happy esports

121
記事

happy esportsとは? 謎部えむとは? 自己紹介します

国内のeスポーツシーンについてマーケティング目線で考察している個人メディア、「happy esports」の運営をしている謎部えむです。この記事では初めて来…

eスポーツチームはどのようにコンテンツマーケティングを活用できるか?

GW前から『ゴールデンカムイ』が110話まで無料で公開されていて、毎夜読み耽っていたら生活リズムが狂ってしまい、さらには続きが気になりすぎて110話以…

ファンに選ばれるブランドへ、そのためにサッポロビールはeスポーツシーンに伴走する

いわゆる大企業がスポンサーとしてeスポーツシーンに注目するようになって久しい。 eスポーツとの距離感や協賛の方法はそれぞれだが、eスポーツ業界自…

eスポーツの価値、そしてeスポーツを自分の物語として編むために「書く」こと

2019年の夏、僕はある対戦ゲームに夢中になっていた。1人で黙々とプレイし、そのゲームの実力を示すランクを上げることに熱中していた。そしてその最も…

eスポーツチームはファッションを通じて何を実現するのか? NYXL、FaZe、C9…

日本でもeスポーツにファッションの価値が取り入れられるようになってきたが、アメリカのチームはもっと先を走っているなぁと感じた記事を見つけたので…

Logicoolが追求した体験の価値、家電量販店を起点としたeスポーツマーケティングの始ま…

先日、Logicoolが家電量販店でゲーミングデバイスコーナーを開拓してきたという偉大な仕事を讃えたい、と思って記事を書いた。そうしたら、当時の担当責…

ゲームのスキルを上げるか、仕事で使えるスキルを学ぶか──大人のためのeスポーツ×教…

このところ『オートチェス オリジン』にかまけていて、それ以外には不健康で非文化的な最低限度の生活と仕事しかしていないが、ゲームをプレイする時間…

家電量販店にゲーミングコーナーを開拓したLogicool、その偉大な挑戦を讃えたい

ヨドバシカメラやビックカメラ、ソフマップなど家電量販店に行くと、いまや当たり前のようにゲーミングコーナーがある。 そこには(主に)PCゲームをプ…

eスポーツチームが最強のコンテンツメーカーになれる理由、なるべき理由

eスポーツチームのビジネスモデルは極めて現代的だ。まず無料でコンテンツを提供してファンを作り、そのファンを起点にさまざまなマネタイズを行なう。 …

noteをもっと活用したいときのeスポーツノート相談室、始めました 【個人・団体・法人向…

eスポーツシーンにおいてnoteを活用できるケースはたくさんあります。 すでに利用している方も多いですが、一方で、継続できない、記事を作れない、反…

中高生でも分かる「ブランド」のこと──自分らしさを表現するパートナーとして

最近僕は「eスポーツブランド研究家」をあえて名乗っています。eスポーツシーンにおけるブランドの潮流や動向に興味があってのことです。 eスポーツに…