリンの曲だけだったような気がする。
 曲を聞いていると、ぼくはいろいろなことを思い出した。ときどき、感情がよみがえり泣きそうになった。しかし、我慢していた。
 
 でも、その日の彼女の曲は、同じ曲なのに、何かが違った。
 ぼくは、涙を抑えられなかった。泣いているぼくを見て彼女は言った。
 
「気が済んだ。もう来ない……」
 
「ぼくも、気が済んだ。もう来ない……」
 
 さよならも言わず、ぼくらは別れた。
 
 ぼくが学校に行けるようになって、それから、もっとずっと長い歳月が過ぎた。
 
 その日、ぼくは、店に飾られている「ムンクの叫び」のレプリカを見ていた。
 ムンクは、習作も含めると、このモチーフの絵を数え切れないほど、繰り返し描いたという。
 割り切れない人生の何かを、彼は描き切ることができたのだろうか。ムンクは、入院するほど精神を病んでいたのに、当時としては、非常に長生きした。
 
 店に客が入ってきた。注文のコーヒーを入れていると、ラジオから、あの曲が流れた。
 
――お送りしましたのは、○○○○でした。
 
※ 最後の曲名は、もとは、リュリのガボットとしていたのですが、朗読で使われる際は、最後の一行は省略してもよいです。曲名も使うBGMなどに応じて自由にして頂いて構いません。

作品ご利用に関して


・この作品は朗読、配信などで、非商用に限り、無料にて利用していただけますが著作権は放棄しておりません。テキストの著作権は、ねこつうに帰属します。
・配信の際は、概要欄または、サムネイルなどに、作品タイトル、作者名、掲載URLのクレジットをお願いいたします。
・語尾や接続詞、物語の内容や意味を改変しない程度に、言いやすい言い回しに変える事は、構いません。
・配信の際の物語の内容改変をご希望される場合は、ねこつうまでご相談ください。
・また、本規約は予告なく変更できるものとします。当テキストを用いた際のトラブルには如何なる場合もご対応いたしかねますので、自己責任にてお願いいたします。

HEARシナリオ部用の朗読作品リストへ

小説やエッセイの目次へ



この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?