happy esports

143

マガジン「happy esports」とは?

国内のeスポーツシーンについてマーケティング目線で考察している個人メディア、「happy esports」の運営をしている謎部えむです。この記事では初めて来てくださった方のために、弊誌の紹介をしています。 どういったコンセプトで運営しているのか。 どういう記事を掲載しているのか。 どんな読者がい…

eスポーツプレイヤーと個人ゲーム開発者の似ているところ

好きでゲームをプレイしているeスポーツプレイヤーと、好きでゲームを作っている個人ゲーム開発者はすごく似ているところがあります。 気質や業態のような点ではなく、なぜか周りの人たちがサポートしてあげたい、サポートしてあげなければならないと思わせているところです。 生活に困っているわけ…

2021年はeスポーツ当事者の言葉をもっと浴びるように聞きたいし読みたい

あけおめです。2021年も謎部えむをよろしくお願いします。 今回は最初にお知らせ、次にhappy esportsの方針、最後にeスポーツ業界への想い、有料パートでeスポーツ業界のあれこれについて書き殴っています。 ご存知の方もいるかもしれませんが、僕は昨年末からnote公式のトーク番組「Jiniと謎部のnow…

390

なぜ企業がeスポーツ部を作るのか? 新たなシーンとして盛り上がりつつある理由

現在の国内eスポーツ事情を示唆する事柄の1つとして、ゲーム業界外の企業が参入していることが挙げられます。 その参入の形で面白いのが、いろんな企業で社内eスポーツ部がいくつもでき上がっていること。ただの体感で実測ではないものの、プロチームや活動的なアマチュアチームの総数に匹敵するくら…

eスポーツに他業界の企業が当たり前に参入する時代、ビジネスセミナーのモデレーターを…

こんばんは、謎部えむです。実は8月28日(金)に、「eSPORTS TRINITY」というビジネスセミナーにモデレーターとして登壇してきました。 eSPORTS TRINITYはeスポーツ業界に参入したい企業が、すでに参入して知見を蓄積している企業からノウハウを共有してもらえるセミナーです。 ※モデレーターは簡単…

Red Bullのマーケティング哲学を知っているか? すべてが書かれた本がここにあ…

国内のeスポーツシーンにおいて、Red Bullというブランドの存在感は不動のものになりました。いまやRed Bullは単にエナジードリンクの一銘柄というだけでなく、シーンやコミュニティを支えてくれる心強い味方として認識されています。 レッドブル ジャパンは日本に進出した2006年以降、eスポーツを含…

日本でFPS/TPSがこんなに人気になるなんて! 主要eスポーツタイトルを見てみよ…

Splatoon PUBG Rainbow Six Siege CoD 荒野行動 Fortnite Apex Legends VALORANT これらはすべて、2020年のいま日本で人気のあるFPS/TPSの対戦ゲーム(対戦シューター)、いわゆるeスポーツタイトルです。 いずれにも多大な人気を誇るプロチームがあり、絶大な影響力を持つ人気ストリーマー…

企業は複数部門を持っているeスポーツチームにスポンサーすべき? キーワードは「成長」…

もし自分がeスポーツに関心を持っている企業の担当者で、一存でチームや選手へのスポンサー(協賛)を決められるとしたら、どういうチームや選手に声をかけますか? 今回は企業目線に立ちながら、どんなチームにならスポンサーシップやパートナーシップを結びたくなるかを考えます(翻せばチームにと…

eスポーツのコミュニティ大会を事業化する選択肢と可能性

今回は覚え書きとして、主催者の負担をどうにかしないといけないコミュニティ大会について考えます。 *** eスポーツが産業としてより発展するにはコミュニティ大会の役割が重要だとされながら、コミュニティ大会の開催・継続はノウハウや費用も含めてほとんど主催者任せになっており、ゲーム会社…

チート反対派がチーターを面白ネタにした動画を作ってお金を稼ぐのは是か非か

あらゆる対戦ゲームにおいてチート、またそれを利用するチーターは非常に厄介な存在として認識されています。 チートは主としてゲーム会社が設定したルールを外部プログラムによって逸脱し、想定外の機能を使うことで対戦だけでなくビジネス(ゲームの収益)にも甚大な影響を与えます。 プロゲーマー…

対戦ゲームをするときヘッドセットつけたら敵の足音が聞こえて世界が変わった

ちょっと前に『レインボーシックス シージ』にドハマりしていた頃、なんとなく思い立って初めてヘッドセットをつけてプレイしたときの記憶が忘れられない。 味方が全員やられ、僕は守るべき爆弾のそばの壁に密着するようにうずくまっていた。敵は2人残っていて、この爆弾を解除するか、僕を倒すかで勝…